« 親鸞会との関係が問題になったしばた未来(柴田未来)さん、再び選挙へ。 | トップページ

嶋田さんに会いに

先日、福井まで嶋田さんをお見舞いに行きました。説明の必要はないと思いますが、嶋田さんは私の一年前に講師部を退部した元親鸞会講師で、いま「あなたの白道」というブログを公開しています。

私自身も講師部時代にご縁のあった方です。退部してからは一度、京都十条の華光会館でお会いしました。その後、私は華光に行くことはありませんでしたが、嶋田さんは華光で聞法を続けておられたようです。

お見舞いに行ったときには、ちょうど祖父江省念師の説法の録音を聞いておられました。

嶋田さんご縁の深い方を連れて二人で行ったのですけど、とても喜んでくださって、講師部時代の思い出や、仏法のことなどに話が弾みました。

どうして講師部員は親鸞会をやめないんだということを最後まで仰っていました。

私はなんとなく多くの人がやめられない理由がわかります。講師部員でも親鸞会で教えられている浄土真宗はおかしいと思っている人は一定数います。でも、やめたあとの人生が想像できないのです。今まで多くの講師部員や親友部員の相談を受けてきましたが、やめられないで今も会に残っている人はほぼこの理由によってです。

親鸞会をやめたあとに、自分がどのように生計を成り立たせて、どこで仏法を聴けば良いのかわからないのです。

気持ちはわかります。でも、嶋田さんは心配しなかったそうです。私は大いに心配しましたが、一歩踏み出してみたらなんのことはありませんでした。

大丈夫ですとしか言いようがないです。みんなに大丈夫だと思ってもらえるように、私は私で一生懸命にこの人生を歩んでいきたい。

自分につまらない言い訳ばかりして親鸞会にしがみついてないで、後ろ指さされてもいいから、一人になってもいいから、本当の南無阿弥陀仏の救いとは何か、求めたら良いのに。

みんなでキレイ事ばかり言って、高森顕徹さんを競って奉る求道ごっこなんて、ほんと、やめたら良いのに。

苦しくないですか。本当にこれでいいのか、本当にこれが自分の求める道なのか。親鸞会の上司ではなく、お仏壇の前で阿弥陀様に聞いてみたら良いんです。

仏道を求めて歩む人を阿弥陀様は決して見捨てないですよ。阿弥陀様が歩ませ、ともに歩む道なんだもの。

嶋田さんとは歩んだ道は違ったけど行く先は一緒です。

親鸞会の皆さんはどうですか?

|

« 親鸞会との関係が問題になったしばた未来(柴田未来)さん、再び選挙へ。 | トップページ

コメント

私も、同意見です。講師部やめるときは、自分の人生はこれで終わりか、と思いつめたのですが、その後の人生は普通でした。順調でした。
仕事も、家庭も普通に過ごすことができ、いまでは聴聞もできるようになりました。普通に生きる、生活できることの有り難さがよくわかりました。
会員も講師部も実に多くのものを犠牲にして生きているとおもいます。

毎週遠方から富山に通い、収入のほとんどを親鸞会のために費やし、数十年という人生の大半を高森一族にささげるというのは並大抵の労苦ではないとおもいます。

これも、自分の後生のため、仏法のためとやせ我慢をしつづけていますが、高森会長の作り上げたからくりが見えたとき、講師部は続ける気力を失うでしょうし、会員も会を去ってゆくのでしょう。辞めた元講師部の人とたくさんあってきました。退部の理由の根っこは一緒だとおもいます。

それでは、親鸞会が浄土真宗の流れを変えるとか、唯一絶対の全人類を幸福にする道、だとかいう大層な理念は、ウソだったのでしょうか。
今議論されている教義面の問題は別といたしまして、高森会長の想いという点については、私はそうは思いません。高森会長は、そのような思いで一生懸命布教に励んできたのだとおもいます。しかし、世界も浄土真宗界もそんな単純なものではなかったのです。学生運動をそのままコピーしたような親鸞会学生部とその延長戦にすぎない講師部の活動では、世界はもとより真宗の流れをかえることなど全く及びませんでした。親鸞界は、高森会長一代で泡沫のようにその命を終えようとしているのです。

もう会長も長くはないのでしょう。すでに講師部は、分裂の様相を呈していると聞きます。

「幸せのタネ」というネタで生きてゆこうとするものや、アドラー心理学とやらの看板を生業にしているものもいます。すなわち、浄土真宗の看板を下ろして何らかの教義を伝道するもの、自分は救われたと宣言し自分の信者を囲おうとする人、2代目に死ぬまで就いてゆこうとするもの、あきらめて世間の仕事につく人、様々でしょう。

この様相は、思惟するに、とうの昔に、すべて阿弥陀仏がお見抜きになられていたものでありましょう。しかしながら、この流れは、阿弥陀仏のお働きによるものであり、高森会長のマインドコントロールでがんじがらめにされた親鸞会の会員、講師部員にとって自分の人生と求道を取り戻す本当によい機会なのだとおもいます。

高森会長が、あの駄作映画「なぜ生きる」をなぜ自分の人生の終末に作ったかわかる気がします。
「自分一人で死ぬのがさびしい。お前らも死んでくれ。自分が死んでも自分の子孫にどうか尽くしてくれ。それが遺言だ。」とでもいっているようにおもいます。あんな駄作を何度みても阿弥陀仏の本願はわからないでしょうに。感動したといっている人は、あれを見て一体何がわかったのでしょうか。

先日、嶋田さんに、私もお会いしてきました。仏法の話をいろいろ伺うことができました。私からは、「本当に嶋田さんのお力が必要になるのは、親鸞会が分解に向かうこれですよ!」を申し上げて来ました。  合掌

投稿: 元講師部 | 2017年11月 1日 (水) 15時21分

人生は短い。
否が応でも決算をさせられます。
若かった講師たちも会員も皆老いていきます。
会員であろうが無かろうが必ず次の世界に行かなければなりません。
「お前の後生は大丈夫か」と先師のお言葉が響いています。
同時に阿弥陀さまの南無阿弥陀仏が響き渡っています。
「聞いてくれ」と私に手をついてお願いしておられます。

会を辞めることが出来なければ、会にいながらでも他で聞いてみればいいのです。
人生は自由なのです。壁を作っているのは自分なのです。
そして、今しか無いのです。

しかし、普通は間違いに気がついたらアホくさくて絶対に会におられなくなります。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

投稿: とくよしみね | 2017年11月 1日 (水) 20時17分

カルト新興宗教に、人生という最も大切なものをささげてしまったので、今更出るに出られないのでしょう。
確かに娑婆は厳しいものなので、今までカルト新興宗教という異世界にいた人には、戸惑うことも多いと思います。

生計を立てる手段ですが、介護はもちろん、宅急便のドライバーも足りなくて困っています。また飲食店でも夜間に働いてくれる人がいなくていつも募集しています。
仕事は選ばなければいくらでもあります。少なくともカルト新興宗教の中で、教祖のつまらない話を聞かされて、週休六日のニートのお遊び代のために人生をつぶすよりははるかにましです。少なくとも稼いだ金は、全部自分のためにつかえるのですから。

投稿: | 2017年11月 1日 (水) 20時49分

子牛ブーたちは
モメにもめてるよ
あなたは従順派?反抗派?革命派?もう1個居たような?

投稿: | 2017年11月 2日 (木) 14時43分

先日も講師部緊急会合があったみたいだ。
K堀弁護士が、必死で繋ぎとめ+高森一族への隷従を誓約させようとしているらしい。

投稿: | 2017年11月 2日 (木) 16時38分

講師部員が自分の人生を生きるだと?
あんまり世の中をなめるなよ。
どれだけの方々に迷惑をかけ人生を狂わせてきたのか。
邪教を吹き込んで迷惑をかけた方々全員、一人ひとりに土下座してからだろ。
どこどこまでも我利我利亡者のクズだな。

投稿: | 2017年11月 2日 (木) 22時39分

会長亡き後、会とは徐々に距離を置いていこうとする講師も多いかも・・・

投稿: | 2017年11月 2日 (木) 22時50分

ぶるうの様の言葉、心に響きます。

親鸞会講師部の方のように、親鸞会が生活の全ての方にとっては、親鸞会を辞めることは、本当に大変なことだと思います。

親鸞会の教えは、親鸞聖人の教えと違っていましたが、講師部に入られた方々は、「 親鸞聖人の教え、弥陀の本願」を お伝えしたいという強いお気持ちを持ち、人生をかけようと、尊い決心をされた方々と、私は、尊敬しています。

そんな尊い決心をされた方々ですから、今、親鸞会の教えが 親鸞聖人の教えとは、違うと わかられたら、親鸞会を出る決心が出来る方々だと思います。

この世界は、火宅無常の世界です。
命も、親鸞会も あっという間に 終わります。
一歩踏み出すことを、先延ばしにすべきでは、ないと思います。

その一歩は、南無阿弥陀仏が 支え、寄り添ってくださいます。

私たちが、迷わずに生きることができないから、南無阿弥陀仏が あるのです。

とにかく、救いの法を 聞かれたらいいと思います。

南無阿弥陀仏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それで、以下は、
次回の埼玉恵日会のお知らせです。
ご都合が、良かった、お出かけください。


◎埼玉恵日会

日時: 12月 3日(日曜日)
14:00~17:00
場所: JR熊谷駅 直結 ティアラ21 4階
ハートピア 会議室 2
(熊谷市男女共同参画推進センター)

講師: 阿部 信幾 先生
(本願寺派補教 )

参加者は、ほとんど元親鸞会会員ですが、現親鸞会会員の方も おられます。匿名でのご参加も 全く問題ありません。

お待ちしております。

ご質問などありましたら、

rokujinotsudoiアットマークyahoo.co.jp
(アットマークは、@ にして下さい)

に ご連絡お願いします。

投稿: RC | 2017年11月 3日 (金) 13時30分

ハローキティ 1974年
身長はりんご5個分。体重はりんご3個分。明るくて、優しい女のコ。クッキーを作ったり、ピアノをひくのが大好きで、夢はピアニストか、詩人になること。音楽と英語が得意。好きな食べ物は、ママが作ったアップルパイ。双子の妹、ミミィとは大の仲良し。

誕生日:11月1日

 兄弟不仲だと貧乏(心の貧乏含む)になると思う。

 かつて会長に従っていくと、二男の二男がキティちゃんになっていた?!

 

投稿: | 2017年11月 4日 (土) 05時43分

TM子(ぶひゃ)

投稿: | 2017年11月 4日 (土) 09時25分

おばあちゃん、たすけて、、みんなが、、、

投稿: | 2017年11月 5日 (日) 09時38分

会長先生の「真宗革命」とか今になったら笑えるね。
お聖教さえまともに読んだことがない人が「真宗革命」って(笑)

できるわけないじゃんw

投稿: | 2017年11月 6日 (月) 00時23分

彼のは、真宗改革だよ
自分で言ってた通り、線香花火みたいに消えてしまいそうだけど

投稿: | 2017年11月 6日 (月) 12時18分

親鸞会が、役割を果たした今日、どのように、阿弥陀仏のお働きがなされてゆくのだろうか
合掌

投稿: | 2017年11月 6日 (月) 12時34分

みつ房もうお止めこれがあなたの実力ですよ。母親もだまし私は何処に居るか知っていますかく、く、るしい

投稿: | 2017年11月 6日 (月) 20時41分

「決死報恩、真宗改革」と鬼のような顔でわめいていた恐ろしい人達がいたよね。
そうやって人を威嚇するのが犬ちゃんと学徒たちの真宗改革なのだろうね。
いつも無上仏の御心の逆を行くよね。

投稿: | 2017年11月 6日 (月) 21時49分

M沢はM晴が腐るほど大嫌いだから反抗派でしょう

投稿: | 2017年11月 7日 (火) 02時17分

M野も

投稿: | 2017年11月 8日 (水) 14時19分

S会の人は世間の人と上から目線ですが、世間の人に食べさせて貰っているのはS会の偉い会長先生始め、ahoの講師局長の笑む春、存在感のないtetsu春。その辺の理解力がないのやはり親と同じでahoですかね、、、、、、、、、、、、、

投稿: | 2017年11月 8日 (水) 20時20分

禿同それだね

投稿: | 2017年11月 8日 (水) 20時29分

嶋田さんとは私の知っている嶋田さんなのでしょうか…。数年前に退会したのでよくわかりませんが、福井の嶋田さんという文字を見てパッとあの朗らかな顔を思いうかべました。私のしっている嶋田さんなら、またお会いしたいなあ。講師部員は苦手でしたが、嶋田さんはいつでも優しかった。

投稿: | 2017年11月 9日 (木) 08時46分

 会が、
「 無量無辺 」の恩恵を与えたので、
「 無量無辺 」の損害を与えても良いという
心得違いを起こしているのではないかと思った時がある。

南无阿弥陀仏

投稿: | 2017年11月 9日 (木) 17時09分

M沢は東海青年の頃、ここぞとばかりにM張のプリン事件の写真とか貝員に見せびらかしてたよね。東海青年層がM貼を嫌いになる勝縁を演出アシストしてたわ。

投稿: | 2017年11月 9日 (木) 20時38分

M野はまた別の意味でM貼を嫌って
いるね。

投稿: | 2017年11月 9日 (木) 22時22分

TM子(内緒)

投稿: | 2017年11月10日 (金) 06時20分

妹さんも悪口いうとったな・・

まだいろんなことがあるらしい。

投稿: | 2017年11月12日 (日) 16時44分

叩けばまだまだ埃が出でくるってとこか

投稿: | 2017年11月14日 (火) 00時59分

埃どころかゴミですね、人の命は地球より重いとあるひとの言葉を使いながら、犬鉄夫婦は、ころしているしと聞きまし九九苦しいミツマル返事しなさい羽はよりm

投稿: | 2017年11月14日 (火) 20時54分

高森はまだ会員の前で与太話しておるのかね。
隠居してもよさそうな物だが。

投稿: | 2017年11月15日 (水) 23時20分


「おじいちゃん、僕は親鸞会の講師にならなくてもいいの?」
教祖
「そりゃいいよ。あんなものアホダラがなるもんやから(笑)。
世の中には簡単にだまされるアホがおる。それがあいつらやw。
ああいうアホをうまく使って人生を楽しく生きる、それがワシの本「なぜ生きる」の答えや(笑)。
くれぐれもうちの講師連中みたいなアホになるなよ(笑)」

投稿: | 2017年11月16日 (木) 17時41分

孫は、親友部の管理職になり、講師の駄目出しをしては、M晴にほめられているとのこと。異様な帝王学を教え込んでいると聞いた。
そういえば、それはM晴が講師部を操縦する際やってきた戦術(参考、たこやきお礼状、運転者講習)いまにしておもえば、それも高森会長の入れ知恵なのかもしれない。つくづく、ウザイ一族だ

投稿: | 2017年11月17日 (金) 13時19分

教祖にはそれなりにカリスマはあるかもしれませんが、週休六日のニート息子と孫にはカリスマはありません。カリスマは遺伝するものではないからです。生まれながらにある人にはあるものであって、ない人はどんなに努力しても身に着けることができません。

投稿: | 2017年11月17日 (金) 20時36分

M貼るや孫に駄目出しされて喜んでいる講師も大したものだな。

投稿: | 2017年11月17日 (金) 22時00分

M沢はあのクソ餓鬼がってボヤいてたね

投稿: | 2017年11月18日 (土) 21時12分

南無六字のお救いが聞けない親鸞会、寒々たるかな。

投稿: | 2017年11月18日 (土) 22時55分

孫が金沢の学校へ行ってる時も
ロクに活動もしないろくでなしって
M沢は非難してましたよね。

投稿: | 2017年11月19日 (日) 22時48分

M野もM沢も息子や孫を憎んでいるようだな

投稿: | 2017年11月20日 (月) 00時19分

孫のクソガキが増長して破滅が加速するんだろうな

投稿: | 2017年11月20日 (月) 19時00分

 ベビーイエローに光っている子供1名、

ベビーイエローに光っている大人1名、

ベビーイエローに光っている犬一匹を

今までに見てきたことがあるが、何故光っていたのかはわからない。

 戒律を守って気が整うと光って見えるのでしょうか?

 
 

投稿: | 2017年11月20日 (月) 20時02分

>M野もM沢も息子や孫を憎んでいるようだな
そりゃあそうでしょう。たたき上げの彼らにとっちゃ、教祖の家に生まれてきただけで高い地位を約束されている息子や孫なんか・・・

投稿: | 2017年11月20日 (月) 20時35分

教祖の墓は一大聖地になるのだろうが、どこに建てるのだろうね。

投稿: | 2017年11月20日 (月) 23時37分

 墓、建てるんですか?教学上どうなんでしょうか?

投稿: | 2017年11月21日 (火) 00時41分

既に犬ちゃんの墓は納骨堂の1番いいポジションにあるじゃんか

投稿: | 2017年11月21日 (火) 13時12分

どうせなら仁徳天皇量みたいなの作ればいいんじゃないの?カルト新興宗教の開祖様なんですから。
殉死するダラもいたりして~www

投稿: | 2017年11月21日 (火) 19時38分

M貼はMを殉死させたいのだらう

投稿: | 2017年11月23日 (木) 01時18分

孫が、親友部員のトップになったということですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
孫は、親友部の管理職になり、講師の駄目出しをしては、M晴にほめられているとのこと。異様な帝王学を教え込んでいると聞いた。そういえば、それはM晴が講師部を操縦する際やってきた戦術(参考、たこやきお礼状、運転者講習)

投稿: | 2017年11月24日 (金) 00時37分

活動も教学もほぼしてこなかった会長の孫が、学生部出身者も含めての親友部員数百人のトップになったということですか?しかも親友部員だけでなく、講師部員も注意できる立場に立ったということですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
孫は、親友部の管理職になり、講師の駄目出しをしては、M晴にほめられているとのこと。異様な帝王学を教え込んでいると聞いた。そういえば、それはM晴が講師部を操縦する際やってきた戦術(参考、たこやきお礼状、運転者講習)

投稿: | 2017年11月24日 (金) 01時17分

まだトップではありませんが、時間の問題です。
M晴も最初は、先輩10講という人たちが形上いましたので、そんなイメージです。

投稿: | 2017年11月24日 (金) 17時11分

M晴は頭も悪いし、二代目教祖になったら棄教する人が出まくるのは火を見るより明らかです。自分がカリスマも人望も、ついでにいえばおつむもないと、本人もわかっているので、親父がなくなったら自分ではなく、息子を教祖の玉座につけて、背後で水簾政治でもやろうと画策しているのではないでしょうか?

投稿: | 2017年11月24日 (金) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親鸞会との関係が問題になったしばた未来(柴田未来)さん、再び選挙へ。 | トップページ