« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかける(完全版)

親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかける、というタイトルでYoutubeの動画を紹介しましたが、ある方が親鸞会に電話で問い合わせても事を否定するばかりで、「調査中」の一言も聞かれなかったそうです。内部関係者に事情を聞いても、どうも会では「捏造」という事になっているそうです。

豊田商事事件のときに親鸞会は、マスコミから豊田商事の永野会長との関係を問われたとき「永野会長は親鸞聖人の教えに反する雑行をしていた」「永野氏の顔も知らなければ、会ったこともない。もち論、話をしたこともまったくない」と言い、更には親鸞会の講師が豊田商事で説法をしていたことについては「極重の悪人に近づいて仏縁を与え、真実に導いてこそ阿弥陀如来の本願に叶うというものである。」と完全に開き直っています。

そこには社会的問題を起こした所から献金を受けていたことについての反省はまったくなく、ただ「デマ」と断ずるばかりでした。豊田商事から金を騙し取られたお年よりは、親鸞会のこの姿勢をどう思ったことでしょうか。

ある最高幹部の不倫疑惑事件のときも、高森会長は三日間の合宿で首謀者をあぶり出し、徹底的に相互批判させ粛清しました。一方疑惑自体は「捏造」と決め付けられ、疑惑の張本人は何の処分も受けずに元の地位に返り咲きました。

他にも、ネットで何か親鸞会にとって都合の悪いことが明らかにされるたびに、捏造だの本願寺の陰謀だのという言葉が飛び交い、その一方で「著作権侵害」という理由での削除要請。大学での偽装サークル活動は「学生が勝手にやったこと」。

親鸞会に自浄能力はありません。あればこんな無責任な団体にはならなかったでしょう。人の批判は一人前に出来ても、自分を正すことはまったく出来ないのですから。

さて、Youtubeの動画は10分しか出せませんので、ここに親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかけるの完全版の録音を置いておきます(39分)。本当にこんなものが捏造できるのかどうか、よく考えてみたら良いでしょう。

| | コメント (3)

やはり太陽は西からはのぼらない

浄土真宗東本願寺派から高森顕徹会長に「執筆依頼」が届いたそうです。10月10日号の「東本願寺報」に掲載したいということ。最初は冷やかしかと思った高森会長も、後日文書で正式に依頼が来たので、執筆を承諾したとか。

このことは親鸞会の会内でも宣伝され、「一大方向転換」とか本願寺との共存とか、高森会長も会員もおおはしゃぎ。「親鸞会に法論で負け続けて(?)きた本願寺が、ついに高森先生を認めざるを得なくなった」と痛い勘違いな話までされていたとの事です。(ちなみにこの浄土真宗東本願寺派とは、真宗大谷派から分派した宗派で、高森会長が法論した本派本願寺とは全く別の団体です)

ところが10月9日、速達で高森会長に届いた通知は「編集上の都合で掲載できない」というもの。親鸞会も高森会長も完全に振り回されただけで終わったのでした。

今まで散々に本願寺を馬鹿にし、見下し、ことあるごとに批判し続けてきた高森会長と親鸞会。新聞に正本堂の写真を載せれば「これで本願も親鸞会を脅威に思うだろう」とご満悦。記事を載せたいと本願寺(から分派した団体)から依頼がきたら子供のようにおおはしゃぎで「方針転換」まで言い出す始末。

しかし本願寺は親鸞会に対して、脅威に思うどころか全くの無関心。この一連の掲載をめぐる騒動も、高森氏のことを良く知らない編集者の単なる勇み足だったようですし、本当に残念でしたね。

こんな落ち着きのないリーダーの一喜一憂に振り回される会員はたまったものではないでしょう。脱会者が増えているのも頷けます。

| | コメント (4)

親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかける

「親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかける」というタイトルで、以下の動画がYoutubeにあがっていました。

http://jp.youtube.com/watch?v=7YOzsFg2ZQk

この出来事については、以下に詳しく説明されています。

http://kiyomorimondo.blog70.fc2.com/blog-entry-68.htm

夜中に脱会者や会員の家に押しかけて説得をするというのは、他にも同様のケースを聞いたことがありますし、恥ずかしながら私自身も会員時代に、深夜にアパートの前で待ち伏せするなどのことをしたことがあります。

それにしても、親鸞聖人がはっきりと「取り返さなくてもいい」と仰っているものを、どうして深夜に大勢で待ち伏せしてまで取り返す必要があるのでしょうか。

こんな非常識で脅迫まがいのことをしてまで本尊を取り返すことが、親鸞聖人の心にかなうことなのでしょうか。ほんの少し考えれば分かることなのに、なぜ自分で考えられないのでしょうか。

完全に、マインドコントロールされているのでしょう。こんなことをさせるから、脱会したときに罪悪感に苛まれ、苦しむ人が後を立たないのです。

問題の動画はここにも貼っておきます。親鸞会の人はくれぐれもこの動画を削除しようなどと思わないように。これはあなた方の自業自得なのだから。

| | コメント (11)

統一協会も親鸞会も一緒ですね

最近、有田芳生氏のブログにこんな記事を見つけました。

福本修也〈統一教会信者〉弁護士からの削除要請を嗤(わら)う

統一協会さんはWikipediaやブログで都合の悪い記事が出ると、削除するのに必死なようです。親鸞会と全く一緒ですね。ご苦労様です。

親鸞会でも、例えば明橋大二氏と親鸞会の関係、1万年堂出版と親鸞会の関係などがWikipediaに書かれると、間髪いれずに消去してくるマメな人がいらっしゃいます。よほど知られたくないことなのでしょう。

親鸞会自体が社会的に問題のない団体になれば隠す必要など何もないと思いますが、そういう発想は思い浮かばないみたいです。親鸞会は過去犯罪に問われたことは一度もないとか胸を張って主張する割には、ネット対策やらWikipedia対策やら偽装サークルやらすばらしく熱心な方々ばかりで本当に頭が下がります。

最近の顕正新聞を見ても華光会への批判や聞法ドメインの記事ばかり。高森会長の孫たちは「人間として一番大事なことを教える」顕真学院には行かずに、真生会病院に就職。その真生会病院は特専部員が自分の財産投げ打つ契約をしてその将来を保障しています。

なんで病院なのか?決まっているじゃないですか。高森会長にとって一番大事なのは、親鸞会でもなく親鸞聖人の教えでもありません。聞法ドメインや真生会に代表される事業や建物の財産であり、自分たち一族の繁栄なのです。

活動費や布教の最前線に立つ講師部員の給与を削り、会員にひっきりなしに財施をせびり疲弊させ、その一方でせっせせっせと病院や事業に金を集めているのはなぜか。大量の建物を本部周辺に配置し、地方には顕正室ひとつ作らないのはなぜか。孫たちが「最高の道」に全く進む気配もないのはなぜか。ほんの少し考えれば分かることばかりです。

親鸞会の人は、なんで統一協会の信者が文鮮明をメシアと崇めるのか理解できないでしょう。ほんの少し考えれば分かることなのに、と。

親鸞会も一緒ですよ。同じやり方で勧誘・育成されて、同じようなことを盲信しているわけですから。マインドコントロールが不毛とか言っている暇があったら少しは自分の頭で考えてみては如何でしょうか。

最近高森会長は、自分は蓮如上人のやり方をまねてきた、と豪語しているそうです。著作の盗作や建物を建てまくることのいい訳だとしたら実に小さい人物です。蓮如上人が人の著作を丸々パクリして書いた本があったら是非教えてください。

こんなくだらない言い訳に蓮師のお名前を使うくらいですから、最初から親鸞、蓮如上人に対する想いなどないのでしょう。会員の皆さんは早く眼を覚ましたほうが良いですよ。もうずいぶん目が覚めた人もいるみたいですけど。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »