« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

われわれは動物として生きるよりも、むしろ人間として死にたい

バートランド・ラッセルの『幸福論』より。

趣味や生き甲斐とは何か、ということを語っています。

酒を飲むことは、一時的な自殺にほかならない。
いかなる形においてでも、陶酔を求める人間は、忘却以外の希望はすべて投げ捨ててしまっている。
趣味や生き甲斐は、多くの場合、いや、おそらく十中八、九まで根本的な幸福の源泉ではなくして、むしろ現実からの逃避の方法であり、直面するのにはあまりにも困難な何かの苦痛を忘れるための手段にすぎないだろう。

親鸞会ではこの言葉が良く使われ、だから親鸞会でないと本当の幸せにはなれないんだと説きます。しかし私は親鸞会こそが「一時的な自殺」であり「現実からの逃避の方法」に他ならないと思います。

私は親鸞会で趣味や生きがいを超えた本当の幸せになった人など、誰一人として知りません。それどころか、長年親鸞会で「救われたー」と体験談を書いていた人が、実はそれは華光会で救われた体験であったりとか、またそれ以外の人もその内容にはかなり怪しく不可解な点が多く信心に対する会の見解もコロコロ変わっている上に、高森会長の救済体験でさえ怪しい点が多いからです。

それなのに会員は「趣味や生きがいは現実からの逃避、親鸞会で求道すれば本当の幸せになれる」と「思い込んで」布教や財施に一生懸命です。保障も見込みもないものを本当の幸せと信じ込んで、現実の苦痛から逃避しているという点では、ラッセルの言う「趣味や生きがい」と何のかわりもありません。

親鸞会の人と接していると、そのあまりにステレオタイプな人生観に驚く人も少なくありません。勧誘のときは「一緒に人生について考えよう」「人生に疑問を持つのは大事」といいながら、実際に会に入ってみると、決まった答えを盲信するだけの活動で、善知識の言うことに無条件服従せよ、自分の腐った頭で考えるな、親鸞会以外の仏教書を読むな、親鸞会を批判するサイトや見るなと徹頭徹尾「考えること」を放棄させているのですから、当然といえます。

ラッセルはクルーチ氏の次の言葉を引用しています。

「われわれは動物として生きるよりも、むしろ人間として死にたい」

疑問を持つことも批判することも禁じられ、一方的に「真実」を押し付けられ、一方では財施や布教という形でとことん搾り取られるその姿は、家畜と何が違うのでしょうか。

考えるのも悩むのも苦労を伴うことです。その苦しみを放棄して捻じ曲がった「真実」とやらを信じ込み、ラッセルなどの識者を言葉を子供のように振り回して「真実知らない人」を見下す様は、滑稽としか言いようがありません。

最近長年親鸞会で活動してきた幹部の脱会が相次いでいます。彼らもまた、動物として生きるよりも、人間として死にたいと考えたのでしょう。

誰しも、自分が騙されていたと認めたくありません。しかし、実際には人間は騙される存在です。騙された自分を認めたくないがゆえに考えることを放棄してはなりません。

勇気を持って自分の進む道を再考し、方向転換を成し遂げた人たちに、心から敬意を表したいと思います。

私もまた動物として生きるよりも、人間として死にたいものです。

| | コメント (0)

カビの生えた学者の造語

マインドコントロール研究で有名な静岡県立大学の西田准教授が、NHKの「視点・論点」で語った内容が話題になっています。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/13235.html

マインドコントロールが「カビの生えた学者の造語だ※」と言っている人もいるようですが、そういう方には是非読んで欲しい内容です。もっとも、これを自分のこととして捉えることの出来る思考力をお持ちかどうか怪しいものですが。

※しかしこういうことを書く人はいったい何の根拠があって言っているのでしょう。社会心理学の雑誌や研究書を十分お読みになって判断しているのでしょうか。おそらくこういう人にとっては、自分が目にすることが少なければそれだけで「カビが生えた」になってしまうのでしょう。親鸞会という閉鎖された世界に長くいると、どんなに知性の乏しい視野の狭い人間になるのかという典型的な例のように思います。「造語」というのも面白いですね。世の中にもともと「造語」でないものがひとつでもあるならば是非教えていただきたいものです。

最近では布教の最前線に立っていた古参の講師部員が、「講師部をやめることに何の悔いもない」と言って退部したそうです。退部前にその講師に「親鸞会をやめたい」と相談した人は「君の気持ちも分かる」と殆どとめられなかったとか。他にも各地で活動意欲の低下や脱会者数の増加が見られています。

親鸞会は余程空気を読めてないのか、脱会者に「近づくな」という指示を出す一方、また新しい壁画に総額1億円の財施を募っているそうです。まったく、親鸞会とは愉快な団体です。

--------------------------------------
 実際、みなさんが考えておられる以上に、多くの方々が、詐欺や悪質商法の騙しにあって大金を奪われています。なかには老後の蓄えをすべて奪われたような 悲惨な方もおられます。それから、かつてには、一般には理性的で教養も高いと目される人々が、親鸞会の高森教祖に騙されて、マインドコントロールされた状態に陥り、その意義もわからず、経典に書かれていない「必堕無間」という言葉を信じ、他人のパクリだらけの著作を「高森先生が命がけで書いてくださった」と信じ、弁当屋や風呂、壁画と次から次へと金を搾り取られても「親鸞聖人のみ教えを伝えるため」と信じきっています。これらは別物と思われ るかも知れませんが、私は、騙しの心理的な仕組みはとても似ていると分析しています。

| | コメント (1)

高森写楽

最近更新がないというご指摘をよくいただきます。ここしばらく本当に忙しいので、なかなか記事をアップする時間がないのです。申し訳ありません。

結局高森会長は人の体験を自分の体験のように語り、人の著書を自分の著書だと言って読ませ、それがバレそうになると信者を使ってなりふり構わぬ隠蔽工作をする、ただの俗人に過ぎなかった。それだけで十分だと思うようになりました。

高森顕徹氏の昔を知る人の話によると、彼の枕元にあるとき親鸞聖人が現れ説法して、それで信心決定したんだと熱一杯に語っていたんだそうな。まあ、勝手にしてくださいとしか言いようがありませんね。

以下、2ちゃんねるから、内容的にとてもよくまとまっている書き込みをアップしておきます。私は個人的には「回想 メンタルヘルス友の会」の文中に出てくる「高森写楽」という言葉が心に残りました。そうだな、写楽だよな、ただの恥知らずのパクリ魔なんだと。


719 :神も仏も名無しさん:2008/10/22(水) 21:05:44 ID:b+9eQlR2
>>707
ここにいる人たちの頭はフツーじゃないからねぇ・・・
 
http://nigawaraihonmono.blog59.fc2.com/blog-entry-85.html
 
もっと厳しいことを言うならば、高森先生が漢訳原文を引用していながら、実際には漢訳原文は
読んでおらず、親鸞聖人の読み方を採用している浄土真宗系の「書き下し」に基づいて論じているから、
このような初歩的な誤りをしてしまうのではないかと思います。
http://kiyomorimondo.blog70.fc2.com/blog-entry-103.html
 
 
このように比較してみると、高森氏は『横から見た赤穂義士』を正しく引用してはいませんでしたが、 
『歎異抄入門』 からは忠実に引いていて作文しているのがわかります。 
ですので、タイトルも本多氏の本から忠実に引いてきたので「赤穂義士」ではなく「赤穂浪士」になっていたわけです。 
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=3767_3766
 
 
「会報」などの著書には大沼法龍氏の著書の文章を大量に貼り合わせるようにして使っていて、
善知識と言いながら己証(伝統教学を元にした独自の教義解釈)がない
(写すのが上手なので高森写楽と皮肉られました)。
http://aggott.at.infoseek.co.jp/page/037.htm
 
 
… 一字一句同じと言ってもいいでしょう。こんなことをするというのは何もわかっていない証拠でもある。 
ただ伊藤氏が法然の念仏と親鸞の信心を対比させてしまっているもんだから、 
それを何も考えずに写してしまう。伊藤氏の言うことが本当かどうかなど問題ではない。 
こんな態度で、人にはこれを書いたのは俺様だと言う。 しかも病気のときも一日も休まず頑張って書いたんだと言ってたらしい。 
その裏では、ただ書き写していたわけだ。これこそ詐欺ではないか。 しかも本にするつもりでいたんだが、インターネットで剽窃が公にバラされると、 
途端に取りやめにする。なんと分かりやすい馬鹿なんだろうか。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=552019920&tid=betezbfbfbda1a4rcfbf4a4k&sid=552019920&mid=1206 
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=552019920&tid=betezbfbfbda1a4rcfbf4a4k&sid=552019920&mid=1224 

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »