« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

高森顕徹会長の焦りと不安

宮田秀成氏のブログ「安心問答」にこんな記載がありました。

よって、当日の座談会の高森会長の答えは、別の言葉でいうと「私の白道の作者」や、ネットで親鸞会を批判する人に気をつけろ、耳を貸すなということになります。 年末に富山までやってきた会員も、高森会長は信用できないようです。親鸞会館まで来た人に向かって「他へ行くなよ」では、参詣者は何をしにきたのかわかりません。

私も、この説法の内容はききました。それを聞いた私の友人の僧侶は「高森さんはよほど自分に自信が無くなってきたんですね」とぼそっと言いました。

確かに自分に自信のある人は、こんなことは言いません。私は東西本願寺の色々な人の話を聞いて来ましたが「他所に行くな」と言った人は一人もいませんでした。高森会長だけです。これを言うのは。

今高森会長は、自分が「裸の王様」だとバレる恐怖心に毎日打ち震えているのでしょう。それがあのみっともないマンガや顕真での本願寺批判、華光会批判につながってゆくのでしょう。

かつて東西冷戦のさなか、東側諸国は「鉄のカーテン」を下ろしたと言われるほどの緊張状態を作りました。

資本主義は堕落していると国民に教え込み、西側の情報が入らないように情報統制を行い、軍備を拡張し、対立を煽りました。

しかしそれは西側の豊かな生活を貧しい東側の国民に見せたくなかっただけのことでした。東欧革命が始まると東側諸国の国民は「堕落している」はずの西側に殺到し、東側が営々として築き上げた軍備は張子の虎であることが明らかになり、ベルリンの壁が崩れたのを境に一気に崩壊に向かいます。

今同じことが中東で起こり、北朝鮮でも起こるかもしれません。崩れるときはあっという間に崩れるのです。当然、高森会長もこれらのニュースを見ていることでしょう。

親鸞会に居るときは本願寺は葬式法事しかやらない堕落した集団だと教え込まれ、それらの本を読むことは事実上禁止されていました。親鸞会は無敵の教学を誇り、正しい教えは親鸞会以外にはないと教え込まれていました。

本願寺のことなど何一つ知らなかったのによくもこんな事を信じ込んでいたものです。実際には本願寺には親鸞会とは比較にならないほどの豊穣な教学の蓄積があり、「無敵の教学」はいままで負けたり答えられなかったケースを隠して、全勝したように見せかけているだけのゴマカシでした。

高森会長は人の書いたものをパクらないと本一冊書けない程度の人間でした。それどころか根拠の間違いまでそっくり丸写ししながら「命がけで書いた」と会員に吹き込んでいる話しにもならない俗物でした。

いま親鸞会の発行物を見ると、本願寺が親鸞会に恐怖しているとか会長の歎異抄本以来は歎異抄の解説書が一冊も出ないだのなんの根拠もない伝説が満載です。こんなものも、「金正日が初めてゴルフに行って11回ホールインワンをきめた」程度のもので、周りからは「バカじゃねぇの」と思われていますがそれでも本人は必死なのでしょうね。

何度でも言います。他者を批判し、情報を統制するのは、自分に自信がないからです。これまでの歴史で、自信がない以外の理由があった試しがありません。高森会長が「裸の王様」であることを隠したいからしているだけのことです。

歴史は繰り返します。

今の高森会長の焦りや不安は、少なくとも彼が親鸞会の無限の発展を信じるただの愚か者ではない事を示しています。弁当屋などの仏法以外の事業に急速に手を広げ始めたことも無関係ではないでしょう。

一番かわいそうなのは、そんな無限の発展に疑問を持つことすら許されない末端の講師部員でしょう。しかし彼らでさえも、本気で高森会長に付き従おうなんて思っている人がどれだけいるのか知りませんけどね。

| | コメント (21)

親鸞会は、オウムにはならない。

ここ最近、オウム裁判の結審があったこともあって、数多くの取材を受けました。一部は記事にもなっているので御覧ください。ニコニコ生放送というのにも初めて出演させて頂きました。私はオウム事件については一般人以上の関わりはないのですが、不思議なご縁もあるものです。

そういうこともあり、よく「親鸞会がオウムのような破壊的事件を起こす可能性はありますか?」という質問を受けます。毎回こう応えています。「今のところはほとんどありません。」

親鸞会は確かに社会的モラルは低い団体です。しかしほとんどないと断言するのは、破壊的事件を起こすにあたって実行犯となる人が幹部にいないと見られるからです。

かつて高森会長が親鸞会を脱会していった講師部員に対して、こんな事でいいのかと高森会長が「ワシがいたら、手の一本や二本かち折っとる!この会館から絶対に出させん!ワシがいなかったら生きて帰れてよかったと思わなければ。」と言いましたが、その後も脱会する講師部員はいたものの、それらの手をかちおろうとする講師部員は一人もいませんでした。

高森会長がブログで徹底的に批判されようと、私が講演で親鸞会の内実を暴露しようと、講師部員は誰一人動きません。顕正新聞や会合で内輪向けに反論するのが精一杯で、誰も怒鳴りこみに行く人も、抗議する人も、反論する人も、手をかちおろうとする人も、誰一人いません。

これは親鸞会のとても大きな特徴です。幹部は高森会長をバカにされても誰一人外に向けて行動しません。それどころか、渡部弘宣局長をはじめ、実名を出してブログを書いている人すら殆どいません。我が身が一番であり、親鸞会がなくなると居場所がなくなるから困るのであって、高森会長がどうなろうと誰もなんとも思わないのです。

ある講師部員が「講師部員の半数は内心やめることを考えている」と言っていましたが、親鸞会の最も中心で活動している人たちが一番冷め切っているのは当の講師部員ならよく知っていることでしょう。

ある古参の会員が、講師部員が会長の法話の休憩時間にカフェインの錠剤を飲んでいるのを見て、自分の尊敬する先生の話なのにカフェインの錠剤でも飲まなければ寝ずに聞けないのかと呆れていましたが、言うまでもなく講師部員の居眠り聴聞は日常茶飯事です。

だから、仮に高森会長が破壊的な指示を出したとしても、誰も従わないのは眼に見えてます。オウムの幹部は手記を見るかぎり本気で救いを求めて麻原に帰依していたように思いますが、果たして講師部員でそんな人が何人いるのやら。聴聞の後の担当学徒との「信心の沙汰」ばかりが頭にあって、救われたいと思って聞いている人なんて皆無でしょう。

講師部員は、自分の居場所と夢を壊されたくない、ただの引きこもりです。それは高森会長と彼ら自身が一番良くわかっていることです。私はこの人達がオウムの信者が行ったような計画性と実行力を持ってあれだけの犯罪を出来るわけがないと思っています。

最近、高森会長の法話に参詣した人からのメールに、こんなことが書いてありました。「高森会長は幸せではない、むしろ不満に満ち溢れている」「阿弥陀仏の救いを説きながら、阿弥陀仏の救いに遇えてない高森顕徹という人は、ほんとうに悲しい」

私もそう思います。同じ事を思います。

だから、

自分の内なる声に耳を傾けて下さい。
高森会長や親鸞会に批判的な人を遠ざけないで下さい。

あなたの人生を一番大事に思っているのは、高森会長でも講師部員でもないのです。

| | コメント (33)

投稿:親鸞会が外部からの批判に反論できないたった一つの理由

なぜ親鸞会は外部からの教義的批判に対して、反論しないのだろう?と疑問に思っていましたが、ある現役会員と話をしていて、その理由が分った気がしました。


結論から言えばこういうことです。

【親鸞会会員は「親鸞学徒」なのではなく、「高森学徒」だから。】


その会員(会を辞めるつもりは毛頭ない人です)が言っていたのは以下の内容です。

「親鸞会を続けるかどうかは、高森先生を善知識(親鸞聖人の教えを正しく伝えておられる)と無条件に信じられるか否か以外になにもない。つまり、講師部員にせよ、会員にせよ、高森先生の言われることは、そのまま親鸞聖人の教えである。これが大前提である。そういう集まりでなのだ。」と。


親鸞会のウェブサイトにはこういう文言があります。

「蓮如上人はご自身のことは一切語られず、ひたすら親鸞聖人の教えを伝えられましたが、親鸞会もまた、この精神に忠実です。」

しかし親鸞会で語られていることは、親鸞聖人のお言葉ではなく、高森会長の言葉なわけです。

会員にとって高森会長の言葉は、そのまま親鸞聖人の教えだと信じているわけで、そこにお聖教上の根拠も、親鸞聖人のお言葉による裏付けも不要となるのでしょう。

だから、外部から批判されれば、会長を除いては、講師部でさえ反論することはできないということです。

肝心カナメの親鸞聖人のお言葉、お聖教の金言ではなく、高森会長の言葉しか知らないのですから。


もっともっと、仏様の言葉、親鸞聖人のお言葉の意味が知りたいという思いの強い人は残ることができない、否、できないどころか、残ることが許されない団体なのかもしれません。


親鸞会のブログには、こんな言葉があります。

----------------------

●信仰体験記

仏法で偽装した、そらごとたわごと。線香花火になるのは当然である。

●お聖教の言葉

三世十方に遍く金言。永久に輝くゆえんである。

----------------------


さて、これは誰のことを言われたものか・・・時の流れがやがてすべてを明らかにするのでしょう。

| | コメント (55)

同朋の里と法輪閣農園

先日久しぶりに富山に行く機会がありましたので、親鸞会の施設の見学をしてきました。特に今回は同朋の里を見るのが目的で、今まで近くまで行ったことはあっても入り口がどこにあるのか分からなかったのですが、今回は立派な門と道路もできており、何より高岡会館の知人が案内してくれたのでしっかりほとんどの施設を見ることが出来ました。

388157_229171337154861_100001859890その中でも特に驚いたのが旧佐川急便のグラウンドが一面、農園になっていることでした。ナイター設備はそのままで敷地はすべて畑になっています。法輪閣の向かいにも農場が広がっています。有機栽培で野菜を作って、それを「あんしん弁当」(有限会社ウェルカム)で食材に使っているそうなのです。新宗教が健康食品手を出すのはお決まりのパターンなのかも知れませんが、親鸞会というのはそういうものとは一番縁遠い存在だと思っていましたので、実際の栽培風景には激しい違和感を感じました。

おときを通じて布教するという方針であんしん弁当の設備は拡張され、全国各地に販売店ができるそうです。最近の顕正新聞や顕真をみても高い確率であんしん弁当のおときを食べる人の写真が出てきます。地方に会館もどんどん作っているようですが、そこでもあんしん弁当を食べて談笑する人たちの写真が真っ先に出てきます。弁当と会館建設をセットで進めて布教の足がかりにしようとしているのでしょうか。

もともとあんしん弁当自体が高森会長の思いつきに近いものだったと設立に関わった方からきいたことがあります。お金は足りなければ集めればいいし、需要がなければ作り出せばいいと思っているのでしょう。高価な設備でパックにされた食材は全国に運ばれ、行事や会合で使われるらしいですが、そもそもそんな事が親鸞会の役割なのでしょうか。

行き場を失くした職員の雇用対策なのか、それとも本当にただの思いつきなのかわかりませんが、おときにかける「会長先生の御心」なるものを聞いても私は寒々とした感情しかわきません。いま親鸞会は最後の力を振り絞って教勢拡大に突っ走っていますが、明らかに事業や施設の規模が会員数に見合っていません。この教団は将来どうなるのでしょう。どうしたいのでしょうか。

平日で行事のない日だったからか、同朋の里の施設群にはあまり人影は見えませんでした。750回忌ではそれなりに賑わっていたのでしょう。煌々と電気の付いているF館のロビーだけが一層さびしさを助長させていました。

法輪閣の横にいた何人かの人に挨拶をしましたが、みな疲れきった顔をしていて、顕正新聞の写真に載っているような学徒の笑顔はついに一人も見ることは出来ませんでした。


| | コメント (33)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »