« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

豊田商事事件のことがWikipediaに。

Wikipediaの「親鸞会」項目に、豊田商事事件と親鸞会とのかかわりが載っています。

1987年4月に週刊現代が『豊田商事から大量献金うけていた謎の教団の正体』という記事を掲載し、豊田商事の永野一男会長(当時)から多額の献金が親鸞会に流れていたと報道した。これに対して親鸞会は「まったくのデッチ上げのケッ作」[8]であるとしたが、この事実は法廷の場でも明らかにされ、豊田商事破産後に親鸞会は豊田商事関係の献金から1億3000万円を破産管財人に返還している。[9]

親鸞会は消したい過去でしょうからこの項目も編集され消そうとするかも知れませんが、判例時報が根拠なのでお得意の「事実無根」とするのは難しいでしょう。

それにしてもよく「デッチ上げ」などと書けたものです。つくづく親鸞会というのは息をするように平気でウソをつく団体だということが知らされます。

参考までにここに記しておきます。

| | コメント (113)

仏教ですか? いいえ、親鸞会。

2chのコピペですが、余りに秀逸な内容でしたので。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1300204106/

334 :神も仏も名無しさん:2011/03/23(水) 23:04:54.06 ID:EK6RcKsn

「宗教ですか?」 
と言うと 
「宗教じゃないよ」 
と言う。 

「金集め」 
と言うと、 
「深いみ心」 
って言う。 

「もう聞かない」 
って言うと、 
「地獄だぞ」 
って言う。 

そして、 
「信心決定しました」 
って言うと、 
「除名だ」 
って言う。 

仏教ですか? 
いいえ、S会 

(♪MC~) 

| | コメント (13)

戦う力を持った団体には怖くて何も出来ないのが親鸞会

かなり前の話になりますが、日本脱カルト協会から出されたNHK文化センターへの要請書をネットで閲覧することが出来ます。関心のある方はご覧ください。

内容を一部抜粋して紹介します。

ところで、「浄土真宗親鸞会」は伝統宗教でもある浄土真宗の一部門ではなく一宗教団体で、その指導者の言のみが正しいとする排他的な団体であるのみならず、重要なことには大学生へのダミーサークルを使った勧誘を数十年 前からしており、一旦入信した場合、これに熱中して学業をおろそかにしてしまうという相談が後を絶たず、メンバーとなった者が燃え尽きるなどして脱会するにも叩き込まれた「地獄」の教えから容易になしえないという状況にあり、当協会会員らにも次々と相談があるものです。このことは、同団体に関しての書籍やインターネット情報により容易に知りえるものです。

(中略)

つきましては、上申の趣旨記載の通り、上記講座を直ちに中止されたく要請します。そして、受講した方々に対しては貴協会らが与えてしまった影響力を払拭すべく、講師が所属する浄土真宗親鸞会は浄土真宗とは別のものであり、大学各所において真の団体名を名乗らず偽りの名前のサークル名で勧誘をしているなどとして批判がある団体であることを伝えられたい

これがオウム真理教のテロ事件より16年間内外のカルト問題を研究してきた団体の、親鸞会に対する見解です。親鸞会は浄土真宗とは別のものということです。

かつて親鸞会は、親鸞会を「浄土真宗とは関係のない団体」あるいは「親鸞聖人の教えとかけ離れている」と寺報に書いた本願寺派の末寺に対して、名誉毀損であるとして顧問弁護士から内容証明をおくり撤回を求めました。しかし日本脱カルト協会には一言も抗議をしていません。

圧力をかけたら屈しそうな弱者にはしかるべき処置をとるが、戦う力を持った団体には怖くて何も出来ないのが親鸞会、という結論で間違いなさそうです。

| | コメント (36)

浄土真宗親鸞会講師、原田講平さんへ

地震の報道が続いていますが、こんな文章を見つけました。

鈴木耕さんというジャーナリストの記事なのですが、原発周辺で健康被害調査をしたところ有意の“悪性リンパ腫”の高い発生率が認められた。それを週刊誌に書いて沢山の抗議が来たが、結局誰も自分達を訴えては来なかったというのです。

 むろん、裁判も覚悟した。だがなぜか、県も電力会社も政府も、僕らを訴えては来なかった。データを用意し、専門家や研究者たちに話を聞き、弁護士にも相談して待っていたのだが、裁判沙汰にはならなかった。なぜだか、その理由はいまもって分からない。

 「記事の内容が間違っていると主張するなら、そちら側でも新たな疫学調査をして、そのふたつのデータをつき合わせて議論しましょう」と、僕らは抗議文へ回答したのだが、県も電力会社も政府も、原発周辺住民の詳しい疫学調査(健康被害調査)は行わなかった。僕らよりも大がかりな疫学調査をしていたら、どんな結果が出ていただろうか。

 不思議なのだ。

 原発の周辺住民に対する疫学調査は、日本ではまだ正式に実施されたことがない。きちんと調査して、「原発からの影響による健康被害などない」ということを、なぜ政府や電力会社は主張しなかったのか。

もし、原発が… - 鈴木耕

原発の問題とは比べ物にならないかもしれませんが、私たちも親鸞会の問題を明らかにし続けてもう6年になります。教祖である高森顕徹氏の過去や彼の信仰の問題、著作の盗作問題、贅沢な専用施設の数々、幹部の不倫疑惑の隠蔽、学友部が正体を隠した布教をしていること、特専部に事実上全財産の「贈与契約」を結ばせていること、親友部の労働基準法違反、講師部への1000万円の違約金、教義上の問題などなど。

数え上げればきりがありませんが、私たちは地道にこれらの問題を取り上げ、ネットやマスコミ、大学での講義、各地の講演、日本脱カルト協会や霊感商法対策弁連を通じて訴えてきました。

ところが今に至るまで内容について親鸞会からは何の抗議もありませんでした。来るのは「誹謗中傷だから消せ」という親鸞会顧問弁護士からの内容証明くらい。「事実と異なる部分があれば教えてください」という返事をすると決まって何もいわなくなります。

そういえば「親鸞会ブログポータル・ナビ」では「名前が似ていて親鸞会のサイトだと混同する人がいるから消せ」という失笑するほか無い抗議でした。私の友人には「建造物侵入罪で訴える」という内容証明をもらった人もいました。他にもあります。いずれ明らかにしましょう。

いずれも私たちが取り上げた内容について一言の反論もありません。親鸞会の内部ではデマだ捏造だ法難だと言われているそうですが、何がデマでどこが捏造なのかこちらからたずねても未だもって何の反論も無いのです。どうしてなのでしょうか。

浄土真宗親鸞会講師の原田講平さんが、「他人の為に非難を恐れず闘う覚悟」という記事でこんなことを書いてました。

しかし今、東電の福島原発所員は、
誰もが近寄りたくない危険な場所で、
暗闇の中、空腹の中、不安の中、家族と連絡もとれない中、
ひたすらに、みんなの為に、闘っています。

その覚悟を知らないまま、あるいは、
そんな覚悟の真似ごとさえもできない身分で、
ただ感情の爆発でこれらの方々を非難している人があるとすれば、
そんな非難は傾聴に値しないたわごとに過ぎません。

自分の思いに反することのすべてを攻撃的に討ち、
正義を語る割には行動が伴っておらず、
結局口先だけの観念の遊戯で物事や他人を見下げる、
そんなことに、まるであけくれているのではないかと思われる人さえ、
世の中にはあります。

しかし、そういう人達の非難がどれだけあっても、
覚悟を決めている人というのは、
そんな非難を恐れてはいないのです。

こういう記事を見るたびに、私はがっくり来るのです。

自分達が批判されて何も答えられないことを、命がけで震災と闘っている人たちと重ねるのはやめてもらえませんか?

私は本当に命をかけて原発に立ち向かっている人たちが、親鸞会講師の自己正当化の自慰行為に使われることに大変な不快感を感じます。気分が悪い。すぐに記事を消して欲しい。

親鸞会の誰か一人でも、自分達に寄せられる批判や非難に立ち向かった人がいるのでしょうか。逃げ回るだけで誰一人責任を取ろうともしない。高森会長や親鸞会がやることに盲目的に従うだけで、組織の中に対しても、外に対しても、誰も体を張って行動しようとはしないではないですか。覚悟?覚悟なんて誰一人決めてないでしょ。

しょうもないマンガを描いて、批判者を見下し、自分達は世界唯一の真実を求めているのだとうぬぼれ、批判には耳を塞ぎ、事実を見る目も塞ぎ、本当に命がけで闘っている人たちと自分達を重ね合わせて自己満足に浸り、組織の指示に疑問を持たず従うことしか能がない人たち。

なんなんでしょうね。本当に悲しい。

原田講師はいい人なんです。私はよく知っています。

彼をこうさせたのは親鸞会であって、もともとの彼はそんな人間ではない。

早く目を覚まして欲しいと切に思います。

| | コメント (19)

USENが浄土真宗親鸞会布教使、岡本一志の講演放送を自粛

やや日刊カルト新聞に

USENが浄土真宗親鸞会布教使、岡本一志の講演放送を自粛

という記事を書きました。

| | コメント (10)

富山学友部の拠点(修正)

富山学友部の拠点ですが、先回(削除しました)掲載したものが間違っていたため、再掲いたします。
謝った情報の掲載でご迷惑をおかけした方々にお詫び申し上げます。


大きな地図で見る

この度の大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。私たちも関西から出来る限りのことをさせて頂きたいと思っております。

また、親鸞会でも義捐金が募られると思います。阪神大震災をはじめ何度か親鸞会でも災害義捐金が募られましたが、最終的な募金額とどこに寄付したかという報告が行われたことを聞いた事がありません。

会員でもお気持ちのある方はこのような不誠実な団体ではなく、日本赤十字など信頼の置ける団体に直接募金されたほうがいいように思います。

| | コメント (25)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »