« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »

あなた方が守りたいのは一体何なのか?

高森顕徹会長の代表作「会報」が、かつて「私の道」と改題して出版される予定があったことは、高森顕徹著『会報』に関する基礎知識にも紹介されています。

当時出版にあたって、会報に掲載されている挿話や引用の出典が調べられました。

ところが、真宗聖典に掲載されているような根拠についてはすぐにわかったものの、それ以外の出典がわかりません。問題となる部分をすべて印刷し、出典が明らかになったものとそうでないものをファイルに分けましたが、「出典不明」のファイルに収められた書類は一向に減りませんでした。

「わからないって、高森会長が書いたのだから、高森会長に聞けば知っているはずだろう」と思われるかもしれません。しかし、不思議なことにそれはなされませんでした。

そしてネットで会報の「パクリ」が明らかになると、「私の道」計画はいつの間にか消え、会報は何の説明もなく廃刊になったのです。

会報だけでなく、「光に向かって100の花束」が1万年堂出版から出たときも、同じように挿話の出典が調べられました。しかし、結局多くの話が典拠不明のまま、明らかにされることはありませんでした。

高森顕徹氏の著書のルーツや、高森顕徹著「光に向かって100の花束」は大沼法龍の著作のパクリですといった一連の記事で、高森会長の著作が伊藤康善や大沼法竜といった人たちのパクリであることが明らかになっています。しかしそうなると必ずそれを否定し、高森会長を擁護する人が出てきます。

曰く、『蓮師も白骨の御文は後鳥羽上皇の「無常講式」から文をとっておられる』『祖師聖人も「取捨を加ふといへども毀謗を生ずることなかれとなり。」と「取捨は可」と教えておられる』といった理屈です。

もし高森会長が、蓮如上人や親鸞聖人が言われるのと同じ理由で、「仏法のものは自由にパクってOK」として堂々と自著に使ったのならば、どうして部下に典拠を探させた時、『実はあの部分は伊藤康善の「安心調べ」からほとんど丸々持ってきたのだ』『光に向かっての種本はこれだ。大沼法竜の「教訓」だよ』と言わなかったのでしょうか。

それどころか大沼法竜の本をパクった事実を隠し通して、「余裕は、タナボタでは来ない」と自慢している位です。こんな人物と蓮如上人や親鸞聖人と比較したら、蓮師や祖師に失礼です。

清森問答には、こんな記事が上がっています。

○私はこれまでほとんど高森先生、親鸞会発行の出版物しか読んだことがなかった。皆さんもそんな人、多いと思います。
何しろ高森先生だけが、唯一の善知識だから、他は読む必要は無い、間違っている。読むこと自体高森先生をおろそかにしている謗法罪だという意識しかありませんでした。
禁止を破った清森さんはその為、何日も講師部会合の時、前に出され、全講師部から指摘の嵐を受けた。
「君は学院再研修だな」と冷たく高森布教局長から断を下され支部長解任の処罰を受けてしまった。誰も恐ろしくて他の本は読めなかった、話を聞けなかった。今もそうですから、ここをこっそり見ている講師部員は隠れてでしょう。

なぜ、自分の書いた仏教書以外は見ないように仕向けたのか。自分が裸の王様であることが明らかになるのを恐れたとしか思えません。そんなこと無いだろう思っている方、ぜひ伊藤康善の本を正本堂にもって行って、表紙を見えるようにして堂々と読んで見てください。すぐに講師部員か職員が飛んできますから。

ネットで高森会長を擁護する文章を必死で書き続け、高森会長を批判する人を呼び捨てにし散々に貶め、高森会長の元を去った人たちの悪口をメーリングリストで書いて会員に配信し、去ろうとしている人の家に会員を引き連れ夜中に押しかける人たち。

疲弊しきった会員に「会長先生の御心だから」と無茶な財施計画を声を張り上げて推進し、高森会長が1万人に話をしたいと望めば痴呆のお年寄りやバスの運転手まで連れてきて人集めの目標達成に身をすり減らす。

一体あなた方は、一度しかない人生で、何を守ろうとしてそんな馬鹿なことをしているのか。

もしそれが高森会長の為だというのならば、その人物はあなた方が人生をかけるほどの値はないから、やめたほうがいい。

もし高森顕徹という人物を長年にわたって信じてきた自分のプライドを守りたいだけならば、勇気を出してそのプライドを捨て、新しい人生を力強く歩んでほしい。

高森会長のパクリの件、実は一部の幹部には周知の事実です。彼らは高森会長の過去、親鸞会の財政やお金の流れ、次期会長の光晴氏がどういう人かも知っています。

知っていて、それでも親鸞会を離れない人は、もう仕方がない。

知らされず、隠され、裸の王様を拝まされてきた人は、そろそろ決断してもいい時です。

| | コメント (4)

「親鸞会批判の真実」における親鸞会の嘘つきぶり

親鸞会の弘宣部が運営しているサイトに、「親鸞会批判の真実」というサイトがあります。
http://kazoku.sub.jp/

このサイト、分かりやすく言うと、「親鸞会を批判する勢力(主に親鸞会被害家族の会とそのメンバー)をいかなる手段を使っても貶め、会員とその周辺の人たちの動揺を防ぐ」のが目的のサイトなのですが、さすがは親鸞会のやることだけあって、「被害家族の会のメンバーと会ってきた」と称した人の手紙(後に内部関係者の脱会によりまるきりの捏造と判明)が掲載されたり、思いっきり悪意に脚色された体験談が掲載されていたり(体験談の本人さえもがこんな事書いてないと証言)、何しろ、カルト団体のモラルがよく分かる内容になっています。

さて、このサイトに新たな記事があがっていました。
『親鸞会批判の真実 本願寺も「親鸞会はカルトではない」』
http://kazoku.sub.jp/taikenki/080108honganji.htm

被害家族の会の会合資料を入手した親鸞会がそれを元に書いているのですが、注目するべきはこのページの冒頭です。

浄土真宗親鸞会被害家族の会の会合が、2007年12月15日(土)に、神奈川県で行われました。
参加者は10名前後、その会合の中で、浄土真宗本願寺派住職、棚原氏の話がありました。

神奈川県で参加者10名程度の会合があったと言うことが記載されていますが、この「親鸞会批判の真実」、トップページにはこんな事が書いてあります。

事実「親鸞会によって苦悩した家族が運営」と言いながら、管理しているのは上記の西本願寺僧侶H氏と、その関係者ら2、3名によるネット上だけのものです。
http://kazoku.sub.jp/

親鸞会は一貫して、被害家族の会には実態がない、西本願寺のH僧侶と関係者2~3名がネット上で活動しているだけと主張しています。

ネット上で関係者2~3名が活動しているだけの団体が、なぜ神奈川県で「参加者10名程度」の会合を開いているのでしょうか。

つまり「被害家族の会は実態がない」という親鸞会の主張は、親鸞会が被害家族の会の活動の実態を知っていながら、同会を貶めるために嘘をついているのに他ならないと言うことです。墓穴を掘るというのは正にこの事を言うんでしょうね。

被害家族の会だけではありません。最近話題の清森問答にはこんな記事もあがっています。

【質問】
除名の問題で思い出すのが、U氏の除名です。
どんな暴言をはき、どんな非難を言ったのかは知りませんが
『高森先生に暴言を吐き、本会を非難して、除名になった』、
と聞かされています。
この話は、上田氏の件のような捏造ではなく、『事実』と理解してよろしいでしょうか?

【回答】
私は、U君が除名になってから、連絡を取ったことが無いので、分かりません。
ただ、今回の件を通して、親鸞会は除名者に対して、いくらでも事実無根のことを発表する可能性があることが分かりました。
なので、「事実かどうか分からない」としか、言いようがありません。
質疑応答22

自分たちを守るためには、嘘をつくのも捏造するのも平気なのが親鸞会です。他にも親鸞会を脱会した人、批判する人に対して、どんな酷いことが言われているのか、私はよく知っています。

親鸞会を「カルト」とするにはこれだけで十分ではないでしょうか。

そんな自分たちの姿が分かっているからこそ、「実態のない団体」のはずの会の会合で使われた「レジュメ」に過ぎないものを持ってきて、「本願寺でさえ親鸞会はカルトではないと認めている」と如何にも本願寺の公式見解の如く宣伝しているのでしょう。裏を返せばそのくらいしか「親鸞会はカルトではない」とする根拠はないことを自ら認めているようなものです。

しかもこのレジュメを書いた当の僧侶によると、「本願寺がカルト問題に対して鈍感である」と言うことを主張しているだけで、本願寺が親鸞会をカルトではないと言っている訳では決してなく、逆に本派の無関心さを嘆いただけのようです。親鸞会さん、本当に残念でしたね。

私も親鸞会にいたときは「これで本願寺は親鸞会を驚異に感じるだろう」とか、「東西本願寺を飲み込む」とか、「御影堂より正本堂の方が大きい」とかそんなことばかり聞かされ、さぞかし本願寺は親鸞会を恐れているのだろうと思っていました。

しかし実際は本願寺は親鸞会に対して無関心です。親鸞会には警戒に値するほどの規模も力もないからです。高森会長が本願寺を意識する百分の一も意識してないでしょうね。

自分たちの今までの主張を覆すような記事を載せてまで、親鸞会はカルトではないと主張したかったみたいですが、もっと落ち着いて頂きたいものです。

それより心配なのは、この記事がどこから出てきたかと言うことです。

親鸞会では、会員の両親が反親鸞会活動をしている場合、その実態をスパイするように仕向けているのはよく知られています。

実際に会員である子供が両親のパソコンを盗み見してメールの内容を組織に報告したり、被害家族の会のメンバーと会えばその内容を無断で録音して組織に提出したりと言うことが行われてきました。

今回のレジュメの流出も、案外そういった活動から出てきたものかも知れません。そんなことを会員にさせるから、脱会したときに自責の念に駆られて苦しむ被害が絶えないのでしょう。

それでも彼らは「被害なんて無い」と言い続けるのでしょうけど。あのチベットを弾圧するアジアの大国のように。

| | コメント (5)

親鸞会の崩壊が始まった

親鸞会を脱会したい、あるいは脱会したという話が急増しています。

今までにもありましたが、最近の急増ぶりには目を見張るものがあります。しかも今までは考えられなかった、講師部員や親友部員、特専部といった立場の人からも相談が寄せられるようになりました。

原因はいろいろあります。まずは「聞法ドメイン財施」の推進。顕正新聞では毎回のように宣伝されていますが、食堂や弁当屋、宿泊施設といった、布教や聞法と直接関係のない施設への多額の資金の投入と、常識と乖離した献金額や本当の使途に疑問がもたれています。

必死の推進にもかかわらずいまだ目標額の2割にも達しておらず、さらに本部参詣の推進、高森会長(?)の著書「歎異抄をひらく」への献金などで会員は疲弊しきっています。

そんな多額の資金が集められ、建物が次々と建設される中、全国の講師部員の中には経済的に行き詰る人も現れ、その姿が会員に不信感を与えています。

インターネットでは清森氏が親鸞会への痛切な批判を展開し、田中氏とチューリップ企画との法論が多くの会員に読まれ、高森顕徹や親鸞会の教義は親鸞聖人の教えに基づいたものではなく、「単なる大沼法竜のパクリ」であることが明らかになってきました。

また、上田氏をはじめとして、親鸞会を脱会した元講師部員の布教も始まっています。親鸞会ではこれらのグループに対して「土蔵秘事かそれに類するもの」「阿弥陀仏ではなく竜神に救われると言っている」などと会員に吹き込んで近づかないように徹底したり、また彼らの話を聞いた会員を半ば脅迫じみた方法で引き戻そうとしていますが、すでに多くの会員が隠れて彼らと接触しておりその数も増えています。

(私は決して上田氏のグループを宣伝しているわけでも擁護しているわけでもありませんが、親鸞会はなぜ「上田氏は弥陀ではなく竜神に救われると言っている」などという嘘を平気でつくのでしょうか。こうしたやり方がさらに会員の離反を招いているということになぜ気づかないのでしょうか。)

学友部は入会者のほとんどが最終的には脱会するという異常な状況の中で、会員は減り続け、さらに構成員の質の低下に悩まされています。そしてこれらの脱会者による証言や資料を元に、大学当局は学内の「カルト対策」を進めており、更に減少傾向に追い討ちをかける「負のスパイラル」が続いています。

正本堂の参詣人数の減少で、今まで平日だった行事日程を休日にして人数を延ばそうとしていますが、それが地元での活動の低下につながり、高森会長の説法の質の低下もあいまって、参詣人数の減少を食い止めることができないでいます。

50周年記念大会に向けて、今年は親鸞会はかつてない規模で布教活動に邁進するでしょうが、親鸞会崩壊の流れはもはや後戻りできないところまで来ています。

だから「高森会長が存命のうちに一族が生き残れる体制を作るため」に、必死になって聞法ドメインや富山移住といった、「最後の資金集め」と「熱心な信者の囲い込み」に動いているのです。

ただ、インターネットが発達した今、会員も馬鹿ではありませんから、ドメインの財施はいくら機関誌で大々的に取り上げても遠く目標に及ばず、移住に応じる人もわずかです。

最後に、ここを見ている親鸞会の講師部員、職員の皆さんに申し上げます。

脱会し、人生をやり直すならば、今年一年が勝負です。

直接相談をいただいている方にはすでに申し上げている事ですが、何度でも繰り返し申し上げます。

これから親鸞会の崩壊を加速する出来事がいくつかおきるでしょう。親鸞会という船は今まさに沈もうとしています。外から見ればこれ以上はっきりしたことはないのですが、船内にいるとそれがわからないのです。

水圧でハッチが開かなくなる前に、脱出してください。そのための協力は惜しみません。

| | コメント (7)

【お知らせ】週刊SPAの記事について

皆様

最近更新が怠っており申し訳ありません。ぶるうのです。
会員や脱会者からの連絡が急増しており、それらの対処を優先しているため、ブログのエントリーが後回しになっております。ご容赦ください。

ところで、 3/18号の「週刊SPA」に
「SEX教団[摂理]が中高生を勧誘中!」
という記事が載っています。

その中に「大学生を狙う老舗サークル偽装系宗教」として、「S」という仏教系宗教団体の偽装勧誘の実態が記事化されています。今年流出したと見られる「新勧」のスケジュール表も掲載されています。

この「S」がどこの団体であるかは、実際に皆さんがSPAを読んで判断してください。

今回は有名なカルト宗教である「摂理」の記事の一部として取り上げられましたが、今後こうした形で「S」がマスコミに報道されることも多くなるでしょう。

| | コメント (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »