« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

『なぜ生きる』と虚構の60万

11月1日の顕正新聞「仏眼」にこんなことが書いてありました。

「なぜ生きる」-この最深の問いが、最近TVドラマでよく発せられるようになったのは喜ばしい。反響も大きく、インターネットのブログなどにも沢山意見が書き込まれている。
今、何を視聴者に訴えたらいいか?『なぜ生きる』が六十万もの人に読まれている事実が、番組制作者の心を動かしているのかも知れぬ。
『なぜ』は静かに、しかも確実に濁世を善導している。
(顕正新聞19年11月1日号)

『なぜ生きる』は果たして60万もの人に読まれているのでしょうか。この本が発刊されたのは2001年。早速「宣伝の為」と称して膨大な献金が集められ、その後すぐに「SK作戦」なるものが発令されます。

この作戦、全国の書店から「推奨書店」というブックランキングに影響する書店を抽出し、職員や会員を動員して購買活動を行うというものでした。全国の親鸞会事務所を使って大規模に行われ、親鸞会の関係者は大量の本を引きずりながら全国の書店を回って買い続けました。新風舎とかかわりの深い井狩春男氏が全面協力し、豊富な資金をバックにあらゆる方面からプロモーションが行われました。

全国の本屋で購入された膨大な数の『なぜ生きる』は富山に集められ、倉庫に積み上げられ親鸞会の行事で配られました。毎回のごとく配られるので、会員の家には一度も開いたことすらない『なぜ生きる』が積み上げられました。こうして余った本は会員が知人や親戚に配ったため、全国の古本屋は100円の値札の付いた『なぜ生きる』であふれました。

それでもさばき切れなかったのでしょうか。富山の親鸞会職員があるとき本部会館の一室に集められ、大量の『なぜ生きる』から販促用のしおりを抜いたり選別をしたりといった作業をしており、一旦購入した書籍を再出荷したのではないか、という疑惑もあります。

おそらくこの本を実際に読んだ人は、60万の十分の一にも満たないのではないでしょうか。

『なぜ生きる』では高森顕徹氏が親鸞会の会長であるということすら記載されていません。こんな誤魔化しと狡猾さに満ち溢れた本が「濁世を善導している」など笑止千万です。

しかしいやな本でした。私は高森顕徹というのが何者かも知らず東大、京大、精神科医、哲学者、と言う立派な経歴の著者二人に惹かれ、読み始めたのですが、 出だしに女の子の絶望的な心情を綴った遺書を置き、村上春樹や宇多田ヒカルの様な勝ち組と呼ばれるような人が内心苦しんでいたことなどが引用されていて、 現代人の漠然とした不安を煽りそれからじょじょに宗教的な記述にすり替えていく。新興宗教がよく使うやり方の本です。(中略)しかも私の大学この宗教団体から勧誘される人多いのです。私も一度サークルの集まりだと言われて連れて行かれそうに なりました。皆さんも気をつけて (amazonのブックレビューより

少なくともこんな本が番組制作者の心を動かしたり、世の中を善導しているなど万に一つもありえないことですから、安心してください。

本件についてはこの記事も詳しいです。
明橋大二医師と親鸞会

こうやって親鸞会は崩壊のその日まで虚構を積み上げてゆくのでしょうか。

| | コメント (1)

マインド・コントロールからの救出―愛する人を取り戻すために

教文館より「マインド・コントロールからの救出―愛する人を取り戻すために」という本が出版されています。

著者は「マインド・コントロールの恐怖」で有名なスティーブン・ハッサン氏であり、翻訳は自らも「ホームオブハートとToshi問題を考える会」でカルト問題に取り組む、山本ゆかり氏が主に行っています。

かつてハッサン氏は「マインドコントロールの恐怖」で、自らが体験した統一協会のマインドコントロールの具体的な手法を紹介しましたが、本書ではカルト団体からの「救出」に主眼が置かれており、家族や友人をカルトから脱会させたいと考える人には必読の書になっていると思います。

なお、本書は巻末には日本の宗教被害の相談窓口が列記されており、その中には「浄土真宗親鸞会 被害家族の会」も紹介されていました。

昨今の大阪大学が見せた対応やこうした書籍での紹介をみても、ようやく親鸞会の問題が一般的にも認知されてきたと言えるのではないでしょうか。

| | コメント (2)

「アカギ大学」は親鸞会のダミー組織です

アカギ大学という団体があります。
http://akagi-univ.net/index.htm

有名なシブヤ大学とサイトイメージを似せており、一件自主的な生涯教育団体に見えますが、実態は問題となっている新宗教団体、浄土真宗親鸞会のダミー組織です。

当サイトでもかつて「いきいき大学」というダミー組織について記事を書きましたが、意図するところは同じです。実際、いきいき大学の講師もアカギ大学で講義しているようです。

会員が減少し続けているのに、相変わらず大浴場や食事処などハコモノの建設に熱心な親鸞会ですが、なりふり構わぬ信者獲得活動は少しも衰えていないようです。

そういえば講師陣には「科学や哲学を超える仏教」として、自称仏教哲学講師の渡部隆志氏(浄土真宗親鸞会弘宣部長)が登場していますが、この人、自著の「キリスト教文明の崩壊と仏教の時代」で、

「『般若心経』の「色即是空、空即是色」が、現代物理学の先端をいくアインシュタインの相対性理論に現れる式、E=mc2(Eはエネルギー、mは物質の質量、cは光速度)と同じ意味であるとは、多くの物理学者が指摘するところ。」

「仏教の世界観が真理であることは、現象学が論理的に証明した後、量子力学、素粒子物理学などで実証されている。」

という突っ込みどころ満載の珍説を自信満々に披露している人なのですが、大丈夫なのでしょうか?

最近は親鸞会を除名された清森氏との公開法論で、「君たちの仏法に対する理解は、根本から間違っている」と断言していますが、一番間違っているのはこの人の仏法と哲学と科学に対する理解なのではないかと思います。

結局件の法論でも清森氏の質問に一つも答えられず、最後はにげたみたいですし、他人事ながら心配で仕方がありません。

アカギ大学で講義したり、法論で人を見下す前に、この人には学ばなければならないことが沢山あるのではないですか。

そんな渡部さんには以下の言葉を贈らせて頂きます。

The wise man knows he knows nothing, the fool thinks he knows all.

| | コメント (0)

どの点がデタラメで、どの点は事実なのか

親鸞会はネット上に大量のサイトを立ち上げていますが、その中には「親鸞会に入って親子関係が好転した」的なコンテンツも少なくありません。

内容を読むと、親子関係が改善したのは、もしくはうまく行ったのは、仏法(親鸞会)のお陰だといった感じのことが書いてあります。中には既に親鸞会を脱会した人の記事も数多く掲載されていますし、全くの作り話もあります。

その一方、親鸞会に入って家族が崩壊した、親子の関係が悪化した、といった訴えもあります。親鸞会の講師部員や職員の子供についても多くの問題が発生していますが、当然親鸞会の作成したコンテンツにはそうした事例はフィルタリングされて一切紹介されません。

脱会者や会員の家族の作成したサイトでそうした事例が紹介されても、「あんなものはウソだ、でたらめだ」と徹底したり、「本願寺の陰謀だ」と突然本願寺批判を始めたり、直接訴える家族については「親鸞会ではなく、あなたの家族に問題がある」といった言い方もしているようです。

うまく行けば「親鸞会のお陰」、悪化すれば「家族の責任」。「自因自果」の因果の道理を徹底する団体のはずなのに、こと自分達のことについては子供のように勝手な論理を振りかざし、自らの正当化のためには既に脱会した人の体験談を掲載することも平気です。

ある人が親鸞会の講師から、親鸞会を批判するウェブの内容は「嘘であり、デタラメ」と言われたので、「どの点がデタラメで、どの点は事実なのか、教えてもらえませんか?」と聞いたところ、その講師は一切答えられなかったそうです。

親鸞会はどこに向かい、何を獲ようとしているのでしょうか。

「 わがまへにて申しにくくは、かげにてなりともわがわろきことを申されよ。聞きて心中をなほすべきよし。」

面と向かって言えなければ陰口でもいいから申してくれ。それを伝え聞いて心中を直すから…という意味の、蓮如上人の言葉です。

| | コメント (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »