« 投稿:ある特専部員の除名の真相(前編) | トップページ | 投稿:「静かな劇場」の著者さまに向けて。 »

投稿:ある特専部員の除名の真相(後編)

 理不尽なことに対しても堪え忍び、これだけ絶対服従を続けているが、こんなことまでしなければ阿弥陀仏に救われないのだろうか、それならば救われる人などいないと言っても過言ではない。実際、先生の側にいる10講講師、顧問弁護士、顧問会計士、主治医も誰も救われていないではないか。教えは正しい筈なのに、何かが狂っているのではないか、そんな疑問が日に日に膨らんできたのです。

 そんな時、あることがきっかけで元講師であった嶋田氏の書かれた「私の白道」を読んだのです。理不尽な扱いを受けられた嶋田氏は、自分と重なって感じられ、しかもそこには先生の教えの間違いが明らかにされていたのです。衝撃でした。怒りが込み上げて来ました。20年以上も騙されていたことに初めて気が付きました。

 それからネットを調べると、次から次へと親鸞会のおかしなところが暴露されていたのです。しかし私の関心は、盗作でも不倫でも不正経理のことでもありません。ただ1つ、教義が正しいのかどうかだけでした。

 ネット上には、一部の幹部しか知り得ない情報が流出していました。私が組織を通じて知るよりも先に、ネットで情報を得ることができたからです。情報を流出させているのは誰かもおおよそ見当がついていましたが、そんなことはどうでもよかったのです。兎に角、先生の説く教義で救われるのかどうか、それだけが知りたかったのです。教義さえ正しければ、他のことは二の次だと思っていました。

 ところが調べれば調べるほど、教義上の間違いが明らかになってきました。仕事上で付き合いのあった真宗の僧侶から話を聞いたりもしました。そして出た結論が、親鸞会では救われない。それで、法話、アニメ解説、教学講義の参加にも消極的になりました。

 そんな態度ですので、私は親鸞会の上部から当然問題視されていました。それを分かっていましたが、今更上司に絶対服従する気など更々ありません。それが更に問題視されて、今年8月16日に呼び出され、情報流出について聞かれました。私にとってはどうでもよいことばかりで、正直興味がありませんでしたので、適当なことをいってその場を取り繕って終わりました。

 翌々日の18日に、「いままでの御恩がありますので退会するつもりはありませんが、親鸞会の教義上に決定的な誤りがあると思っていますので、それについての反論を、親鸞会としてしてください」と、「親鸞会教義の誤り」の内容を添えて上司にメールで送りました。私の扱いについては親鸞会では大問題になっていますので、先生にまで話が行かない筈がありません。それを見越しての質問でした。

 当然親鸞会として何等かの反論があるものと期待していましたが、それから1週間も掛けて検討された、25日に出された結論が、「正御本尊と親鸞会のバッチを返してほしい」でした。反論や説得をするどころか、退部しろということかと思い、「わかりました」と素直に従いました。

 ただ、自分としては、お世話になった人への挨拶くらいはしておかねばならないと思い、未だ特専部員には私の退部の連絡が流れていなかったようでしたので、30日に一部の特専部員に、「私は教義上の理由のみで退部しました、それ以外に理由は一切ありません」とメールを送りました。

 それから6日後の9月5日、「君は除名になったから、それと別に挨拶のメールを送る必要はない」と電話があり、除名になったことを知らされました。理由は図面や通達等の情報を流出させたということでした。しかし、私が除名後も通達等の情報は流出されています。たとえば私の除名の通達などです。

 結局のところ、教義上の矛盾点を指摘されて、何一つ答えることができず、それを他の会員へ知らさせたことが先生の逆鱗に触れたのでしょう。それが証拠に、退会する気がないのに、一方的に退会させられ、それから12日も経ってからの除名です。退会から除名までの間にあったことといえば、私が送ったメールに対して、一部の特専部員が教義上の問題とは何だったのかを問い合わせ人があったらしいということだけです。

 教義上完璧と自負し、会員にまで信じ込ませていたのに、「親鸞会教義の誤り」ブログ1つであっけなく、敵前逃亡とは本当に情けないものです。絶対服従の教えは、教義上の誤りを隠すためのものでもあったのです。

 会員であった25年間以上もの時間と、これまでに使った数千万のお金を返せというつもりはありません。先生にまともな人間になって欲しいとも思いません。私が先生に望むことは、正しい教えを説いて下さい、これ以外にはありません。しかし、今更誤りを認めて訂正することなど絶対にできない人であることは、よく分かっていますので、それも無駄な望みです。未だ何も知らずに騙され続けている会員さんに目覚めてほしい、これが私の願いです。

|

« 投稿:ある特専部員の除名の真相(前編) | トップページ | 投稿:「静かな劇場」の著者さまに向けて。 »

コメント

>私が先生に望むことは、正しい教えを説いて下さい、これ以外にはありません。

まず、正しい教えとは貴方は何だと思いますか?
正しい教えを説いていないから、このように苦しんで脱会しているのではありませんか。
正しい教えなど親鸞会では説かれていなかったし、多分これからも説ける筈がないと思います。
一回きりの貴方の人生を喜べることに集中してみては如何ですか?
まずは親鸞会から離れられておめでとうございます。
時間を追うごとに、ますます喜びが大きくなると思います。
親鸞会云々と拘って時間を過ごすより、喜びを見出すと、もっとそれは加速して大きくなってきます。
親鸞会は一つの縁だったのです。
ただその縁が尽きたということです。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 07時12分

私の記憶では退部はのぞき、除名はここ最近増えた酔いに思います。毎年毎年脱落する人はいただろうが、除名になった人が増えたのは最近の傾向ですね。ネットにでてる以外にもいたでしょうね。       親鸞会を除名になっても、若い人ならば仕事にも困らないし別に痛くもかゆくもない。はやく退会しましょう

投稿: | 2009年9月29日 (火) 07時21分

S会を辞めたくて仕方がないのに辞められない人もいるというのに、向こうから「辞めてくれ」とは、なんとお幸せな人なんだ!

投稿: | 2009年9月29日 (火) 07時37分

ここに来られた方で、まだ救いを受けておられない方、いますぐに、救いを受けてください。救いは、一瞬で与えられるのです。善知識から何度も話を聴いているのに、まだ信心決定できていないとは、それは、彼が善知識ではない確かな証拠です。善知識であれば、一度話を聴けば信心決定できます。仏の救いは一瞬です。今、信じてください。それでOKです。
時間も金も全くとらないのが善知識です。全く無料で、愛に満ちて、すべてを与えてくれるのが善知識です。時間も金も愛情もその他すべての良いものも与えてくれるのが本当の善知識です。時間や金を取り上げているのは明らかにただの人間です。ましてや、かわいい弟子にわずかでも苦しい思いをさせる人間が、善知識でありえましょうか?

投稿: まり | 2009年9月29日 (火) 09時39分

> 善知識であれば、一度話を聴けば信心決定できます。

そんな方がおられるなら、ここに紹介して下さいませんか?
読んだ人が、その方を選ぶかどうかは自由だと思いますが、紹介して下さらなければ選びようもありません。
「愛に満ちて、すべてを与えてくれる」方であれば、ここに名前を出すことも拒否されないと思います。

投稿: てん | 2009年9月29日 (火) 09時47分

被害者全員で高森会長を被告として裁判すればどうですか?
それとも、このまま、さらなる被害者が出るのを知りながら、放置しておきますか?

投稿: まり | 2009年9月29日 (火) 10時01分

> 善知識であれば、一度話を聴けば信心決定できます。

私はこんなことはありえないと思っています。

>時間も金も全くとらないのが善知識です。全く無料で、愛に満ちて、すべてを与えてくれるのが善知識です。時間も金も愛情もその他すべての良いものも与えてくれるのが本当の善知識です。

これが本当なら、どこにそんな人がいるのか知りたいです。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 10時07分

まり様

スルーしないで答えて頂けないでしょうか?
一度話を聴けば信心決定できる善知識はどなたですか?

投稿: てん | 2009年9月29日 (火) 10時19分

一度聞いただけで信心決定などありえないと言ってる方へ。それこそが自力のはからいというものです。私はマリさんじゃありませんが、一度聞いただけで信を獲られる方がいてもなんら不思議じゃないと思います。まだ高森教に毒されてませんか?諸仏が見捨てられた我々凡夫に善を収められるとまだお思いですか?余裕があるんですねえ。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 10時56分

「 善知識であれば、一度聴けば信心決定できます」⇒聴いたから信心決定できるのではありません。
「すべてを与えてくれるのが善知識です。」⇒一向専念せよと教えるのが善知識です。
他力回向の法を聞き誤っていませんか?
同じ名前なので迷惑してます。

投稿: 別のまり | 2009年9月29日 (火) 12時18分

親鸞会を訴えるという事は、世間に私は親鸞会というおかしな団体と関わり、嘘ついて勧誘もしてました、と告白するようなものです。
そんな事は、よほどの思いがなければ出来ませんよね。

また、阿弥陀仏に救われるかどうか等の教義については、さよなら親鸞会では扱われていないと思いますので、他の掲示板及び教義問題を扱うサイトで議論された方が良いと思います。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 13時55分

 この方の行動は、冴えてますね。
「先生に従わずして、どうして救われるのか!」と声高に叫び、T森の横暴さえ求道の厳しさに置き換えて、日々の自慰行為に夢中な講師もいますが、一方で教えの正邪を真面目に考えられる人もいたのですね。
 この方の幸せを念じています。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 15時10分

親鸞会を訴えるという書き込みを読んで、某宗教団体に対する
「青春をかえせ」訴訟っていうのがあったのを思い出しました。
和解成立までかなりの年月がかかったそうです。
宗教団体が相手の訴訟というのは、かなり困難でしょうね。

それはさておき、この記事の最初に『10講講師』っていう言葉が
あって「あれ?」って思ったんですが・・・

私が青年部にいたとき、先輩の会員さんに「『10講講師』って
なんですか?」って聞いたら、「え?何それ、そんなものないよ」
って言われたことがありました。

でも、やっぱりあったんですね。
高森会長の側近(?)ですか。
(先輩はなにか隠しておきたい理由でもあったのかな・・・)
あいまいだったことがわかってよかったです。

投稿: 元アルタ | 2009年9月29日 (火) 16時17分

10講講師は、

M晴布教局長
Y村総務局長
N村講師長
Y崎学院長
I親友部長

です。昔は、1講でした。会長の思い付きで、順番が逆になりましたので、当時はなかったかもしれません。

会長への絶対服従をしなければ救われないのならば、これら10講講師は、何十年も側近であり、形だけでも絶対服従をしてきた人ですから、それでは救われないことを、彼らが証明してくれています。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 16時33分

会長は只が好き!会員のお金も、財産も、才能も皆、全てが自分の物と思って疑わない。自分の物は自分の物。他人の物も自分の物!だから当然、世間知らずの子飼いの特専部員の専門知識や労働も搾取する。この人もせめて、交通費位請求したらよかったのに愚痴の種と借金が少し減ったのに。
 結婚詐欺のプロの女に、煽てられて、乗せられて、尽くして、搾り取られて、すっからかんどころか、多額の借金押し付けられて、高飛びされた男の泣き言みたいな愚痴は、もう此れきりにしなね。(此れくらい割り切らないと、また元に戻っちゃうよ!あと会長の事は先生なんて呼ばなくて宜しい。酷い目に遭ってるのに!カルト団体の会長なんだし。宗教を利用して私欲を満たす欲張りな老人と看做せないなら、まだ、懲りていない証拠)
 奥さんと子どもさん大切にしなよ。今まで家庭サービス出来ていないでしょ?当分は仕事に専念して、借金なくす事が先決だろうけど。それと、借金済んだら、自分と奥さんのご両親に会に献金していた分のお金仕送りしてあげなよ!子どもの学費に貯金してやんなよ!よっぽど、喜ばれるし、良い結果が来るよ!
 もう二度と、うまい話には騙されるんじゃないよ!ここまでの仕打ちをされないと、騙されたと分らない自分だったと反省するんだね。上から目線でもないし、厳しくもない、他人事でもないから、攻撃しないでね。この人の話を世間の友人が聞いたら、心の中で、きっと、こう思うよ。
 医者のOさん、Yさん、Tさん、会計のTさん、ほかの皆さん、続けて除名になる事願ってるよ!早くカルトとは、縁切って幸せになるんだよ。蔭ながら、念じてるよ。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 17時34分

まあ、これぐらいですんで良かったというところでしょう。
上司に敵意丸出しのメールを送ったのも立派と思います。
独立されて仕事をされているようですから、世間というものを良く知っ
ておられたということじゃあないですかね。
あと、相手が弱小宗教団体でよかったですね。
巨大宗教団体だったら、間違いなく暴力沙汰でしょうね、司法、警察関
係も抑えているから完全に泣き寝入りでしょう。実際東村山市議が14
年前に殺されていますから。(東村山市議殺人でググルと簡単にでてくる)しかし教学の質問メールを送った時点で除名ならあれですけど、
やめさせといて、そのあと除名というのは、相手のことをまるで考えて
いない敵意丸出しの行為ですね。気持ち言いぐらい嫌な人間です。
さすがにこのトップの人間を慈悲深いなんて言おうもんなら、あまりの
ウソに口がさけるんじゃないでしょうか?

投稿: | 2009年9月29日 (火) 18時41分

てん さん、

まりです。お返事遅くなりました。
教義については別のところで、との書き込みがあるようですから、
詳しくは書きませんが、要点を書きますね。
私が親鸞会の人について不思議に思っていたことは、なぜ、仏典を読まれないのかな、と、いうことでした。会長から仏典を読むこと禁止されてるという噂も聞きましたが、それでも、こっそりと、読めばいいのでは、と、思うのです。今では、多くの仏典が翻訳されているので、簡単に入手できます。私の善知識は、これらの仏典です。読んだ瞬間に、信心決定しました。私の感想として、高森さんは、誰にも信心決定してほしくないのではないか、と、思いました。どの大乗経典でも、読めば、誰でも、すぐに信心決定するのに、読ませないで、解読困難な親鸞や法然ばかり取り上げて、肝心なところを煙にまいてごまかしていた、そんな感じがしました。大乗経典といわれるものであれば、どれでも、読んだ瞬間に誰でも信心決定すると思います。(私の意見ですが)
実は、なんの困難もないのです。仏は、救ってやろう、と、常に、手を差し伸べておられて、あなたが、わーい、ありがとう、と、仏の手をつかめば、これで、OKです。今、この瞬間に、あなたは救われるのです。

「諸仏が見捨てた我々凡夫」という書き込みがありますが、諸仏は、我々を見捨てたりしませんよ。それなわけないでしょー!!

というわけですから、てんちゃん、浄土でまた、お会いしましょうね!
まりちゃんより

投稿: まり | 2009年9月29日 (火) 22時11分

まり様

ご意見は了解しました。
ここの趣旨に合わないようなので、この辺りにしておきます。

投稿: てん | 2009年9月30日 (水) 00時05分

仏教とか宗教以外の友人や親身になって話を聞いてくれる人を探してください。

投稿: | 2009年9月30日 (水) 00時13分

10講講師でまともなのは、普通に見て講師長と親友部長ぐらい。 
バカ息子は論外やし、学院長はただのババア。   A倉講師もそんな立場やったのになあ

投稿: | 2009年9月30日 (水) 06時48分

確か、I親友部長の家が同朋の里に建ってた気がするけど?
カルトの手先に甘んじている事、自体、10講か何か知らないけど、信用できない。それに息子の例の事件のとき誰も何も言えなかった人達でしょ?今更、この人達はまともと言われても何だかなって感じ。程度の差こそあれ、強欲な会長の下で甘い利権の分け前を啜る、MCされたイエスマンとしか思えないけど。
 会員が要らない建物や事業で搾取されていても、特に会員の為に、会長に意見するとか、何もしてくれていないでしょ?
 つまり、カルト団体の講師は会長の目的が金集め、人集めだから、其処に関わっている人には害悪しか与えていない。

投稿: | 2009年9月30日 (水) 09時06分

教えの根本がおかしい、浄土真宗の教えを捻じ曲げているから、全てがおかしいのですね。それに気付くと、聞く気が無くなる、会に留まる気持ちが無くなる、これは私も同じでした。
学生時代の先輩、同期の人、後輩が大勢それも中核としてS会にいます。早く気付いて欲しいと願います。

投稿: かば | 2009年9月30日 (水) 09時12分

2chの特専部の人の3000万円の違約金てホントの話?
本当なら、会員も額は定かでないにしても、何か書かされる前に、逃げたほうがいいよ!

投稿: | 2009年9月30日 (水) 14時00分

除名された人って誰なの?
そんなに有名な人だったの?

投稿: | 2009年10月 1日 (木) 00時20分

かつて親鸞会は、「相手が個人であれ団体であれ、公開であれ非公開であれ、真宗教義に関する討論を申し込まれれば受けて立つ」といったことを公言していたはず。あの精神はどうしたのですか。誤りを指摘されながら反論が無いのは、反論しないのではなく反論できないのだと判断するしかなくなりますが、いかが。

投稿: | 2009年10月 1日 (木) 01時36分

>かつて親鸞会は、「相手が個人であれ団体であれ、公開であれ
>非公開であれ、真宗教義に関する討論を申し込まれれば受けて
>立つ」といったことを公言していたはず。あの精神はどうした
>のですか。誤りを指摘されながら反論が無いのは、反論しない
>のではなく反論できないのだと判断するしかなくなりますが、
>いかが。

布教局長や講師部員に「法論したい人はどこに申し込めばいいの
ですか?」とメールをおくったが、完全に無視する方針になって
いる、とのこと。

もはや、法論なんてできる状態ではなく、少なくとも、会長、布
教局長は法論には出てこないだろう。
かりに、法論が実現しても、適当に教学課数人が参加するよう促
され、敗北の責任をとらされるでしょう。

保身で頭がいっぱいの会長親子を考えると、法論なんてできるは
ずもなく、やる気もゼロだろう。
そんな団体が「唯一真実を説く団体」とは笑わせる。

投稿: | 2009年10月 1日 (木) 20時33分

道義的に協力をお願いします
医療法人光臨会荒木クリニック院長松島龍太郎から聞いた事で
松島の子供の為に松島宅の隣住居を買い長女左知に
八丁堀から白島の方角の高層マンション7千万で購入し次女加代子に
詐欺師松島龍太郎の子供2人分の分譲マンション2件分で
1億以上を詐欺師松島龍太郎本人が全額出した事を松島本人から聞いた
多くの人々を騙しお金を出させ
私を洗脳し騙しお金を取り私の大切な子供を守る力を全部奪い取って
私の最低以下の生活を更に出来なくしてやると私を脅した元広島大学歯学部教授松島龍太郎に責任を取らせたい
協力をお願いします
詐欺師松島龍太郎で〜検索を…

投稿: 水 | 2011年12月14日 (水) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投稿:ある特専部員の除名の真相(前編) | トップページ | 投稿:「静かな劇場」の著者さまに向けて。 »