« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

投稿:「本尊論を再考する」のブログを閉鎖してから

ぶるうのさん、お久しぶりです。

ぶるうのさんが親鸞会を退会されてから、およそ7年になりましょうか。月日が経つのも早いものです。近頃はすっかりご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
私は今も親鸞会におります。
ぶるうのさんからいろいろなことを伺って、それでもなお残っているのは私ぐらいでしょうか。
(ぶるうの註 他にもけっこうおられます)

私事ですが、思うところがありましてブログを開設しました。

http://blog.livedoor.jp/skai_as/

「本尊論を再考する」のブログを閉鎖してから、私はぶるうのさんに対して協力も批判もしてきませんでしたが、今回のブログも同じようなスタンスで書こうかと思っております。
『なぜ生きる』に

> 平成七年の地下鉄サリン事件は、五千人以上の被害者を出しています。オウム信者の中には、「自分の存在意義に、正面から答えてくれたのは教祖麻原だけだった」と漏らした青年もいました。人生の目的に渇き切った心は、泥水でもすすらずにいられなかったのでしょう。

というくだりがあります。

>「泥水を取り上げるだけではダメだ。清水を与えなければ泥水でもすする」

という話を聞いたこともあります。

親鸞会は泥水である、ということを言い続けたのがぶるうのさんの7年間の活動だったのではないか、と思います。
私は、親鸞会は劇薬であると思っています。ただ、親鸞会によって苦しんだ人があまりに多すぎました。

本尊論ブログを書いて、閉じて、自分の来し方を見つめ、親鸞会と距離を置き、しかしなぜか追い出されずに居て、どうしたことか今は弥陀の本願を喜んでおります。
ただそれは、学生時代と同じように親鸞会でただ漫然と聞き続けたところでそのようなことはなかったでしょうし、あのまま親鸞会を追い出されていたらどうであっただろうか、とも思います。

不思議なご縁、といえば不思議なご縁ですが、そのご縁に対してぶるうのさんには感謝しております。

親鸞会で苦しんでぶるうのさんのところまでたどり着けた人は、かなりの葛藤や決心があったことと思います。一方、苦しんではいても本願寺に対する悪のイメージが強すぎてたどり着けない人もあると思います。

弥陀の本願は親鸞会の所有物ではなく、もちろん本願寺の所有物でもありません(そもそも物ではありません)から、もしその方が真に弥陀の本願を喜ばれるのであれば、どこで聞かれるというのは問題ではありません。

親鸞聖人がおっしゃっている通りです。

>それがしは、まったく弟子一人ももたず。そのゆえは、弥陀の本願をたもたしむるほかは、なにごとをおしえてか弟子と号せん。弥陀の本願は仏智他力のさずけたまうところなり。しかればみなともの同行なり。わたくしの弟子にあらず


私が書く言葉が、親鸞会によって苦しんでいる人にとってどのような意味があるのかは分かりませんが、何かしらの助けにでもなれば、と思っています。

| | コメント (306)

11月23日玄照寺報恩講にて西光義秀先生のご法話があります。

11月23日(祝)、24日(土) 玄照寺報恩講にて西光義秀先生のご法話があります。

西光先生は昭和30年生まれ。龍谷大学大学院(社会学)修了後、龍谷大学講師・九州龍谷短期大学教授、築地本願寺職員を経て、現在、浄土真宗本願寺派万行寺住職をしておられます。浄土真宗本願寺派の布教使です。

畢竟依を帰命せよというブログを執筆しておられ、硬派な文体ですが真宗の信心をわかりやすく伝えてくださる方です。

どうぞ皆様のご参詣をお待ちしております。

平成24年 玄照寺報恩講
日時 11月23日(祝) 19:00~21:00(終了後座談会) 11月24日(土) 9:00~10:30
場所 真宗大谷派廣照山玄照寺 滋賀県東近江市御園町441 TEL 0748-23-4400

大きな地図で見る

講師 西光義秀師(浄土真宗本願寺派万行寺住職)
講題 「いま私が救われる教え 真宗の信心と念仏」

お車でお越しの場合:
名神八日市インターより5分です。GoogleMapを参照の上おいで下さい。境内に駐車場があります。

電車でお越しの場合:
JR琵琶湖線 近江八幡駅より近江鉄道に乗り換え。近江八幡17:43発八日市行きの電車にお乗り下さい。終点八日市で下車、そのまま玄照寺まで無料で送迎いたします。帰りも駅までお送りします。送迎を希望される方は事前に uryu@genshoji.net か TEL 0748-23-4400 までご連絡下さい。

宿泊について:
宿泊される方は、ホテルベストイン八日市が便利です。送迎いたします。

共に阿弥陀仏のお救いを聞かせていただきましょう。

|

親鸞会の宣伝

霊感商法被害対策弁連や日本脱カルト協会に所属している紀藤正樹弁護士が、「マインド・コントロール」という本を最近だされました。

とても参考になる本なので一度読んで頂きたいのですけど、その中で、カルト教団から悪魔のように言われている牧師などは、会うと教団から教えられていた姿と全く違うので、そのギャップから信者が逆に教団に疑問を持つ、という下りがありました。

わたしも、色々と言われているようです。

しかしどうにも最近相談は増える一方ですし、こうしてブログを書くくらいなら頂いた相談のメールに返事しなければと常に思っているくらいです。

昔高森会長が、本願寺が親鸞会の話を聞くなと言えば言うほど、聞くなと言われている親鸞会とはどんな所かと関心をもつ人が増えて、本願寺に宣伝してもらっているようなものだと言っていました。

親鸞会もどういう意図かわかりませんが、そこまで分かっていて私の宣伝をして下さっているようです。

自分たちに寄せられる批判に対して真摯に答え、教義に対する疑念には堂々と反論するという行動が、親鸞会の信者が一番期待していることでしょう。

どういう理由か親鸞会はそれを全くせず、その場限りの対応で傷を広げているように思えてなりません。

目の前の人をそうして説得できたとしても、言われたことは深く心に残り、疑問は膨らみ、最終的には私に接触してこられます。

そんなことが頭のいい親鸞会の幹部にわからないはずは無いでしょうに、とても不思議に思えてきます。

| | コメント (65)

弁論大会で優勝した、東本願寺の僧籍を持つWさんへ

6月1日号の顕正新聞に掲載されていた優勝弁論を読みました。

「東本願寺の僧籍を持つ」Wさんという方のもので、本願寺末寺の三男として生まれ北海道の寺に養子として入り、両親の死から後生が不安になり、東本願寺で得度したけど儀式の説明ばかり。年忌法要や別院の法話会で僧侶にきいても納得のゆく答えは得られず、そんな時に親鸞会のチラシを目にし会場に行き、「私の求めていたものはこれだった」と涙があふれたとのこと。

「伝統にあぐらをかき、聖人の教えをネジ曲げ、門徒を地獄に落としているのが今の本願寺です」とどこかで聞いたことのあるようなセリフが続き、真宗難民に真実を伝えることに人生をかけるとの決意で最後は終わっています。

男はつらいよ、あるいは水戸黄門のごとく、どこかで聞いたようなセリフがちりばめられ、親鸞会で延々と繰り返されてきた弁論のパターンに見事に合致した、実に見事なものだと思います。とりあえず優勝、おめでとうございました。

このWさん、年忌法要や月参りの坊さん、あるいは別院の法話に参加した事を語っていますが、一体他にどれほどの話を聞いたのでしょうか。後生が気になったのに得度しただけでこりゃだめだと諦めたのでしょうか。本はどれだけ読んだのでしょうか。大谷派だけでなく本願寺派の坊さんの話は聞かなかったのでしょうか。

京都の東本願寺で得度したとあるのですから私と同じ真宗大谷派なのでしょうけど、これしきで何が分かったのかなぁと、それだけは不思議に思うのです。

東西本願寺と親鸞会の最も大きな違いは、東西本願寺はいろんな人がいる、親鸞会は高森顕徹とそのコピーロボットしかない。そのことだと思います。

親鸞会の情報だけ見ると「伝統にあぐらをかき、聖人の教えをネジ曲げ、門徒を地獄に落としているのが今の本願寺です」というのはもっともに見えますが、たしかにそれは東西本願寺の一面です。一方、親鸞会を脱会して本願寺で話を聞いている人のブログを見ると、信心の要を説く善知識が親鸞会とは比較にならないくらい深い話をしている。

どっちも事実です。

私の知っている大谷派のエラい人は「親鸞会の教義は間違ってるけど、もっとひどいこと言ってる人は東西本願寺にわんさかいるからな」と言っていました。だから親鸞会のいう「本願寺観」が全く間違いだとは私は思いません。ただしそれは「一面」に過ぎません。

親鸞会には高森顕徹しかおらず、そこを通じてしか真実はわからないとする団体ですから、彼が間違っていても誰も正せる人はいません。高森顕徹の本しか読むことをすすめられませんし、親鸞会の目指すところはどれだけ正確に高森の教義理解をトレースするか、それだけです。

一方東西本願寺は玉石混淆で様々な人がいますが、本当の親鸞聖人の教えが知りたいと思って聞法に歩けば、必ず本物の先生に出会えます。

そこまで知っていてそれでも親鸞会がいい、親鸞会に人生をかけたいと思うのならそれはそれでいいでしょう。しかしそれにしてもせっかく寺に生まれ育ったのだから、得度してちょこっと話を聞いただけで「本願寺とはこんなもんだ」と思い込むのは、親鸞会の影響とはいえもったいないなぁと思います。

| | コメント (53)

「私は、ここで、一生を終えるんだって思ってたのに」

file.02 オウム真理教|NHK 未解決事件 をようやく見ることが出来ました。と言っても、第一部と第二部だけで、第三部はまだなのですが。

見終わって何故か一番心に残った場面は、オウムの元幹部であった深山織枝(仮名)が、警察の強制捜査の後オウムを出るべきだと決心して上九一色村を去るときのセリフ、「私は、ここで、一生を終えるんだって思ってたのに」です。

思えば私は、親鸞会に救いを求めて入ったのです。親鸞会に入って、親鸞会で聞法して、信心決定して絶対の幸福になれると。それが人生の目的であり、全人類に伝えなければならない真理であると思い、入会し、顕真学院に行き、講師部になりました。

一生を親鸞会に捧げるつもりでしたし、それだけの価値が親鸞会にあると思っていたのです。しかしそれは全くの幻想でした。

それに気づいた時の思いが、深山織枝のセリフを聞いた時に思わず蘇りました。私が一生をかけても悔いなしと思ったものがそうでなかった時の失望感、そしてそこを去るときの寂寥感。様々な感情が思い出され、思わず涙しました。

オウムはどうして暴走したのか。当初は純粋な修業の場であるオウムが衆院選での敗戦をきっかけに、また弟子が麻原に思いにより応えようとするが為に暴走したように今まで思われていましたが、NHKが入手した麻原の説法テープから分かった事実はそうではありませんでした。オウムの麻原はその成立の初期段階から、武装化や人を殺してまでも宗教国家を作り上げようとする野望を持っており、長い時間をかけて弟子にもその思想を植え付けていました。教義なんてデタラメそのものでした。

これは親鸞会もそうかもしれません。私は自分が入った時の親鸞会はまともだと思っていました。正本堂を建立するあたりから目的が狂って、高森会長を利用し神格化しようとする幹部にのせられて、だんだんおかしくなっていったと思っていました。

しかし、高森会長の過去を仔細に調べれば調べるほどそうではありませんでした。最初から彼は他人の描いた著作を盗作して自分のものだとして権威付けを行い、豊田商事とぐるになって金の収奪を行い、教義なんてその時都合に応じてコロコロと変え続けていました。

親鸞会はオウムのような暴走はしないでしょう。それは親鸞会が社会的にまともな団体だからではありません。単に目的が宗教国家の建設という大きなものでなく、高森会長が自分を追い出した本願寺に対して持ち続けている歪んだ感情を晴らすべく、人を集めてでかい建物を立て豪勢な暮らしをして、一族安泰に暮らすというその程度のものだからに過ぎません。

幹部もそれに引き寄せられる程度の人しかいませんから、命がけで親鸞会のために尽くそうなんて人は誰一人いませんし。暴走したってついてくる人のいないことは、当の高森会長が一番良くわかっているでしょう。

「私は、ここで、一生を終えるんだって思ってたのに」

脱会者を敗残者とみなして見下し、外からの批判の声に一切耳をふさいで、幻想の真実を追い求めている人たちにはこの気持はわかりますまい。

私が求めていたものは、全くの虚構であった。1人の人間のしょぼい野望であり欲望、それだけであったと知らされ、そこを去る人の想いなど。

| | コメント (16)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »