« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

弘宣部はいいかげんに高森会長をだますのをやめたほうがいいのではないか

3月15日号の顕正新聞に、また、「歎異抄をひらく」についての記事が載っていました。忙しかったので自分なりにまとめてからエントリしようと思っていましたが、もう次の顕正新聞も出てしまうのでここらで書いておこうと思います。

「歎異抄をひらく」発刊以降歎異抄の解説書が出ていない、という記事についての反論は今までいくつか書いてきました。

高森会長が抱いた『歎異抄をひらく』の妄想

『歎異抄をひらく』畏敬から失笑へ

その間、いつの間にか「解説書が出ていない」は「反論書が出ていない」と形を変え、親鸞会弘宣部は「歎異抄をひらくの発刊で真宗界は衝撃を受け沈黙をしている」ということを主張しています。

ただ、今回の記事で違ったのは、「歎異抄をひらく」以降の歎異抄本を一応記事として取り上げていたことです。それを見ると誰が見ても「歎異抄をひらく」の発刊以降も順調に歎異抄の本は出版を重ねており、何の影響もないことは明らかなのですが、弘宣部は相変わらず「学者の書いた本ではない」「歎異抄をひらく、以前に企画された本」「以前の復刻本」といちいち奇妙な理由付けをして、「ほれみろ、やっぱり歎異抄をひらく、以降の真宗界は沈黙している」と言いたいようです。

冷静に考えれば、本当に親鸞会の言うような衝撃が真宗界を襲って沈黙しているのなら、復刻本だろうとそれ以前に企画された本だろうと学者の本でなかろうと出版されないような気がしますし、「歎異抄をひらく」以前にもそうした本は沢山あったわけですが、それは意図的に無視されているようです。

そして、いつも出てくるあの論文の数の推移も載っていました。「歎異抄をひらく」発刊前に論文数が急増して、発刊以降に急減している(ようにみえる)図ですが、これも単に「大法輪」が2008年2月号で「歎異抄再入門」という特集を企画して、それに応じた寄稿が15本あったからだけの話で、一度にそれだけ出れば後は少なくなるのは当たり前の話です。

私は比較的本願寺界隈の方とお話しすることも多いのですけど、「歎異抄をひらく」は親鸞会が信者の献金で部数を水増ししている本、という以上の認識を持っている人はほとんどなく、内容は「親鸞会にしてはいいんじゃない?」程度のもので、致命的な間違いがあるとか異端だとか思っている人にも会った事がありません。一言で言うと、相手にされていません。

今回の顕正新聞の記事では本願寺がどう異端に対応してきたかも書いてありますが、大沼法竜から教義をパクっただけで、一貫した教義体系を持たない親鸞会はそもそも異端とすら見られていません。親鸞会への認識は異端ではなく、違法勧誘と高額な献金に起因する「社会問題」です。かつては異端として考えていた人もいるようですが、いまやほとんどが「社会問題」として見ていると言っていいでしょう。

私が残念なのは、この事実を親鸞会弘宣部は認識しながら、それでもこうした記事を相変わらず出し続けているということです。その理由は高森会長に対して、自分たちの仕事である1万年堂出版の事業成果を水増しして見せたい、という我欲と諂いに尽きると思います。それにまんまとだまされている高森会長もかわいそうですが、もっともかわいそうなのはこういう馬鹿げた記事を出して、社会からあきれられる親鸞会に属する会員たちでしょう。

社会の中で生きる会員はさすがに冷静なのか、ここ最近会って話をした人はみなこうした馬鹿げた宣伝を「やめてほしい」と言っていました。私は「歎異抄をひらく」は悪い本だとは思いませんが、こうした馬鹿げたおべんちゃらで著作そのものの価値を貶めているのはとても残念です。

親鸞会は今、馬鹿にされています。数年前までは私から親鸞会の「いいところ」を学ぼうとする人が大勢いました。しかし今はいません。その原因がどこにあるのか。親鸞会弘宣部の人は胸に手を当てて真剣に考えてみたらいいと思います。

| | コメント (69)

月刊宝島 2010年5月号

月刊宝島 2010年5月号(3月25日発売)に親鸞会の記事が出ます。

月刊宝島 2010年5月号

扱いとしてはそんなに大きくは無いのですが、現役学徒にとっても脱会者にとっても驚きのある内容だと思います。また親鸞会以外の新宗教団体の記事も豊富ですので、関心のある方は是非ご覧下さい。

他の新宗教団体から見た親鸞会の異質さがよくわかります。色々と考えさせられる事でしょう。

本件について取材にご協力下さった方、どうもありがとうございました。

| | コメント (22)

新勧の情報を募集します

今年こそ親鸞会は偽装勧誘をやめるかと思いましたが、以前にまして卑劣な方法で新入生を騙して勧誘しようとしています。

親鸞会さん、やり口は完全にバレてますからもういい加減にやめたほうが良いですよ。

別にあなた方が高森教を信ずるのは信教の自由ですから、ご勝手にされたらいい。

本当は信者に「うちは真宗の教義を元にして作った新宗教です。真宗ではありませんので誤解なきよう」と言った方がベターだとは思いますが、そのくらいの不誠実さを持った宗教団体なら他に幾らでもあるでしょうし社会的に許されないという程度のことではないかもしれない。まあ、せいぜい6階建ての建物を5階建てと騙してセコイ金集めでもすればいいと思ってます。

しかし、新入生を騙して勧誘するのは明らかに社会的に許されない。しかも今あなたがたがたくらんでいる…一部大学ではすでに始まっている…勧誘方法を私は絶対に許容するわけには行かない。どうしたらそんな卑怯で、後ろめたい事が出来るのか。

どんなに腐った組織でも狂った教義でも正々堂々と自分の立場を明らかにして勧誘するのなら、犯罪でも犯してない限りは妨害しようとは思わない。しかし、今のなりふり構わぬやり方は絶対に許容するわけには行きません。

このブログを読んでおられる方に新勧の情報の提供をお願いします。どんな些細なことでも構いません。実際に勧誘に使ったビラや資料ある場合はそれも是非お願いします。

尚、こうした呼びかけをすると本当に大量のメールが着ます。ひとりひとりにお返事は出来ないかもしれませんが頂いた情報、資料は必ず親鸞会の偽装勧誘防止に役立てます。また、このブログでは基本的にはそうした情報や資料の掲載は行いません。

この先も親鸞会が同じようなやり方を続け、社会的にまともな団体になろうとしないのならば、相応の報いを受けることを覚悟しているということなのでしょう。新入生の人生を奪うな。そして、親鸞聖人のお徳を貶めるような行為を即刻やめていただきたい。これが最後の忠告です。

メールは sayonara1929@gmail.com までお願いします。情報お待ちしています。

| | コメント (54)

投稿:会長の孫の学院研修

平成19年3月だったと思いますが、会長の孫(布教局長の長男)が学院で1ヶ月間研修しました。(4年程前から真生会病院に勤務する会員は勤務が始まる前に、1ヶ月間の学院研修を受ける事になったからです)

その1ヶ月間はいつもと違う雰囲気でした。それは、他にも何人か真生会勤務予定で研修に来ている会員がいましたが、孫に対する対応が違ったからです。

学院長を始め講師部や親友部員、学院生みんな当たり障りがないように、孫を扱いました。学院研修では普通、1ヶ月目の人には場合、講師部から嫌味や指摘が何回も飛びますが、孫に対するそんな発言は勿論ありませんでした。逆におだてていました。

研修時、孫自身の言動は、若干周囲を舐めた感じではありましたが、特別威張ることもなく、会長や布教局長と比べたら、はるかに普通の性格でした。

孫は真生会で働くために、専門学校と通信大学(詳しくは?)で勉強して、両方卒業して学院研修に来ました。学院長は、真生会で役に立つために2つの学校で勉強して卒業した、2つも卒業するのは大変なのに等と、孫を褒めていました。

孫に対する対応のわかりやすい例を上げます。

学院史上初めて学院研修1ヶ月目にして、1ヶ月間1度も電気の消し忘れをしなかったと、研修の最終日に学院長や講師は孫を絶賛しました。特に学院長は、孫の研修が終わり何ヵ月経っても、何かきっかけがあると、それを学院生に言うぐらいでした。

それに難癖をつける訳ではありませんが、客観的に見ると、孫が1ヶ月間一度も消し忘れなかったのかはとても怪しいことなのです。

それは、孫がいた月に誰がしたかわからない電気の消し忘れが何度かあったからです(学院では毎月数回以上あります)。その時普通は研修1ヶ月目の人が最も疑われて追求を受けますが、孫だけは「忘れてないよね」等と一言尋ねるだけで、追求を受けませんでした。消し忘れなかったのではなく、発覚しなかっただけで、公平に見れば限りなく黒に近いグレーです。

電気の消し忘れ云々事態は、どうでも良いことですが、孫に対する学院長や講師部の対応は指導者として公平ではなく、おべっかが見え好いていました。

あの頃を今思い出すと、気持ち悪くなります。講師部や親友部員、学院生みんな、孫の前で変な言動をしてそれを布教局長に告げ口されないかと、ビクビクしていたからです。

また、大勢の親鸞会会員に本願寺の座り込みをさせた時に、会長自身は滋賀会館にいた(引き込もっていた)ことが話題に上がったとき、「会長先生は滋賀会館で陣頭指揮を取られていたんです」と、普通ならば考えられないおかしな言葉遣いを、言葉遣いに厳しい学院長が平然と使っていました。やはり、会長やその一族が関わる事には目が曇るみたいです。

※【陣頭指揮】軍隊の先頭に立って指揮すること。長たる人が直接現場に出て指揮すること。(デジタル大辞泉)本願寺に座り込みに行かず滋賀会館に引きこもっていては「陣頭指揮」とは言わない。

孫自身は特に威張っているわけでもなく、普通の性格なのに、周囲の対応が見聞知の仏様の目を気にせず、他人の目(会長やそれに近い人)ばかりを気にしており、親鸞会会員の本性が表れていると思います。

本当に親鸞会は百害あって一利無しです。

| | コメント (61)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »