« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

エドワード・G・サイデンステッカーと親鸞会

カルトは権威が大好きです。中身が空虚なほど、外部の権威を借用しようとします。

創価学会はその典型でしょう。池田大作の権威付けのために、アーノルド・J・トインビーなどの文化人の権威が利用されたのはよく知られています。

親鸞会は最近なくなられたエドワード・G・サイデンステッカー氏を、熱心に自らの権威付けに利用しているようです。氏は川端康成作品の翻訳で有名ですが、最晩年に親鸞会の布教書「なぜ生きる」の翻訳を監修しました。それをもって、あたかも氏が高森会長や親鸞会を評価したかのように宣伝されています。

おそらく氏も、親鸞会の違法な勧誘や不透明な金の流れ、高森会長の盗作問題や絶対無条件服従などの問題を知っていれば、協力はしなかったでしょう。親鸞会で学生に対して行われている会合の録音も、聞かせたかったと思います。

「競売にかけられた家を見に行った。とても安くいい家だったので、決めようと思ったが、内部画像を見たら、家中に血痕の後があった。過去殺人現場となった民家だった。カルトとはワケあり物件と同じだ。表からは綺麗に見え、熱心に見え、素敵に見えるが、内部はひどいものである」(ジャン・ドウゲン氏の講演より)

カルトは、自分たちに都合の悪いことは必死になって隠し、表の綺麗なところだけ見せようとします。だからこそ、多くの人がだまされるのです。

親鸞会が宣伝するように、氏が本当に高森会長や親鸞会を絶賛していたのならば、親鸞会に入会くらいしていたと思います。しかしそんなことは全く聞きません。少し考えれば分かる事です。

サイデンステッカー氏が、本心では親鸞会をどう思っていたのか、亡くなられた今では確認するすべもありません。

しかし親鸞会は本人の意思とは関係なくこうした権威を利用し、変わらず自分たちの問題点は隠蔽し続けるでしょう。

私たちは、それを防がなければなりません。

| | コメント (0)

私は喜んで地獄に行こう

2ちゃんねるの親鸞会スレッドにこんな投稿があがっていました。

881 :神も仏も名無しさん:2007/09/06(木) 19:06:25 ID:NOHAuync

闇にむかう脱会者達は、死んで地獄に堕ちてから初めて
善知識の教えにしたがわなかった事を後悔するんだろうな。
せっかくの御縁を無駄にしちゃって・・・

私は脱会してから随分こういう事を聞いてきましたし、相談も受けてきました。親鸞会をやめたいけど、地獄の苦しみが怖い、と。

そのたびに、私は統一教会を脱会した山崎浩子さんの言葉を思い出します。

 統一教会が言うように、脱会したら地獄に堕ちるというのなら、私は喜んで地獄に行こう。人をだまして天国へ行くより、だますことなく地獄へ行ったほうがましだ。
 人をだます事をよしとする“神”など、私はいらない。
(山崎浩子著「愛が偽りにおわるとき」文藝春秋)

わたしもまた、ダミーサークルを作って人をだましたり、自分の心を誤魔化してまで活動を重ねて「極楽」に行くより、だますことなく地獄に行ったほうがましです。

また、会員の浄財で巨大な建物を建て、高価な絵画を買いあさり、人の著作を盗作して自分の書いたものだと自慢するような「善知識」などいりません。

だいいち親鸞聖人がどこに「信心決定しなければ全ての人は地獄に堕ちる」などと仰っているのでしょうか。「一切衆生必堕無間」などという造語を経典の言葉だと教え、徒に地獄の恐怖を煽るような団体が真実の団体だとは全く思えません。

統一教会も、親鸞会も、地獄の恐怖を強調し、組織に疑問を持つ信者をつなぎとめようとします。

偽りの教団が説く地獄など何も怖いことはありません。自分たちのいる団体を客観的に見つめ、誤りを認める勇気があれば、乗り越えられます。

| | コメント (3)

弘宣部が顕正新聞紙上で高森会長を批判

9月1日号の顕正新聞「論説」にて、ついに弘宣部が高森会長への批判を始めました。親鸞会は自浄能力の無い団体であり、絶対に会長を批判することなどありえないと思っていましたので、これは画期的なことです。

以下、当該部分を転載します。

 自惚れるなよ、自惚れるなよ、と自分でどれだけ戒めても、やはり自惚れる。しまいには、おれは自惚れていないぞと自惚れるから始末が悪い。
 「偉そうにする値なぞ、なき身なり」の反省は常に大事だが、同時に道を誤ろうとした時、自分を厳しく指摘し、正してくれる法友の存在が大切だ。
 それがまさしく、信心の沙汰である。
 自惚れから仏意をねじ曲げ、自己流の信心に陥って、とんでもない「珍しき法」を作り上げる者もいる。しかも、思い込んでいる当人は毛頭気付かない。善知識のご説法も、都合の悪いところは聞き流し、お聖教のどんなご文も、自分の体験を通して都合よく読んでしまう。
 そんな時、よき法友の言葉で目が覚める人もあるが、悪しき者たちの同調で、余計に信心が固まってしまう場合もある。傍から見れば、こっけいなほどおかしな主張でも、本人たちは大真面目で、教えを破壊している自覚が無いから恐ろしい。
(顕正新聞「論説」 平成19年9月1日号)

「自惚れるなよ、自惚れるなよ、と自分でどれだけ戒めても、やはり自惚れる。しまいには、おれは自惚れていないぞと自惚れるから始末が悪い。」というのは、自分を親鸞・蓮如以来の善知識と自惚れ、会員の浄財で巨大な建築物をたて、そこに参詣者を集める事を強要する高森会長の事を言っているのでしょう。

「同時に道を誤ろうとした時、自分を厳しく指摘し、正してくれる法友の存在が大切だ。」というのは、周囲をイエスマンばかりで固め、自分や組織を批判するものを相互監視で密告させる高森会長を批判しているのでしょう。

「自惚れから仏意をねじ曲げ、自己流の信心に陥って、とんでもない「珍しき法」を作り上げる者もいる。しかも、思い込んでいる当人は毛頭気付かない。」というのも、かつて華光会の著書や機関紙に「次第にその迷雲は晴れ」「すべてがつつまれていたことに気付くのだ」と平気で書き、時代によって信心に対する考えを何度も変えながら、自分は救われていると妄信している高森会長の事を言っているのでしょう。

「善知識のご説法も、都合の悪いところは聞き流し、お聖教のどんなご文も、自分の体験を通して都合よく読んでしまう。」というのも、覚如上人のご教導に反し、親鸞会をやめる人に本尊を返す事を強要したり、貼り合わせの捏造本尊を作ったり、自らを阿弥陀仏の化身と顕正新聞に書かせて平気な高森会長の事を言っているのでしょう。

「傍から見れば、こっけいなほどおかしな主張でも、本人たちは大真面目で、教えを破壊している自覚が無いから恐ろしい。」というのは、親鸞会の主張が傍から見るとこっけいなほどおかしな主張であると、わかっているのでしょう。親鸞会の会員に対して、客観的に自分たちの会長の姿を見よと、諭しているのだとしか思えません。

高森会長の著作のほとんどが先人の著書からのフルパクリであったり、昔と今といっていることが全然違ったり、上田グループとの法論に連敗したり、弁当屋の建設や土地や建物の買収に血道をあげている親鸞会。

弘宣部員もその矛盾点に、いよいよ気付き始めたのかもしれません。

よき縁を求め、裏切られることがあっても、裏切るものになってはならない。
(同論説より)

私も高森会長を盲信し、自分たちの求めてきたものが間違いだと思いたくないばかりに、自らの良心や親鸞聖人の教えを裏切ることあってはならないと思います。

もちろんこの記事が高森会長を名指しで非難しているわけではありませんが、私の知る限り、どう読んでも記事の批判に該当するような人物は高森会長しかいません。この記事を掲載をした弘宣部の勇気に心から敬意を表します。

| | コメント (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »