« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

親鸞会の幼さと愚かさについて

以前私は本願寺はなぜ親鸞会に無関心なのかという記事を書きました。これはいざ親鸞会を出て本願寺の人たちと話をしたときに、そのあまりの親鸞会への関心のなさに衝撃を受け、その驚きと関心をもてない理由を記事にしたものです。

その後は本願寺は親鸞会に少しは関心を持ったのか。結論から言うと、全く変わってないのが現実です。私は最近全国霊感商法対策弁護士連絡会の集会で講演をしたのですが、会場が西本願寺の聞法会館であったにも関わらず本願寺派の僧侶で来た人はわずか2人でした。会場を埋め尽くすほどの参加者がいたのに…。

東西本願寺にはどちらもカルト問題を扱うセクションが最近出来ましたが、私はもちろん何のかかわりも持っていません。大谷派では各地の教務所が独自に主催する勉強会で呼ばれて話をすることもありますが、本山のある京都で話をしたことは一度もありません。もちろん、東西本願寺に組織として私の活動を支援してもらったことなど一度もありません。

確かに、親鸞会は小さな弱い団体です。しかし、そこには本願寺が反面教師にするべき点もあれば、学ぶべき点もあると思っています。なのに親鸞会に対する関心度は低いままです。僧侶が個人的に関心を持ち取り組む例もありますが、知る限り10人もいないのではないでしょうか。各地の大学が親鸞会の偽装勧誘に強い関心を持ち、その防止に力を尽くす姿を見ていると、親鸞会が注目されるのは偽装勧誘だけなのかよとつい愚痴が出てきます。

なぜ突然こんなことを書くのかというと、親鸞会弘宣部の作った「親鸞会と本願寺10の相違点」というページを見ていたからです。このページが主張していることは単純で、「親鸞会への批判は本願寺の仕業」と、ただこれだけのことを何ページにもわたって主張しています。どうも私も本願寺に使われている「ネットオタク」らしい。こういうのを見るたびに私はため息が出ます。何もしていない本願寺。親鸞会に関心を持たない僧侶。自分達への批判の内容には一切答えず、「批判は本願寺の陰謀だ」と数十年間言い続けている親鸞会。

何十年も親鸞会の会員を続けて、家が建つくらいに献金して来た人が、「打倒バカ森、打倒強欲爺に向けて協力させていただきます」と私にメールをくれます。つい最近まで「高森先生」を師と仰いでいた人たちが、ある人はだまされたと憤慨し、ある人は親鸞会にかけた自分の人生は一体なんだったのかと落ち込み、親鸞会をやめてゆきます。これはネットが普及する前から、親鸞会の歴史と共に何十年も変わらず繰り広げられてきた光景です。

そのたびに親鸞会は、やめた人は欲に負けた敗残者、親鸞会への批判は本願寺の陰謀、見るな、近寄るなといい続けて、どうしてこれらの人たちが親鸞会を去っていったのか、その思いを理解しようと努力したことは一度もありませんでした。その場限りの言い訳やウソを繰り返し、そのウソを取り繕うためにさらにウソをつき、いつの間にかごまかしと隠し事だらけの醜い団体になってしまいました。

親鸞会は、なぜすぐ分かるウソをつき続けるのでしょうか。一方では教義論争から逃げ、その事実を隠したまま「正しい親鸞聖人の教えが広まるのを恐れる本願寺が親鸞会を批判する」とウソをつきます。とても正気とは思えません。

自分たちの姿に向き合わず、あまりに見え透いたウソや誤魔化しをするから、会員も何かおかしいと思ってやめてゆき、やめた人は憤慨して親鸞会を批判します。その批判を本願寺の陰謀とまたウソをつき、その醜いウソに気付いた人がまた親鸞会をやめて批判を始めます。

ずっとその繰り返しが続き、世界の光である親鸞聖人の名前を付けた団体は、日本でも有数の精神年齢の幼い団体になってしまったのでしょう。

親鸞会の「ネット対策」のページを見せると、「ああ、統一教会とかと同じですね、本当に良く似ている」と言われます。私は心のそこでは親鸞会は統一教会とは違うと思っている。でも、やってることの幼さ、愚かさにおいては統一教会といい勝負なのかもしれません。

| | コメント (273)

浄土真宗親鸞会布教使、飯田隆史君へ

浄土真宗親鸞会布教使、飯田隆史君へ

おひさしぶりです。ぶるうのです。親鸞会で同じ布教使(講師部員)として活動したことを懐かしく思います。あなた、いやあなた方にとって私のような脱会者は唾棄すべき人間かもしれませんが、私にとってはいま講師部員として活動している皆さんはみな懐かしい人ばかりです。

今日久しぶりに飯田君のブログを見ました。縁次第、という題名で意味深なことを書いていますね。「つくべき縁あれば伴い、離るべき縁あれば離るることのある」その通りです。違ったらすみませんが、おそらく、淑徳大学での一連の出来事のことを書いたのではないかと思います。

飯田君は淑徳大学エクステンションセンターでの公開講座の講師をする予定でしたね。6月の終わりから8月まで計5回。飯田君のプロフィールには「淑徳大学・社会人講座講師」と書いてあるものもありました。よほど嬉しかったのだと思います。私が学生だったときに時の学生部長は「お茶大講師」を自称していて、調べてウソと分かると「御茶ノ水女子大じゃないよ、お茶大だもん」と開き直ったものです。他にも東大の教室を借りて親鸞会の学生相手に話をしただけで「東大で講義した」と自称している人もいましたね。

飯田君の淑徳大学での一件はそんなものではなく、正真正銘、淑徳大学エクステンションセンターでの講師となるものでした。ところがそれは中止になってしまいました。淑徳大学の対応のすばやさ、また中止理由の説明は実にしっかりしたものでした。

つまりは、飯田君が浄土真宗親鸞会の講師であり、親鸞会という団体に問題があるから中止したのだと、きちんと説明しているようです。そのことをよくかみ締めてください。

親鸞会という団体に問題があることは、飯田君自身も深く自覚していると思います。飯田君のプロフィールを見ると「浄土真宗親鸞会で講師の資格を取得」と一行だけありますが、いま君がしている活動が浄土真宗親鸞会の講師部員としての活動であること、浄土真宗親鸞会の布教活動であることは全く書いていません。高森顕徹という人物に無条件服従し、親鸞会の組織から指示を受け、親鸞会に所属することによって生計を立てているにも関わらず、です。

宗教偏見があるから?違いますよね。なぜなら仏教講師とは書けても、親鸞会の布教使であるとはかけないからです。胸を張って書けないのは、親鸞会という団体のやっている事に、やましいところがあるからではありませんか。

思えば親鸞会は大学での勧誘で無茶苦茶なことをしてきました。大学をだまし、身分を詐称し、宗教であることを隠し、次々とサークル名を変え、「真実だから」という自分達にしか通用しない理屈で社会的には許されないことを沢山やってきて、多くの人に迷惑を掛けてきました。飯田君にも当然に自覚のあることだと思います。

それだけのことをやっておきながら、いざ大学での公開講座の講師に決まると、「淑徳大学公開講座講師」と大学の権威を利用する。こういうのを厚顔無恥といいます。常識的に見てそんなことが許されるわけがないでしょう。今回の公開講座中止の決定は、実に当然なことだと思います。自因自果という言葉をよくよくかみ締めて下さい。

その上で、どうして親鸞会が社会からこのように見られるのか、少し考えてみて欲しいんです。自分達は無謬だ、間違いないんだ、悪く言われるのは本願寺の陰謀だ…というのではなく、何が原因で、どこを正せば良いのか、どうしたら胸を張って「親鸞会の講師です」と言って布教できるのか。一度でも真剣に考えたこと、ありますか?

多くの老人をだまして金儲けをした豊田商事と親鸞会というのはかなり密接なかかわりがありました。人的にも資金的にもね。これは裁判の記録をはじめ沢山の証拠や資料があり覆しようのない事実です。それが明らかになれば普通は非を認めて申し訳なかったと謝り、改めようとするのが健全な組織でしょう。

しかし親鸞会はそれをしませんでした。しないどころかそんなものでっち上げだと断言して事実をひたかくしにした。会員を騙し、ごまかしました。

ああ、そんな昔の話ですか、と飯田君は言うかもしれません。しかし私は親鸞会の講師をしてきて、同じようなことを沢山見てきましたよ。あなたも見てきたでしょう。学院では1のことを10に言われても、1のことを認めて反省しなければならないと教わりましたが、組織としてやっていることは全く逆ですよね。ごまかし放題、隠し放題です。自分に都合の悪いことは。

ウソ、ごまかし、盗作。私はそういうのを見て、こんな腐ったところが世界唯一の真実とかありえないと思ってやめたんです。そうしてやめて調べてみたら教義面でもおかしいところが山盛り出てきた。

もちろんすぐにそこまで考えろといっているのではありません。でも、本当に飯田君が親鸞会の講師であることを誇りに思っていて、誇りに思っているのになぜ堂々と親鸞会の名前を出して布教できないのかと疑問に思うことがあるのならば、少しは親鸞会の何が問題になっているのか、考えてみては如何でしょうか。

ソフトバンクの孫正義氏は「知って行動せざるは罪である」といって、自然エネルギー財団を設立しましたが、親鸞会の講師部員は「知ること」すらしない。自分にとって触れられたくない事実には目を閉ざし、ごまかす人しかいない。議論する人もいない。それでいて、口先だけは威勢の良いことばかりです。

私は飯田君なら「知って行動する」ことが出来ると思っています。あなたの人生は高森会長のものではない、あなた自身のものです。だから、出来ればまず知る勇気を持って欲しい。

参考エントリー
そんな団体が親鸞聖人の名を語るな。口先ばかりのひきょう者たちよ。

| | コメント (30)

岡山大学学生支援センターがカルト脱会者の手記を配布

「やや日刊カルト新聞」に、

岡山大学学生支援センターがカルト脱会者の手記を配布

という記事を投稿しました。

| | コメント (178)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »