« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

観勢寺落慶

元本願寺派の末寺で、親鸞会に譲渡された観勢寺の会館建築と本堂改装が完了したようです。11月21日に御名号御安置、23日拝観、そして、明日の30日落慶法要という事になります。

この問題については、
元本願寺派寺院が親鸞会に譲渡されつつある問題、いわゆる「観勢寺問題」についての文化時報の記事。
月刊住職2016年5月号「本願寺派寺院が異安心として否定する親鸞会に譲渡されそうな危機」

伝統仏教教団は何のために存在するのか

で取り上げています。

改装後の本堂の写真を見せてもらいました。

Kanseiji2

元々あった内陣形式は取り払われ、やはり(というか親鸞会からしたら当然でしょうが)名号本尊が安置されています。それにしても何かしら取ってつけたような印象を受けます。左右余間(本尊の左右)にある書がそう思わせるのでしょう。見慣れればそうでもないのかもしれませんが、通常の内陣形式と道場形式の折衷のような変な感じです。改装をする人もおそらく悩んだのでしょう。

何はともあれ、観勢寺は「親鸞会の寺」になりました。どうしてこんなことになったのか、どうして止められなかったのか。当事者の本願寺派はもちろんのこと、大谷派も他の宗派もこの事例を十分に研究して今後に活かすべきだと思いますが、そんな気配もありません。私の知らないところでしているのかもしれませんけど。

すでに岐阜には、何時離脱して親鸞会の寺になってもおかしくないような寺が二カ寺あります。これからこういう寺が増えるような気がしています。それにしても東西合わせて二万カ寺の末寺があるなか、大勢に影響なしとして、たいして関心も持たれていないのかもしれません。

| | コメント (879)

名号本尊

一昨日と昨日、私が住職を務める寺で報恩講が勤まりました。

沢山の方にお参り頂いたのですが、元親鸞会の方も例年何人かお越しになります。その中で腐れ縁というか、長い付き合いの元会員さんから御本尊がほしいと言われていたので、本山で下附を頂いたものをお渡ししました。

その元会員さんは名号本尊がいいと言われていたのですが、実は私の所属する宗派である真宗大谷派(東本願寺)では六字名号(南無阿弥陀仏)の御本尊は下附されていないのです。なので、脇掛としてお掛けする十字名号(帰命尽十方無碍光如来)を本尊としてお渡ししました。

勿論名号本尊自体に六字も十字も価値の違いが有るはずがありませんし、十字名号は親鸞聖人がご本尊にされた名号です。ただ、私の宗派が六字名号を取り扱っていないということ、それ以前に名号本尊自体を門徒が頂くことをほとんど想定していないのは残念な気持ちがします。

ちなみに、本願寺派(西本願寺)は六字名号を下附して頂くことが出来ます。なので西本願寺で御本尊を頂くことを真剣に検討しましたが、やっぱり自分はお東ですから、お東のものをお勧めしたいと思って、十字にしたわけです。

親鸞会の脱会者の方も随分増えてきました。色んな所に法話に行くと、どうもお寺の門徒さんではなさそうな雰囲気の方が座っておられて、あとでお聞きすると脱会者の方だったという事が本当によくあります。

そんな方々とお話をしていると、どうも親鸞会の御本尊を返した後も、お仏壇にお掛けしているのは名号本尊が多かったりします。

親鸞会の脱会した人の大部分は一度は「親鸞会教義」というのを否定して乗り越えていくわけです。そして御存知の通り、親鸞会では名号本尊以外は真宗の本尊とは認めません。親鸞会を否定して脱会したのなら御絵像でも良さそうなものですけど、本尊だけは親鸞会の言うとおり「名号本尊」に帰る方が多いのです。

もちろん完全に同じではありませんよ。親鸞会の本尊はいわゆる「貼り合わせ本尊」といって、もともと無いものを作っているのでして、それは流石に使いません。それでもやはり御本尊をお迎えしようとすると、名号を選ばれる方が多いと思います。

つまり「名号でなければ本尊ではない」という親鸞会の教義はきちんと乗り越えて来られるので、木像や絵像が本尊ではないと思っているわけではないのですが、それでも名号を御本尊にするのです。親鸞会脱会者の多くはそれが理にかなっていると思われているのでしょうし、長年お育ていただいた名号本尊に対する懐かしさも有るのでしょうね。

ちなみに、龍谷大学の顕真館という講堂の御本尊は、親鸞会と同じ親鸞聖人の筆跡名号です。(もちろん、貼り合わせではないですが)

私はここに何度か行きましたけど、ここの御本尊を拝見するたびに、親鸞会のことは勿論全く好きではない私でも、何かどうしょうもなく懐かしい思いになるのです。

| | コメント (51)

宗教脱会者、宗教信者へのアンケート

私の知人の大学院生が「宗教団体脱会者の心理過程に関するアンケート調査」「宗教信者の心理的実態に関するアンケート」というのをやっています。宗教を脱会した人、宗教を信じる事になった人の心理的な内実についての調査研究です。真面目な研究ですので、脱会された方、今何らかの宗教を信仰している方は是非ご協力をお願いできませんでしょうか。20分くらいのアンケートです。無記名なのでプライバシーは守られます。

よろしければアンケート用紙をお送りしますのでよろしくお願いします。なお、回答はWordファイルに入力して頂くか、もしくはPDFで送らせていただいたものをFAXしてください。
応じていただける方はこちらまでメールをください。

sayonara1929@gmail.com

| | コメント (142)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »