« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

山を降りる勇気

沢山の方から、今も相談が寄せられます。メールに返事をして、訪問される方とお話をして、それだけで時があっという間に過ぎてゆきます。

新聞についてくる「ウェルカム通信」を見ていると、これは本当に親鸞会なのかと目を疑いますが、基本的には親鸞会は何も変わっていません。湧き出る疑問を抑えながら、私たちは正しいんだ、間違いないんだと、目を向けるように言われたところだけに目を向け、見るなと言われるものには目をつぶり、ただひたすらに自分の生き様への言い訳ばかりに心を費やしているように私には見えます。

本当に親鸞会だけで人生を終えるつもりなのでしょうか。
高森会長だけの話をきいて、いつまでも遠くに弥陀の救いを押しやっていて、それで本当にいいのですか。

疑問があるのならば自分に言い訳せずに、ほんの少し勇気を出して、親鸞会を離れてみればいいのに。
1年間親鸞会を離れて一心不乱に真の知識を探してみてはどうでしょうか。それで見つからなければ親鸞会に帰ればいいだけじゃないですか。講師部でなくなったって、一学徒として求めることは出来ます。それのなにが不満ですか?

私が親鸞会を離れて思うことは、私がどんな気持ちでいようと、何に失望しようと、諦めようと、関心をなくそうと、勉強しようと、しまいと、

決して阿弥陀様は私を諦めてくださらない、ということです。

親鸞会を離れるという事。勇気が必要ですし、講師部員なら多くのものを失うことでしょう。しかし、阿弥陀仏の前では何の関係もない。あなたが高森会長から離れることがあっても、阿弥陀様は離れられません。

求める人には、必ず聞法の場が与えられますし、正しく説かれる先生が見つかります。それは私が求めているからではなく、阿弥陀様の願いによるものだからです。

高森会長ではなく、阿弥陀様の願いを信じて、一歩踏み出してみませんか。

本願力にあいぬれば
むなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海みちみちて
煩悩の濁水へだてなし

| | コメント (47)

「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く」の著者、岡本一志氏は親鸞会の布教使です。

1万年堂出版からこの度出版された「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く」という本があります。

大規模な宣伝と営業のお陰でそこそこ売れているようですが、この本は元々はかんき出版から「電子坊主のお悩み相談室(仮) 幸せになる五つのタネのまき方」というタイトルで出版直前まで準備されていましたが、中止になり、親鸞会傘下の出版社である1万年堂出版から内容やタイトルも変えて出版されることになったものです。

この著者の岡本一志氏ですが、公式サイトなどを見ると「仏教講師」として「様々な悩みに対するカウンセリングを行なっている」とありますが、正体は浄土真宗親鸞会の布教使として、現在も親鸞会の組織的バックアップを受けながらその指示下において布教活動を行なっている人物です。

浄土真宗親鸞会いわゆる伝統的な真宗教団とは関係のない新宗教で、各地でその招待を隠した勧誘を行なっていることで知られる団体であり、公安関係者に読まれている情報誌「インテリジェンス・レポート」の平成24年3月号によると、「カルト団体の学生勧誘をめぐる動向」として摂理や顕正会、先日その布教に違法判決が出た統一教会と合わせて紹介されているような団体です。

その事から過去にはUSENの講話チャンネルで講師をしていたこともあるようでしたが、親鸞会の布教使である事が明らかになりUSENは岡本一志氏の放送を自粛しています。

この本を買うことはもちろん自由です。しかし以下のことだけは知っておいて下さい。

・自称「仏教カウンセラー」である岡本一志氏が行なっている「カウンセリング」は、臨床心理士などの資格を伴わない完全に独自のものであるということ。

・岡本一志氏が行なっているとされる「年間120回以上の講演会」の殆どは浄土真宗親鸞会の組織的バックアップの上で行われているもので、親鸞会への勧誘を目的としたものであるということ。また現在も岡本氏は親鸞会の講師(布教使)として、その組織的指示の下で活動しているということ。

・こうした出版などの広告宣伝費という名目で、親鸞会の信者に献金が募られている事。

本屋によってはこの本が山積みになっている所もあるそうです。どうか知り合いにも教えてあげて下さい。

追記
http://xn--4gq896armcqyk.com/present.html
でプレゼントキャンペーンを行なっているようです。「もれなく素敵なプレゼント」とのことですので、このブログにコメントするなり、この記事を紹介するなどして、ぜひ皆さんも応募して下さい。

| | コメント (47)

「勧誘時に団体名を名乗らなかったり、不信心を理由に献金を迫るといった宗教団体の違法活動の基準を示しており、画期的な判決だ。」

札幌地裁にて統一教会の活動について画期的な判決が判決が出されました。

統一教会:「違法な布教活動」と札幌地裁が賠償命じる(毎日新聞)
札幌・第2次青春を返せ訴訟、画期的判決への軌跡

統一教会の正体を隠した布教勧誘活動について判決文では、「統一協会の布教活動全体が思想信条の自由を犯した憲法違反の不法行為である」とした上で、

個人の自由な意思決定を歪める形で行われた、信仰を得させようとする伝道活動や信仰を継続させようとする教化活動は、正当な理由なしに人に隷属を強いる行為であり、社会一般の倫理観・価値観からみれば許されないことである。そのような伝道・教化活動は、社会的相当性の範囲を著しく一脱するものとして違法とされなければならない」

としています。つまり「正体を隠した勧誘」は個人の自由な意思決定をゆがめる形で行われるものであり、違法である」と明確に判断しているのです。

そして判決において、原告側代理人の郷路弁護士は次のようにコメントしています。

橋詰判決の一番画期的な点は、その射程範囲が統一協会に限定されていないことです。今までの裁判実務では、正体を隠した勧誘が布教活動を違法とする最大の理由でして、その結果、そのことが言えるのは事実上統一協会に限定されていました。その他の問題のある宗教団体の布教活動には、司法は 関与できなかったのです。その点が大きく変わります。 橋詰判決では「特異な宗教的実践」を求める場合には、その情報を示した上で信仰を得させるのでなければ、不法行為となると言っていますので、オ ウムもエホバも、特異な宗教的実践を求めていると判断されれば(当然、そう判断されると思いますが)、その布教行為が不法行為となると言うことに なります。

(強調は筆者)

親鸞会は未だに正体を隠した勧誘を続けており、各地の大学で問題になっています。この判決を親鸞会の顧問弁護士はどう捉えているのでしょうか。親鸞会批判者への刑事告訴ばかりではなく、この判決を少しは自分たちの活動に引き当てて見て、弁護士として必要なアドバイスをするべきではないでしょうか。

まさか唯一の善知識である高森顕徹氏に無条件の服従を求め、事実上無制限の献金を要請しながら、「親鸞会は得意な宗教的実践など求めていない」としらを切るつもりなのでしょうか。

そして自分たちへの批判を徹底的につぶし、高森会長の過去を隠し、法論からは逃げまわり、それでも正体を隠した勧誘だけはこれからもずっと続けるつもりなのでしょうか。

| | コメント (12)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »