« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

私はマインドコントロールなどされていない

私の友人に、長年キリスト教系の有名なカルトで幹部として活動を続け、今は脱会してカルト対策に積極的に取り組んでいる方がいます。所属していた教団や境涯は全く違いますが、元カルト信者として、また心の焼け野原から立ち直って人生を歩むものとして、お互いの心中を分かり合える数少ない盟友の一人です。

その方はカルトを脱会後、多くの脱会支援にかかわってきたのですが、5年間ずっと「自分はマインドコントロールにはかかってなかった」と思い込んでいたそうです。脱会説得でマインドコントロールの事を持ち出しても、マインドコントロールの本を読んでも話を聞いても、自分だけは違うと思っていたと。

それがあるきっかけで新聞記者の取材を受け、自分がカルトに入信したきっかけ、中で何を思い何を経験したかを話すうちに、「マインドコントロールされていたのは自分であった」と初めて気付いたそうです。

親鸞会の作ったサイトを見ると、マインドコントロール論は不毛だとか、浄土真宗の信心にマインドコントロールは関係ないとか、マインドコントロールそれ自体は日常にありふれた行為で悪ではないとか、色々な事が書いてあります。

しかし私から見ればそんな議論は実に取るに足らない事だとしか言いようがありません。

なぜなら、自分の心を真摯に見つめ、今の信仰がどこから来たのか、どのように生じたのか、なぜ信ずるにいたったのか。その心の歩みを見つめ、何が自分をそうさせたのかを知ることが「マインドコントロールに気付く」事だからです。完全に自分の問題であって、親鸞会の主張があまりに軽薄なのはこの点が完全に抜けているからです。

なぜ親鸞会が唯一絶対の真実を説く団体だと信じ込んでいるのですか?、なぜ高森顕徹が善知識だと思い込んでいるのですか?、どうして親鸞会に対する批判に目をつぶり、無条件に親鸞会が正しいと思い込んでいるのですか?親鸞会に入る前の「あなた」は、親鸞会に依存している今の「あなた」を果たしてどう見るでしょうか?

入信前の自分に戻って、自分の周りで起こった事柄を一つ一つ振り返って考えて、「なぜこんな嘘と矛盾だらけの団体を信ずるにいたったか」という答えを出した人にとっては、決して「マインドコントロール論は不毛」とはなりません。

私の友人が5年経ってようやく自分にとっての「マインドコントロール論」に気付いたときに、共に脱会支援をしてきた牧師は手を取って「ようやく気付いてくれたか」と喜んだそうです。その牧師は5年間、友人が自ら気付くまでずっと待っていたのでしょう。

誰しも自分の判断や意思が他からコントロールされていたと認めたくはありません。それはに勇気が必要で、時間もかかることです。人生の大部分を費やしたのならば、なおさらです。

親鸞会の「マインドコントロール論は不毛」という主張に、そうした葛藤や自省は全くありません。だから嘘つき勧誘も相変わらずですし、高森会長の著書がパクリだと明らかにされても何の釈明もなく事実を隠すだけなのです。

今年も残すところ後わずかとなりましたが、親鸞会の会員さんには、来年こそ勇気を出して、自分の信仰を見つめなおして欲しいと思っています。

あなたの人生は、あなたのものです。決して親鸞会や高森一族のものではありません。

| | コメント (2)

自分の人生に対する責任の取り方

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1197636042/154より

154 :神も仏も名無しさん:2007/12/21(金) 16:36:21 ID:QtWn85zV
俺は元会員だが、バカだったなぁ、と思う。ちょっと調べれば分かるようなことでも、その労力を惜しんでしまった。
s会が間違っているかどうかではなくて、自分が間違っていたと知ることが嫌なだけだったのだ。
 
ご本尊の名号が合成であって、親鸞聖人がされていないことをしてしまっていることや、
「余裕はタナボタではこない」はずの著書が丸パクリであることも、
k会にいたことを何故か隠していることも、今では簡単に調べることが出来る。
 
しかし、人生の労力の大半をかけてしまい、取り返しの付かない多くの犠牲を払ってしまった人間にとって、
今さら間違っていたなんて事は目を覆い背けたくなることだから、どれだけ根拠を示そうが見ざる聞かざるになってしまう。
もともと人生について疑問や苦しみを持っていた人間ならなおさら、ようやく希望と思って掴んだものを手放すのは容易じゃない。
勇気と労力がいることだ。心細く頼りなく、不安になってしまうものだ。
他にどこを探せば答えはあるのか、それに出会うことが出来れば簡単かも知れないが、それは簡単に見つかるとは限らない。
自分に対して残酷になれるかどうか。酷だけれども、今掴んでいるものが怪しいとなったらちゃんと調べるのが、
自分の人生に対する責任の取り方だと思った。

よく親鸞会では、やめた人を求道に挫折した、欲に負けたなどと見下して言うことがあります。(これは、他のカルトも一緒です)

しかし、親鸞会をやめた人から見れば、これほど心に響かない批判もありません。なぜなら、親鸞会を続けるよりもやめる方が余程勇気がいるし、思考力も必要になるからです。

親鸞会の会員さん、「今さら間違っていると思いたくない」が故に、親鸞会の主張を無批判に受け入れ、親鸞会への批判に耳をふさいでいませんか?

「自分の選んだものが間違いであるはずがない」「親鸞会は他のカルトとは違う。自分はカルトに騙されるような人間ではない」「ネットの情報は捏造だ。本願寺の陰謀だ」「マインドコントロールされているのはアンチの方だ。自分はマインドコントロールなどされていない」などなど。

本当にそうでしょうか。

どんな人間にも間違いはあります。少し立ち止まって、親鸞会が「真実の団体」なのかどうか、真摯に考えてみては如何でしょうか。

幾千の宗教団体が「自分たちこそ唯一の真実」と主張しています。親鸞会も単にその中の一つに過ぎないことに、気づくかも知れません。

あなたより先にやめた沢山の「脱会者」が、その答えを知っています。

| | コメント (2)

本尊より金が大事

親鸞会では「ペンダント式の正御本尊」なるものがあり、私も強く勧められて3万円で下付をしてもらったことがあります。

ところがこの「ペンダント正御本尊」非常に粗悪な品で、しばらくかけていると数ヶ月で鎖が腐食して、切れてしまうのです。これをつけている会員は例外なく、鎖を他のものに交換したりして対処していました。

私は個人的にペンダントを買う機会もありましたが、一万円以下の安物でも、鎖が腐食して切れたなどと言う話は聞いたことがありません。一体この3万円の「ペンダント正御本尊」の原価は幾らだったのでしょうか。

除名の真相2にはこんな記事が上がっていました。

 また、親鸞会で入会時に貸与されている正御本尊を、いくつかの表具屋に見てもらいましたが、どの表具屋で作っても1000円程度の最低の品質のものであることが分かりました。大変ショックでした。ある表具屋からは
「こんなチャチなシロモノ、たくさん作るなら1000円もかからないですよ」
と言われて、親鸞会は、何とお粗末なことをしているのだろうか、と非常に情けない気持ちになりました。

親鸞会ではかつて入会金が値上げされたときに、「再入会」と称して、既に在籍している会員全員からも値上げの差額分2万円を徴収しました。そのときの説明が「再入会時には正御本尊を貸与して下さるから、当然私たちはその分を出させて頂きましょう」という話でした。

1000円もかからないような本尊を貸与して2万円の収入だそうです。親鸞会は笑いが止まらないでしょう。「正本堂はどう見ても100億はかかっていない」「あの弁当屋に5億もかかるはずがない」という指摘と根は一緒です。会員から集められたお金がこうして闇に消えてゆく実態を見ると、なぜ会計報告という最低限のことすら親鸞会では行われていないのかが、実によく分かります。

正御本尊は表具が大事なのではない、と反論する人が出てきそうですが、正本堂の内部を絵画で飾り立てたり、本部会館の周辺に次から次へと建物を建てる金はあるのに、なぜもっとも大事な本尊にお金をかけることが出来ないのでしょうか。

布教に必要な顕正室への金は全て引き上げ、現地の会員で運営させ、布教の最前線に立つ講師部員への給料は全額カットし、正御本尊は最低品質の粗悪な品。

その一方、本部の周辺には浴場やレストランや弁当屋と言った建物を会員から搾り取った金で次から次へと建設し、ごく一部の幹部には高額な給料を払い続けています。

どう考えても、本尊や布教よりも金のほうが大事なのでしょう。

「本当の親鸞聖人の教えを聞き求め、一人でも多くの人にお伝えする。これ以外に親鸞会の目的はありません。」

ウソつけ。

こんな浅ましい嘘をつき続ける親鸞会の姿を、会員の皆さんはしっかりと見つめ、どうか早く親鸞会への幻想と依存を断ち切って欲しいと、切に念ずるばかりです。

| | コメント (2)

瀬戸川さん、一体何回救われたんですか?

こうして、五十年の長きにわたり、万劫にも会い難い善知識に会わせていただき、尊きご説法のお導きのもとに、徳育講義をはじめ、月刊誌の執筆、教学試験の採点など、種々の手厚いご方便にあずかりましたればこそ、私のような罪業深重、倣岸不遜な無慚無愧の横着者が、信楽の身にしていただいたのです。大悲の願船に乗り、浄土への旅をする無上の幸せ者にならせていただけたのです。(顕真16年7月号 本会黎明期の証言 瀬戸川庸氏)

「徹到することがそれほど大事なのか、それは三品の懺悔をさせられるほどなのだからやはりすごいことなのだ。私も早く徹到させていただきたい」と思いましたが、ただあこがれのような気持ちでおりました。さりながら、それ以来、いつまでもずっと胸の底に残って離れることはありませんでした。
そして今回お聞かせいただき、(中略)仏願の生起本末を「聞」とお聞かせいただき、疑心あることなし!の身にさせていただいたのです。(中略)一日一日、極楽浄土への旅をさせていただける絶対の幸せ者にさせていただけたのです。(顕正新聞19年12月1日号 法友通信 報恩講のお礼状として 瀬戸川庸氏)

上の文章、同じ人が書いたものです。平成16年の時点で「信楽の身にしていただいた」と公言している瀬戸川さんですが、19年の報恩講で「今回お聞かせいただき」もう一度救われたそうです。

一向専修のひとにおいては、廻心といふこと、ただひとたびあるべし。(歎異抄)

歎異抄ではこう書いてありますが、親鸞会では何度でも救われていいのでしょう。親鸞聖人の信心とは違うようですが。

それとも、あんまり救われた人がいないから、もういっぺん救われたことにしたのか。または平成16年時点での信心はニセモノだったのか。

最近ではある幹部が「私は学生時代に救われた」と言っていたらしいのですが、昔の顕正新聞を調べると社会人になってから「後生の一大事の解決目指して頑張ります」と書いていたそうで。どっちが本当なんでしょうね。

最近たまに出てくる「救われたー」という体験談ですが、この分ですと他の人の体験談も実に怪しいものです。

もっとも、高森会長自身が信心詐称していたという疑いもあるくらいですから、そもそもこんなことを真面目に論ずる事が間違っているのかもしれません。

「ウソをウソと見抜く力があると、親鸞会にいることは難しい」のです。自称「唯一絶対の真実を説く」団体に、「真実」のかけらも無いことは、もはや常識です。

| | コメント (2)

権力の委譲

もし私がある宗教法人の会長だとして、できが悪く会員の評判も芳しくない息子に権力を委譲しようとしたら、以下のようにします。

  1. 機関誌や行事における息子の出番を増やし会員に印象づける。
  2. 将来息子と競合するような幹部の実力をそぐ。(説法の内容を問題にし自信を失わせたり、自ら話すことを禁止しただビデオを流させるようにすればいい)
  3. 息子がスキャンダルを起こしたら「捏造」と言うことにして握りつぶす。
  4. 一方息子に忠誠を誓わない幹部は、何かしら理由をでっち上げ粛正して左遷。
  5. 布教とは直接関係のない営利組織や会社を多数立ち上げ、宗教ビジネスが破綻しても生活の糧を失わないようにする。
  6. 地方に分散させていた投資を本部周辺に集中させ、地方が力を持ちすぎないようにすると共に、中央への依存度を高める。
  7. 現在教祖にカリスマが残っている間に、ひっきりなしに献金を集めておく。
  8. 将来教団を支えてくれそうな学生と息子との会食会などを頻繁に行い、息子を信頼していない古参会員が離脱した後の支持層を確保しておく。
  9. 末端の会員が息子にそっぽを向いた後でも、一部の熱心な会員を本部周辺に移住させ、経済的にも社会的にも教団から逃げ出せないようにする。

さて、親鸞会は今はどこのフェーズにあるでしょうか。ちなみに同じような事情を持った他の宗教団体や会社組織でも、結構似たようなことをやっていますね。

| | コメント (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »