« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

高森顕徹著「光に向かって100の花束」は大沼法龍の著作のパクリです

高森顕徹の「会報」などの著作が、華光会の伊藤康善や大沼法龍の著作のパクリ(盗作)であることは、高森顕徹の著書のルーツで詳しく報告されています。

そして最近、「光に向かって100の花束」もパクリだと言うことが明らかになりました。

大沼法龍師の言葉というブログが最近公開されました。

ごく一部を抜き出してみてみます。

ニューヨークのウールウォース商店が、一名の監督を募集した、世界一の均一商店の監督というのだから希望者は雲来し素晴らしい推薦状を携えた者も多かった。しかるにその商会では大した学歴もなく紹介状もない一青年を採用した。その理由は「あの青年は一葉の紹介状も携えなかったが実は多くの事実上の紹介状を携えていた。彼は部屋を通らんとして先ず足の塵を払い既に通ればその扉を閉じた、注意深い性格が窺われる。席に就こうとした時に跛の老人のいるのを見てこれに席を譲った、親切なことが之で知れる。室に入るや先ず帽子を脱して敏捷にしかも鄭重に自分の問に答えた、丁寧で礼儀正しいことがこれでわかる。自分が故意に床の上に置いた書物を他の者は知らぬ振りしているのに彼はこれを取り上げて机上に置いた。また彼は毫しも先を争わず徐に己の番のくるのを待っていた。その服装は粗末なものであったが、些の塵埃もなく、髪は美しく梳られ、歯は乳の如く白かった。彼がその名を認めた時に見ると爪の先には少しの垢も溜っていなかった、これこそ何者にも勝る紹介状ではあるまいか」社会は有為の青年を望んでいる。国家は前途ある青年に期待している、中等学校専門学校と智的教育は進歩しているかも知れないが徳育の教養は却って退歩してはいないか。国家を益するには社会から、社会を利するには一家から、一家を興すには一身から、一身を立てるには一心から、一心を磨き、精神を鍛錬し、魂を浄化してこそ玲瓏玉の如き人格は築き上げられ、起居進退則に契い、出ては犠牲奉仕の活躍となり社会国家を聖化し得るのである。
大沼法龍著「教訓」38紹介状のない紹介状

これが、高森顕徹著「光に向かって100の花束」では、こうなります。

世界に名高いニューヨークのウールウォース商会が、監督一名を募集した。
応募した希望者には、立派な推薦状をたずさえた者が多い。
ところが採用されたのは、なんの学歴もない、紹介状も持たなかった一青年である。
採択理由に、こう記されてあった。
「彼は一葉の紹介状も持参しなかったが、実に多くの、明白な紹介状を携えていた。彼は部屋に入るとき、まず足のちりを払い、入室すると静かに扉を閉じた。注意深い性格がうかがえる。席に着こうとしたとき、彼は、身体の不自由な老人のいるのを見て、すぐに席をゆずった。親切でやさしい人格が知られる。部屋に入るや、まず帽子をとって一礼し、はきはきと我々の質問に答えた。丁寧で礼儀正しいことがわかる。彼はまた、少しも先を争うことなく、己の番のくるのを規律正しく待っていた。その服装はお粗末だったが清潔で、髪はきれいにととのえられ、歯は乳のように白かった。署名した彼の爪の先には、少しのあかも見ることはできなかった。これこそは、なにものにも勝る紹介状ではあるまいか」
社会は有為の青年を望んでいる。
高校、大学は林立し、知的教育は急進しているかもしれないが、徳育はかえって退歩しているのではなかろうか。
ウールウォース商会幹部が見ぬいた、なにものにも勝る紹介状を身につけたものこそ、社会国家を浄化することができるのであろう。
(高森顕徹著「光に向かって100の花束」(56) 推薦状などにたよるな!なにものにも勝る紹介状を身につけよ!)

どう見てもパクリです。本当に有難うございました。

大沼法龍氏の本の内容は、次から次へとアップされていますが、高森氏はどうもこれを殆ど丸写しに近い形でパクって、「光に向かって100の花束」を書いたようです。

「光に向かって100の花束」が1万年堂出版によって一般向けに発売されるときに、各説話の出典がわからず編集員が苦労したという話を聞いたことがありますが、出典がわからなかったのではなく、明らかに出来なかっただけなのでしょう。

だって、参考にして書いたと言うレベルの話ではありませんから。そのまんまパクリですから。親鸞会で「大沼法龍の本は読むな」と言われていた理由がよく分かりました。

最後に、親鸞会発行の高森会長礼賛本「随行録」より。

○ 余裕

待ちに待った『光に向かって』第二集発刊。
第一回新聞掲載は昭和五十一年八月。以来十三年、百六十話にのぼる。
その間、原稿締切に遅れられたことは一度もなかった。
〝今だからあかそう〟
と仰有って。
先生「いつも三ヵ月分、書き溜めていた。
三ヵ月先の分を今月の締切までに、必ず書いておく。
三回分あるから今回は大丈夫と思っていると、絶対に書けなくなるから。
倒れた時も、だから休載はなかった。
余裕は、タナボタでは来ない」
(親鸞会発行「随行録」H・2・7)

「光に向かって」は、「光に向かって100の花束」の元になった本です。

休載はないでしょう。だって、タネ本からパクって来るだけなんだから。

「今だからあかそう」「余裕はタナボタでは来ない」だそうです。人の著書をパクって書いておいて、よく平気でこんな恥知らずな自慢を書けるものです。

おそらく罪悪感という概念自体が無いのでしょう。

親鸞会はおかしいけど高森顕徹会長だけは信ずる、という方は多いようですが、そろそろ考え直したほうがいいのではないでしょうか。

人の著作をフルパクリして、その事実を隠し、偉そうに「余裕はタナボタでは来ない」とか言っている人物が、一体どの程度の人間なのか、普通に考えればわかることですから。そして、こんな本を親鸞会の信者の力を使って大量に買わせ、ベストセラーに押し上げたのですから。

こんな人を「世界唯一の善知識」とか、思っていた自分が情けないし、なんだか悲しいですね。

「光に向かって」をもっと詳しく知りたい人は、こちらもご覧ください。

井狩春男さんと「光に向かって」
明橋大二医師と親鸞会

| | コメント (13)

口だけの「命がけ」

かつて親鸞会が「世界の光親鸞聖人」というアニメを作ったときに、「また金儲けか」と叫んだ会員がありました。

その会員は、即刻除名になりましたが、そのときに高森会長は、「命がけで作ったアニメを批判するなら、命がけでなければならない」と言ったそうです。

親鸞会ではよく「命がけ」という言葉が使われます。高森先生の命がけのご布教、命がけの御説法、命がけのご執筆、壇上で死ぬ覚悟だなどなど…まさに命がけの大安売りです。

疲れたら説法や講義は「お疲れでお休み」、どこかに布教に出かけるのにも大勢のお供を連れて、専用のバスやら外車やら厨房車を引き連れてまさに大名行列。

そんな風に「命がけ」で作ったアニメや本も、自分で一から書いたのではなく、他の人に作らせて自分は朱入れがメインの作業。昔書いた会報や白道燃ゆの内容は殆ど華光会の「パクリ」。

会館の中に入るにはIDカードに何十ものセキュリティチェック。親鸞会に批判的な人は説法すら聞けない仕組み。どこに行くにもガードマンが付き、会館には高森会長が移動するための専用の渡り廊下や通路まで用意されています。

会員には親鸞会を批判するなと誓約文を書かせ、ネットに高森会長の批判が書き込まれれば、即座にネット対策部隊が掲示板を荒らし、「反論サイト」なるものを作ったり、大量のスパムサイトを立ち上げて隠そうとします。

どこが命がけなのでしょうか。何が怖くて、何を恐れて、彼は活動しているのでしょうか。

そんな高森会長が率いる講師部員も、保身が最優先で、親鸞会を本当によくしようと思って命をかけている人がどれほどいるのでしょうか。

本当に命をかけている人は、簡単に「命がけ」などとは言わないものなのでしょう。

口先だけの「命がけ」は、もう沢山です。

| | コメント (2)

親鸞会の自業自得、惑業苦

以下、2ちゃんねるの書き込みより。

930 :神も仏も名無しさん :2007/08/16(木) 11:15:52 ID:ekzOC+LV
>>911
>阿弥陀さまに救われていない人にとっては、批判サイトを読むとおどおどすることでしょう。
>しかし、そんな些細なもんではないのです。

あなたのような会員の方は、親鸞会にあびせられる批判をどう感じておられるのでしょうか?
批判の中には、根拠のない非難中傷もあるかもしれません。
しかし、中には親鸞会会員として反省すべき内容が数多くあるのではないでしょうか?

そもそも、親鸞会は「真実を説いているのは我々だけだ」と他を非難し、攻撃し、印象の悪くなるようなことばかりを長年し続けてきました。その結果、親鸞会に対する社会的な印象は地に落ちてしまったように思います。

しかし、いざ新人を勧誘するとなると、地に落ちたイメージを払拭できないために、「親鸞会」と名乗れなくなり、団体名を隠して勧誘せざるを得なくなっています。まったくの自業自得でしょう。

そして、この悪循環を指摘すると、「謗法だ!捏造だ!アンチの妄想だ!!」と言う始末、もうどうしようもありません。

結局、学生時代だけでなく、社会人になっても隠そう隠そうという方向へしか思考が働かず、さらに信用を落としています。
団体名を隠さなければならないような恥しいものにしてしまったのは、今までの親鸞会の種まきであり、自業自得、惑業苦以外のなにものでもありません。それなのに、会員は全くそのことに気付いていない。

自分のことは自分が一番よく分かっていると思っているが、何よりも分からないものが自分と言うものであると、親鸞会は説き続けてきましたが、親鸞会会員にはそのことが分からない。教えと実践がずれているのではないでしょうか?いかがですか? 


まったく指摘のとおりで、親鸞会の問題点と現状を正確に指摘した書き込みだと思います。

親鸞会の会員の皆さん、親鸞会が団体名を隠さなければ勧誘できないような団体になってしまったのは、親鸞会の種まきによるものですか?それとも、本願寺の陰謀でしょうか。

いくつかの大学の新入生勧誘が相当な打撃を受け、脱会者が相次いでいるのは、親鸞会の自業自得ですか?それとも、ネットでのアンチの捏造によるものでしょうか。

因果の道理を徹底されている親鸞会の会員さんなら、説明の必要もないでしょう。

| | コメント (0)

辛口!真宗時評は親鸞会のダミーブログ

辛口!真宗時評 というブログがあります。
http://sinshu.blog.shinobi.jp/

過去のエントリのコメント欄に、本願寺派内の批判派のブログかと思ったが、親鸞会のブログではないか、という書き込みがありましたので、調べてみました。

結果、明らかに親鸞会のダミーブログでした。

「我が宗門」などと頻繁に言い、中外日報や本願寺新報の記事を引用して書いているので、知らない人が見たら本願寺派内の人が書いているブログだと思うでしょう。しかし、リンク先を見ると親鸞会の作ったサイトへのリンクばかりです。

案の定あるルートから、本願寺派内の人間のふりをして、親鸞会の弘宣部が書いているブログと判明しました。相変わらずですね。

本願寺の批判をするのはまったくかまいませんが、どうしてこんなせせこましいやり方をするのでしょうか。「世界唯一の真実を説く幸せな団体」という大げさな宣伝文句とは裏腹に、やっていることは悲しいほどに情けない団体です。

それでいて自分が批判されると、「内容は正々堂々とした論争では全く無く、いやがらせに近いものに終始しています。」「悪辣極まる非難攻撃」とか言っているのですから、まるで子供みたいです。

そういえば、こんなブログがありました。

http://19551692.at.webry.info/200708/article_2.html

大学入学の時親鸞会のダミーサークルに声をかけられ、そのまま入会をした。最初は「幸せになれる」とかっていうことで活動を続けていました。友達の家に行くとか、先輩に会いに行くとか嘘をついて毎月富山にいっていました。私は昔のころから虚言癖がありましたので大学を卒業した頃には嘘つくのが全然平気になっていました。でやめたきっかけとは親との絆が無くなったことと他人に対して嘘をつくのが嫌になったことです。
(中略)
宗教を続けていて自分は変わらなかったし、毎回毎回嘘をついて人の信頼を裏切って大学と社会人の5年間を無駄にしました。

悲しい体験だったでしょうが、それでも親鸞会をやめられて本当によかったと思います。

親鸞会ではやめるひとを「仏法わかってなかった」「真剣に聴聞していなかった」といいますが、そうではないでしょう。隠し事だらけの「世界唯一の善知識」を盲信することができず、嘘をつき続けることに耐えられなくなった人がやめて行くのです。

逆にやめられない人は、「世界唯一の善知識」を盲信するほかに心のよりどころがなく、嘘をつき続ける罪悪感が麻痺してしまった人です。そんな人を私はたくさん見てきました。だから相手を見下し、嘘をついてまで人を貶めなければ、自分たちの尊厳を保てないのです。

この「真宗時評」のブログを書いている人は、まさにそこまで達してしまった人なのでしょう。そうなると、一生親鸞会に依存するしか生きる道はないのかもしれません。

願わくば、そうなる前に親鸞会を後にされんことを。

| | コメント (1)

1万年堂出版のエッセイスト木村耕一氏は、親鸞会の講師部員です。

1万年堂出版から、木村耕一氏の著作、『思いやりのこころ』が出版されました。

この1万年堂出版は親鸞会の関連会社である「チューリップ企画」の出版部門であり、高森顕徹会長の本を売るために設立された所です。詳しくは、明橋大二氏と親鸞会が詳しいので、そちらをご覧ください。

この木村耕一氏も実は1万年堂出版の編集部長である山崎豊氏のペンネームであり、山崎豊氏は浄土真宗親鸞会の講師部員です。もちろん、本には一言も書いていませんが。

別に編集部長が別のペンネームで本を書いても何も問題ではないと思いますが、山崎氏は自分が親鸞会の講師部であることをひた隠しにして、親鸞会の行事に毎回出席するも制服もバッチもせず、一般会員にもその事実を隠しています。

それでいて、会内では完全に講師部員としての扱いを受けていて、講師部だけの行事にはきちんと参加して、そこでは講師部の制服とバッチをしているそうです。

そんなに、隠さなければならないことですか山崎さん。

親鸞会はカルト宗教ではない、親鸞会は今までに犯罪を犯したことはないと胸を張る割には、勧誘をするにも社会に出るにも徹底的に「親鸞会」であることを隠し続ける団体。ネットでは相変わらず批判者の人格攻撃と大量の親鸞会擁護サイトの生成で、自分たちに向けられる批判を隠そうとしています。

こんな団体が信用されるわけはありません。だから、なおさら隠すのでしょう。

| | コメント (8)

親鸞会被害家族の会のHPがリニューアル

親鸞会被害家族の会のHPがリニューアルされていました。
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

親鸞会は被害家族の会の活動がよほど気に入らないのか、「反論サイト」の制作に大変熱心です。それらのサイトを読むと、「被害家族の会はネットだけの実態のない組織だ」と言う指摘があります。

しかし顧問弁護士の存在や、詳細な活動実績を見ると、親鸞会の指摘は単なるネガティブ・キャンペーンに過ぎないようです。事実各地で講演活動や大学当局への情報提供、相談業務や集会を行っているようで、様々な新宗教団体の「被害家族会」の中でも非常に活発であると聞いており、脱会カウンセリングなどの実績も上げているようです。

親鸞会は今後もひたすらこの会の存在を貶めるのでしょうか。それともこうした会の存在を認めて話し合いをし、反省すべき所は改めるのでしょうか。

後者を選択するような賢い団体ならば、ここまで会員が離れて行くこともなかったでしょう。親鸞会ではよく「命がけ」という言葉が口にされますが、外向きにはそう言えても、内では自らの保身を優先して組織を批判することもありません。

こうした組織が、やがて腐敗し、崩壊するのは歴史が証明しています。被害家族の会の存在が必要とされない時期が来るのは、そう遠い未来では無いでしょう。

| | コメント (0)

財施は手を変え品を変え

かつて「世界の光親鸞聖人」なるアニメが完成し、その募財が募られたときに、「このアニメで真実の大津波が真宗十派を飲み込む」「竜華の御代まで続く戦い」と言われましたが、実際は真宗十派の地位は揺らがず、アニメは数年経つと殆ど売れなくなり、少なくない販売員が心療内科を受診するほどその活動は苦しいものとなりました。

1万年堂出版から「なぜ生きる」が出版されたときも、同様の宣伝文句で募財が募られ、ブックランキングに掲載させるために組織的な購買活動まで行われましたが、会員数は漸減を続け、本は特に世間の話題にもなりませんでした。(参考:明橋大二医師と親鸞会

1万人収容の正本堂が完成したときも、毎回のように機関誌での宣伝がなされ、「器に応じて人は集まる」と参詣者の増大に期待を持たせ、高額な募財の推進が繰り返されました。しかしできあがってみても特別参詣者が増えたわけでもなく、会員の漸減傾向は相変わらずでした。

宣伝と頻繁な募財が繰り返され、何度かのイベントが過ぎて行きましたが、過大な奇瑞や成果の発表の割には会員数は減り続けており、すでに7000人を切ったという報告もあります。

さて、今回の「聞法ドメイン財施」です。5億の弁当屋に代表される総額20億のプロジェクトを顕正新聞も顕真も毎回の如く掲載し、これで親鸞会が大発展するかのような書き方をされています。

しかし安心(?)してください。多分、何も変わりません。顕正新聞には「喜ぶ会員さんの声」や「先生に感謝する言葉」がきらびやかに載せられるでしょうが、うわべだけです。

そしてドメイン財施が終わったら、また新しい財施が始まるでしょう。相変わらず事業の内容は不透明なままで、これまで通り、集めたお金の使途が公開されることもないでしょう。

親鸞会は、常に何かをぶちあげて、そのたびにお金を集めないと、とてもやってゆけない団体になってしまったのです。ですから、財施は手を変え品を変え、親鸞会が無くなる日まで続きます。

以下は追記…アニメのパロディーですが、親鸞会の実情をよくあらわしていると思います。

375 :神も仏も名無しさん:2007/08/07(火) 17:12:17 ID:v6moEqDG
 
日野左衛門「ああ。ウン?どうした二人とも。うかねえ顔して……」
多作   「いや、また、出せと言ってきたんだ」
日野左衛門「何?誰だ」
権太   「親鸞会だ」
日野左衛門「また、支部長が、金くれと言っとるんか」
権太      「今度は、同朋の里のリフォームじゃと」
多作      「この前は正本堂やったし、今度は同朋の里じゃ。何だかんだと、とりよる」
日野左衛門「ばーか。出すお前らが、馬鹿なんだ」
 
日野左衛門「あんな生臭講師に、何で、金なんか出すんじゃ」
権太      「お前は、いつも、そう言うがなぁ」
日野左衛門「そうじゃねえか。駐車場を整備するだの、弁当屋建てるだのと言って、酒くらったり、タラフク旨い物食ってやがるんだ。腐れ講師どもめっ!」
多作      「そうだがなあ」
 
権太      「いざと言う時、困るからなぁ」
日野左衛門「何じゃ。いざと言うのは……後生の一大事か」
多作      「うーん」
日野左衛門「バカ言え。後生の一大事と言ったって、ワケの分からんビデオ見せて、金持って行くだけじゃねえか。あいつら!」
権太      「しかし、正御本尊も、返さねばならないでな」
日野左衛門「そこが、奴らの付け目なんだ。人の弱みに付け込みやがって、好きな事やってやがる。畜生!」
 
日野左衛門「さっきもな、俺が書類出しに行ったらよぉ、布教局室の中でな……」

| | コメント (0)

親鸞会、また法論で惨敗。

親鸞会教義の問題点を問う、という法論が行われたようです。
http://sinran2.blog115.fc2.com/

親鸞会講師部の原田講師が、mixiで親鸞聖人のコミュニティを運営していましたが、それに元親鸞会会員の林氏が、親鸞会を除名された上田氏の説法サイト「浄土真宗講義」へのリンクを書き込んだところ原田講師が削除。そこから法論がスタートしたようです。

法論は親鸞会の本尊についての疑問を林氏が投げかけたことに始まりますが、親鸞・蓮如・覚如上人の根拠をもとに親鸞会の誤りを指摘する林氏にたいして、原田講師は終始「聖教の解釈が軽薄」「わかってない」「相手にしている暇はない」「嘆かしいほどに妄想が深く、思い込みが激しい」といった返答しかできず、肝心の林氏の指摘には全く反論できませんでした。

最後は、「教えの通りの、真実の弥陀の救いを体験しなければ絶対にわからないことでございます。」との一点張りです。それに対して林氏は、「はらりんさん(原田講師)は弥陀の救いを体験したからハッキリしたのか?」と聴きますが、それに対して原田講師は、

わたしは、はじめから貫いて申し上げているとおり、
はじめから議論などやるつもりもなく、
まともな議論など、はじまってもおりません。
こんなやりとりは議論のうちに入りません。
無視だけせずに反応しているだけですよ。

と答えています。弥陀の救いを体験したのならば、体験したからそう知らされたのだといえばいいと思いますが、答えられないのは体験していないからなのでしょう。

ならば「絶対にわからないこと」を根拠に、林氏を「妄想だ」「解釈が軽薄」「わかってない」と決めつけていたのですから、痛々しいにもほどがあります。

私はこの法論は次の林氏の発言が全てを象徴しているように思えます。

ご自身が「絶対にわからないこと」と明言されているのですから、これ以上の議論は無駄でしょう。
しかし、それなら、最初から「私にはわかりません」と仰って頂ければ良かったと思いますが。

お聖教との矛盾を指摘されても、「信心決定しなければ分からない、深い御心があるのだ」と信じているのが、親鸞会なのですね。
これで、親鸞会に対する疑問に、一つの答えが出ました。ありがとうございました。

覚如上人がなんと言われようと、したとすら明言できない体験を根拠に自説を押し通し、疑問を持つ相手を「妄想」と決め付けるのですから、もはや彼らは浄土真宗ではありません。

本願寺が木像を本尊にしていることについては、

本願寺には親鸞聖人や蓮如上人よりも、信心も教学も深い人がいられるとみえて、何かと小賢しい自分の思考を入れて、最も重要な御本尊のことまで親鸞聖人や蓮如上人のなされたようにしようとはしていませんが、これが親鸞聖人に還れと教える者の態度でありましょうか。(こんなことが知りたい3)

と指摘しておきながら、自分たちの姿も全く同じことに、彼らは気付いていないのでしょか。

さらにこんな発言もありました。

●あの公開討論の文面は、すでに文章が操作されています。
自分たちの都合のいいように変更されたものです。
全文や裏もすべて知れば、上田や齊尾がいかに悪賢く、
悪質であるかがわかるでしょう。

公開討論と言うのは、親鸞会の福田講師が最後に返答できず逃げてしまった公開法論の事を指しているのでしょう。操作されていると主張する割には、どこが操作されているのかと聞かれても何も答えられなかったようですが。

勝ち戦は本まで出して大々的に会員に発表するのに、負け戦は「文章が操作されている」などとその実態を隠蔽するのならば、第二次大戦のどこかの国と殆ど一緒といって差し支えないでしょう。

8月1日の顕正新聞では、こんなことが書いてあります。

身を粉にしても伝えたい、骨砕きても知らせたい。
自分はどんな目に遭ってもいい。これだけは分かってもらいたい。
人間が果たしてこんな気持ちになれるものだろうか?

親鸞会って本当に口だけです。

「自分を批判しない人だけに伝えたい、お金を出す人にだけ知らせたい、自分は批判されたくない、負けた法論や高森会長の盗作疑惑は捏造だと分かってもらいたい」

こう書き換えてみてはどうでしょうか?弘宣部長。

ジャーナリスト(自称)ならばいつまでも組織の提灯記事ばかり書いてないで、たまには真相に切り込む文章をお願いしますね。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »