« 再燃した高森光晴新会長の疑惑 | トップページ | 顕正新聞のお笑い論説 »

講師部を辞めるときは1000万の違約金 再掲

昨年末、講師部を辞めるときは1000万円の違約金を払う、という講師部総会の音声ファイルをアップしました。

親鸞会の内部では「捏造」という説明がされていたそうなのですが、なぜか「著作権侵害」で削除されてしまいました。捏造ならなぜ著作権が発生するのかわかりませんが、何があっても削除したい動画だったのでしょう。

再掲して欲しいという要望が多数寄せられましたので、ご用意しました。今回はWMVファイルですので配布もしやすいかと思います。ダウンロードした人は出来るだけ多くの人にこのファイルを配布していただきたいと思います。

他にも、今回ファイルに含まれていない会合の録音も聞かせて欲しいという要望もありました。これは現在用意している最中です。

ただもっとも大事なポイントは、すでに親鸞会が「信仰の力ではなく金や誓約書でしか講師部員をつなぎ止める事が出来なくなっている」という事ですから、多くの人に見ていただくのはこのファイルで十分だと考えています。

この手の誓約は講師部員だけに予定されているものではありません。特専部、親友部の方は十分に気をつけて経緯を見守ってください。

私のメールアドレスは些か分かりにくい所に書いているのですが、年末から年始にかけて多くの方からメールをいただきました。中には相当の幹部の方もあり、親鸞会の中枢で高森会長の言動を長年見てきた立場の方も、このたび除名された講師のところに行っているそうです。

高森一族はその身勝手な行動と我侭で多くの人の信頼を失い続けています。やがて次々と周りの人が自分を見放している事実に気づくでしょう。すべては彼らの自業自得です。

|

« 再燃した高森光晴新会長の疑惑 | トップページ | 顕正新聞のお笑い論説 »

コメント

ファイルをダウンロードさせていただきました。どうもありがとうございました。

投稿: 元会員 | 2009年1月13日 (火) 10時49分

この誓約書には、法的拘束力はあるのでしょうか?どなたか法律に詳しい方、お答え頂けないでしょうか?

投稿: | 2009年1月13日 (火) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再燃した高森光晴新会長の疑惑 | トップページ | 顕正新聞のお笑い論説 »