« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »

親鸞会との関係が問題になったしばた未来(柴田未来)さん、再び選挙へ。

去年、このブログでも、参院選で出馬した柴田さんと親鸞会との関係を問題にしました。

しばた未来(柴田未来)さんと親鸞会の問題について

私自身も柴田さんの説明会に行って本人に聞いてみましたけど、その時は「親鸞会は脱会した」と明言されていて、なのに「親鸞会の偽装勧誘には問題はない」と強弁されていたのを覚えています。問題がないのにどうして脱会したと明言しなければならないのか謎すぎましたけど、こういうことについて嘘をついたりごまかしたりすることに抵抗のない方なのだろうなと感じました。

その後、柴田さんを支援されている市民活動家の方とお話しましたが、柴田さんには確かに親鸞会との問題はあるけど、彼女は必ず気づいて親鸞会と離れる、自分は柴田さんの護憲と安保法案反対の信念は本物だと思うので信じる、と言われていました。この方は筋金入りのリベラルという感じで、私は好感をもったものでした。

柴田さんは選挙に出る前から、護憲と安保法案反対を講演などで主張していた方です。

当時大谷派の僧侶で、政治理念は共感できるが親鸞会との関係上応援したらいいか迷う、という相談が私の元へ多数寄せられました。私は親鸞会という団体で柴田さんがやってきたことを説明し慎重に考えるべきだといいつつも、柴田さんが親鸞会と離れたら、自分も応援したいなと思ったものです。

その後、宗教問題15号に親鸞会の高森会長がインタビューが載り、柴田未来さんが親鸞会の信者であること、親鸞会が柴田さんを支援していたことがはっきりと語られていました。つまり脱会したというのはどうやらウソのようでした。

さて、今回の衆院選では柴田未来さんは石川2区で希望の党から出馬されることになったようです。希望の党といったら改憲や安保法案を支持する政党です。柴田さんは自分の信念を曲げて当選できそうな政党に擦り寄ったのでしょうか。となると、あの頃「政治理念としては改憲や安保法案反対の柴田さんを支持するしか無いが、親鸞会との関係が気になる」として真面目に真剣に迷った多くの人達の悩みはなんだったのでしょうか。

親鸞会は自公の候補者を応援することは決してありません。それは自民は靖国問題、公明は創価学会というその点で、親鸞会のもつ教義と明確に反するからです。

つまり、親鸞会としては柴田さんを支援して政治的なプレゼンスを得たいだけなら、出馬するのは自公以外の政党なら何でも良かったのかもしれません。

今回も柴田さんの動向については日刊ゲンダイやや日刊カルト新聞が報じてますので、知りたい方はそれらを見て下さい。

私自身は呆れてしまって、もう一切関わり合いになりたくない気持ちです。

| | コメント (101)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »