« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

自らが育てた親鸞会批判

『なぜ私は親鸞会をやめたのか』というサイトと、それに反論する為に親鸞会弘宣部が作った『なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで』というサイトがあるのは、ご存じの方も多いでしょう。

この二つのサイトの作者が、過去にメールにて議論をした内容が全てネット上で公開されています。最終的には親鸞会弘宣部が反論に行き詰まり、一方的に議論を打ち切った上で、『なぜ私は親鸞会をやめたのか』の作者への個人攻撃に方針を切り替えているのは、皆さんもご存じの通りです。

さて、そのメールの中にこんな文章を見つけました。

私は「『なぜ私は親鸞会をやめたのか』を読んで」の管理人である貴方に、大変感謝しています。あなたが反論サイトを立ち上げて下さったおかげで、私も自分の書いた文章を見直し、考察も深まり、新たなコンテンツを立ち上げてゆく事が出来ました。

また、あなたのサイトとの論争が話題になり、多くの現役会員の方や、元会員、会員の関係者、大学教授といった方からメールを頂き、執筆や投稿、サイト管理に 協力して下さる方々もおられました。情報を提供して下さる現役会員の方々も数多くおられました。そして、私のサイトのアクセス数もかなり増え、多くのサイ トからリンクもして頂きました。

おそらく、「『なぜ私は親鸞会をやめたのか』を読んで」の管理人であるあなたがおられなければ、私も「なぜ私は親鸞会をやめたのか」というたった一つのサイトを立ち上げるだけで、終わっていたことでしょう。

これは単なる強がりなのか、本音なのか。この二つのサイトの歴史を見てきた立場から言うと、おそらく本音なのではないかと思います。『なぜ私は親鸞会をやめたのか』は膨大な量のコンテンツと内部情報から成り立っており、執筆者や資料の提供者が複数存在しています。それらの人々が力を合わせた経緯が、親鸞会弘宣部が繰り広げたネット対策や徹底したネガティブ・キャンペーンによる怒りであったことは、よく知られている通りです。親鸞会が常識的な対応と対話を行っていれば、ここまでコンテンツが拡大することは無かったはずです。

最近話題になっている親鸞会 公開法論もそうでしょう。親鸞会被害家族の会にしても彼らを団結させたのは親鸞会の不誠実な対応だったと言われています。

毎年新入生勧誘の時期になると、ネットで親鸞会の情報を知ってやめる人が続出しますが、その種はまさに彼ら自身がまいたものだと言って差し支えありません。

問題は、親鸞会がどうやって自らが育てた親鸞会批判を刈り取って行くかです。今までのようにネット上に批判者を罵倒するコンテンツを大量生成するのか、自らの過ちを認め改める所は改め対話を試みるのか。

賢者の道が後者であることは自明ですが、おそらく親鸞会のとる道は前者でしょう。その結果はまたもや彼ら自身が刈り取って行かなければなりません。

| | コメント (0)

反カルト運動をしている人は

世の中には色々な「問題のある宗教」があります。もちろん親鸞会もその中のひとつですが、他にも統一教会や摂理、顕正会といった団体が存在しています。

そして、それらの団体がらみの相談を受け付け、社会問題として取り組んでいる人たちもいます。そうした人たちは大概において、対する教団側からスパイを送り込まれたり、徹底的なネガティブ・キャンペーンを受けたりしています。

たとえば統一教会は自分たちを批判する牧師と「反牧」と呼び、徹底的に攻撃しています。

教団を批判する人の意見をきき、対話し改善の礎としたならばお互いにとって利益になると思うのですが、そんな常識的な団体ならそもそも「カルト」にはなりません。

さて、親鸞会はどうでしょうか。残念ながら、統一教会や摂理、顕正会などと同じ道を歩んでいるようです。

自分たちの姿が見えないのでしょう。

| | コメント (0)

我々を批判しないと誓約しないと、預かった金は返さない

久しぶりに見ました。親鸞会・公開法論2。以下、親鸞会の福田支部長より齊尾氏に送られたメールから抜粋。

 おやおや、かなりあわてているようですね。

 確かに、親鸞聖人のみ教えとは何の関係もない、異常な精神状態の告白です。

 また、始まったね。これが、君のごまかしであり、逃げなのです。

 もっとまじめになりなさい。

 あまりにも、異常ですからね。

 猛省せよ。そして、しっかり教学を勉強しなおしなさい。

 頭を冷やして、よ~く考えてみましょう。

 こういうのを、戯論、愚問の典型と言うのです。
 もっと落ち着きましょう。

 率直に言うと、君の質問は、君の混乱した頭で作ったものばかりで、
 そもそも基本的におかしいのです。

 君たちの、あまりにも異常な言動に、みなさん、もうあきれ果てておられます。

 私も、何とかしたいとは思いますが、今の混乱しきった君たちの精神
状態を考えると、どうもまともな議論は難しいようです。

最初は落ち着いて法論に挑んでいた親鸞会ですが、ついにこんなになってしまいました。よほど、余裕が無くなったのでしょう。

他にも、公開法論3では、高森光晴布教局長が上田氏から預かったお金を返すのに、「親鸞会を批判しない」といった誓約を求めていることが明らかになっており、金銭の返却にそのような条件を付けるのは違法だとの上田氏の指摘を受けて、高森氏はすごすごとお金を返しています。

そんなに、批判されたくないですか?親鸞会さん。

法然、親鸞両聖人は仏教界からの非難攻撃から一歩も引かずに他力本願の教えを明らかにされましたが、その名を受け継いだ親鸞会の大幹部が「我々を批判しないと誓約しないと、預かった金は返さない」と退会者に対して要求しているとしたら、あまりの情けなさに唖然とするほかありません。

そろそろ、親鸞会という名前を返上して、高森会にしては如何でしょうか。その方が会の実態をより鮮明に反映していますし。

顕正新聞に毎回掲載される、妙に空虚な高森賛美の声の裏で、退会者に対する「異常な精神状態」「混乱しきった頭」といった言葉。

念のため申し添えますが、これは小学生同士が喧嘩しているのではありません。親鸞会で最高の学位を持つ専従講師の言葉なのです。

これでは、親鸞会が他のカルト宗教と同一視されても、仕方ないでしょう。似すぎてますから。うちはカルトではない、と叫んだところで、自らの行動そのものがそれを否定してしまっているのですから。

※当初親鸞会は一週間以上回答してないと書きましたが、これは私の誤りでした。申し訳ありません。

| | コメント (3)

大阪大学『ラビ(Lavie)』は親鸞会のダミーサークルです

大阪大学では、『古典を哲学する会(通称、こてつ)』という親鸞会のダミーサークルがありました。しかしこれは以前のエントリで報じたとおり、統一協会、摂理のサークルと共に公認が取り消されています。

『古典を哲学する会』は現在も存続しているのですが、今年からこれとは別に新しいサークルを立ち上げ、勧誘活動をしているようです。

それが、『ラビ(Lavie)』というサークルです。すでになぜ私は親鸞会をやめたのか内の親鸞会資料室にて、そのチラシや行事案内が公開されています。

親鸞会学友部のやり方として、サークルの悪い評判が広まり勧誘に支障が出てくると、サークル名を変えるか別のサークルを立ち上げるなどして、新たに勧誘を始めるといった傾向があります。評判が悪くなれば我が身を反省してサークルの信頼回復に努めるのが普通の考えだと思いますし、仏法者を自称するならばなおさらそうだと思いますが、彼らにはその発想が無いようなのです。

ですから、今年も臆面もなく新しいサークルを立ち上げているのでしょう。

リンク先のチラシを見ると、とてもこのサークルが仏教のサークルだとは思えませんが、『ラビ』はれっきとした親鸞会のダミーサークルであり、親鸞会学友部が新入生への布教のために立ち上げた下部組織です。

大阪大学の方へ。もし自分の知り合いがこうしたサークルに所属しているという心当たりがあれば、是非教えてあげてください。また、自分が『ラビ』に入っているという方。自分たちの正体を隠して近づいて布教するサークルが果たしてまともなところなのかどうか、よくご自身で考えて、出来れば学生課などに相談されることをおすすめ致します。

| | コメント (0)

親鸞会のmixi布教

近年、親鸞会では顕正(布教と同義)が推進されていることは以前にも書きました。これは近年の会員の減少が背景にあり、せっかく大きな正本堂を建てたのに、人が埋まらない、という危機感があるといわれています。

月に一度の定例の法話でも参詣者数は定員の半数にも満たず、アニメ勉強会に至ってはがら空きに近い状況だそうです。どちらも高森会長自らが説法する行事です。

そこで様々な手段での勧誘が試みられているようなのですが、その中で最近聞いたのはmixi(ミクシィ)顕正というものです。(日本最大のSNSとして有名なので詳細な説明は省きます。詳しくはこちらをご覧ください)

多数の親鸞会の講師部員や職員、会員がmixiに登録をし、自分の出身校や出身地域を公開し、それらのコミュニティに参加することによってかつての知り合いや友人を捜し出し、布教しているようです。

親鸞会で熱心に活動していると、気がついたら親鸞会以外に友人がいなくなってしまうことが少なくありません。そうやって失われた人間関係を、mixiによって掘り出し、布教につなげようという思惑です。

実際に親鸞会の講師部員のプロフィールを数多く見つけましたが、金太郎飴を切ったが如く似たようなものになっています。日記はとるに足らない日常的な話題で埋め尽くされており、自分の職業(親鸞会の講師部)を伺わせるような事は何ら書かれていません。

長いこと接触のない高校時代の友人から連絡があり会ってみると、公明党への投票を求められたり宗教への入信を勧められたり、果ては高額な商品をセールスされたりと言ったことはよく聞きます。

たとえ布教目的であろうと、彼らが古い友人と連絡を取り多くの外界の人たちと交流することによって、親鸞会に疑問を持つきっかけになればいいのですが。

| | コメント (2)

高森会長の死と親鸞会の衰退

親鸞会被害家族の会の掲示板に、こんな記事がありました。
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=1639_1624

先月、久しぶりに富山の会館に行きましたが、参詣されている方が減ったような印象を受けました。親鸞会を経済的に支えている人の多くが高齢者と青年層で す。高齢の方は、あと何年おられるか分かりませんし、青年層の人も結婚や子育て、仕事でも責任が重くなり、30代になると殆どやめてしまいます。

他にもいくつかの方から、「親鸞会の会員、参詣者は減っている」という話を聞いています。

親鸞会の教義上の問題点、勧誘活動が統一協会や摂理と酷似していること、献金の実態、高森会長の盗作疑惑や過去の経歴、組織の恥部などがどんどんネット上にあがってきているのもその一因でしょう。若い人はそれを見てやめて行きます。

ご高齢の方はネット上のこうした情報は届きませんが、会員の高齢化で活動が出来なくなったり、なくなられたりする方が後を絶ちません。実際に地方の支部では活動員の減少が深刻な問題になっています。

これは親鸞会だけの問題ではなく、例えばエホバの証人などもネットの情報が影響して若い人が減り、構成員の高齢化が問題になってきているそうです。

さらに、高森先生ご自身がご高齢のため、あと何年ご説法をされるか分かりません。そうなれば、急激に会員数が減ることが予想されます。
現実的な問題として、講師を含めた親鸞会の職員の多くの方の、収入の道が絶たれると思います。

これはおそらく多くの親鸞会の講師部員や職員が、口には絶対に出せないながらも不安に感じている事なのでしょう。

高森会長の死後、親鸞会は縮小均衡に向かうのか、クラッシュするのか、果ては分派するのか。どうなるか分かりませんが、現役の講師や職員の方は「唯一絶対の善知識」などという不確かな幻想に人生を預けるのではなく、どうか自らの将来を見据えて、親鸞会と共に沈むようなことの無いようにして頂きたいと思っています。

| | コメント (2)

東京大学の「世界の名著に学ぶ会」は親鸞会のダミーサークルです

東京大学は古くから親鸞会の勧誘が行われていた所です。
以前は「人間科学愛好会」というサークル名で活動していましたが、問題があり公認が取り消されています。

その後は色々サークル名を変えながら生き延びてきたようなのですが、今はこのサークル名で活動しているようです。

『世界の名著に学ぶ会』
http://sekaimeicho100.cocolog-nifty.com/
http://greatbook.jugem.jp/

哲学や読書といったテーマが主眼のサークルのように見えますが、実態は親鸞会が布教を目的として作った下部組織です。

早速勧誘された人がネットでその正体を明らかにしています。

宗教的破壊系カルトサークル

この記事によると、『哲人』というサークルも親鸞会のダミーサークルだそうです。(こちらはまだ裏がとれていませんので、あくまでソースは上記のブログです)

親鸞会の学友部は、ここ数年勧誘成果がふるわず、それを挽回すべく今年も大勢の職員を投入して大規模な勧誘を行っているようです。

大学生の皆さん、親鸞会の正体を隠した勧誘には十分に気をつけてください。

| | コメント (2)

親鸞会 公開法論

親鸞会 公開法論

親鸞会ビデオ講師を除名された上田祥広氏、齊尾氏と、親鸞会元教学部で学師という最高の学階を持ち、今は支部長をしている福田琢也氏との法論が公開されています。

最初に法論を持ちかけてきたのは福田氏なのですが、その経過で『弥陀の呼び声を聞くための絶対必要条件が、人間の言葉を「聴く」ことである』という、浄土真宗の教義に全くない主張をし、その後この事について齊尾氏が質問しても、

これ以上、時間を浪費している暇がありません。
早く話を決着させるために、以下のようにさせてもらいます。

と勝手に決めて、全く答えようとはしていません。

自分の言葉には自分で責任を持つのが仏法者だと思いますが、福田氏の無責任な返答は、私には答えられずに話題をそらして逃げているとしか見えません。皆さんはどうでしょうか。是非一度リンク先の法論を読んで、考えてみて欲しいと思います。

もっともこの「話題そらし」や「相手の主張の勝手な決めつけ」は親鸞会の法論における常套手段のようで、親鸞会は本当に本願寺に勝ったのかというブログでもそうした親鸞会のやり方を明らかにしています。

この法論、最終的にどういった決着がつくのか分かりませんが、今の時点で一つだけ言えることがあります。

相手の質問から逃げたり誤魔化したり、相手の主張を勝手に決めつけたり、人を見下したりするような人が「真実を説いている」と言ったところで、誰からも信用されないと言うことです。

汚れた真実を必要とする人はいません。仮に一時支持する人がいても、いずれその正体を知るにつれ離れて行くでしょう。親鸞会の会員が減少しているのはその結果なのです。

| | コメント (0)

大量のスパムサイトを作成する親鸞会という宗教団体

唐突ですが、今日は沢山のスパムサイトをご紹介いたします。

http://shinrankai.suppa.jp
http://shinrankai.karou.jp
http://shinrankai.gamagaeru.jp
http://shinrankai.gamagaeru.jp/sub01.html
http://shinrankai.komusou.jp/sub/ghrser.html
http://shinrankai.mukade.jp
http://shinrankai.ninja-mania.jp
http://shinrankai.kurushiunai.jp
http://shinrankai.ifdef.jp/sub/568884.html
http://shinrankai.kanpaku.jp
http://shinrankai.kaginawa.jp
http://shinrankai.harisen.jp
http://shinrankai.kusarikatabira.jp
http://shinrankai.namekuji.jp
http://shinrankai.the-ninja.jp
http://shinrankai.syuriken.jp
http://shinrankai.ninja-x.jp
http://shinrankai.cyber-ninja.jp
http://shinrankai.tonosama.jp/sub/iwnfjiw.html
http://shinrankai.wakatono.jp
http://shinrankai.genin.jp
http://shinrankai.xxxxxxxx.jp/sub/ihyeujn.html
http://shinrankai.jounin.jp
http://shinrankai.onmitsu.jp
http://shinrankai.ojaru.jp/sub/594561.html
http://shinrankai.nukenin.jp

皆さん、これは何だと思われますか?
関心のある方は是非URLの内容を見てみてください(リンクは貼りません。ご面倒ですが、URLをコピーしてブラウザのアドレス欄に貼り付けてみてください)

たとえば、http://shinrankai.gamagaeru.jp/を見ると、

『親鸞会歌劇団夢組トップスターのまことさんが、劇場で上演された「教師びんびん物語?散る花の如く」の千秋楽で、T劇団を「卒業」した。親鸞会は最後の記者会見で、「もうあきちゃったし、歳だし」と長い事明かされずにいた退団理由を表明。結婚の予定もなく、退団後の芸能活動も行わない。親鸞会恒例の劇場前パレードにはファン8,000人がお見送りに終結。』

という全く意味不明の文章が書いてあります。どのサイトもこんな感じの無意味な文章が入り、「浄土真宗親鸞会批判の真実」「親鸞会ちゃんねる」といった親鸞会関係のサイトにリンクが張ってあります。

http://shinrankai.gozaru.jp
http://shinrankai.komusou.jp
http://shinrankai.ifdef.jp
http://shinrankai.bufsiz.jp
http://shinrankai.tonosama.jp
http://shinrankai.xxxxxxxx.jp
http://shinrankai.nengu.jp
http://shinrankai.ojaru.jp
http://shinrankai.client.jp
http://shinrankai.client.jp/2.html
http://shinrankai.ashigaru.jp
http://shinrankai.himegimi.jp
http://shinrankai.harisen.jp

これらは既にある親鸞会関係ブログの過去ログをコピーしたものが大量に貼り付けてあります。そしてお決まりですが、さまざまな親鸞会関係のサイトにリンクが貼ってあります。

http://shinrankai.michikusa.jp
http://shinrankai.at-ninja.jp
http://shinrankai.kanashibari.jp
http://shinrankai.ninpou.jp
http://shinrankai.nomaki.jp
http://shinrankai.o-oku.jp

これはほとんどリンクだけのサイトです。これらは短時間で私が見つけたごく一部のサイトで、探せばもっともっと出てきます。さて、どうしてネット上にこんなおかしなサイトが増殖しているのでしょうか?

親鸞会の弘宣部の活動として重要なものに「ネット対策」があります。そのひとつが、「親鸞会を批判しているウェブサイトを見られないように工作する」事です。

その為に過去には弁護士を使って、親鸞会を批判するサイトを「名誉毀損だ」とプロバイダに圧力をかけ、次々と閉鎖に追い込んできました。しかし最近になってそうした圧力をかけても閉鎖しない批判サイトが増え、あまつさえ「親鸞会」で検索すると上位にヒットするようになってきました。

そこで、多くのサイトからリンクされればされるほど、リンクされたサイトは検索順位が上がるという検索エンジンの傾向を利用して、親鸞会側のサイトを大量に立ち上げ、それらにこうした膨大なスパムサイトから更なるリンクをすることにより、批判サイトを検索結果の上位から排除しようとしているようなのです。

他にもたくさんありますよ。

http://seo-globallink.com/NDU0YT/agasalink_2152/yD_nVlU_.html
http://baytokyo-oc.com/YjIxMT/agasalink_2152/yD_nVlU_.html
http://baytokyo-oc.com/YjIxMT/agasalink_2152/uAD3M8NG.html
http://www.gsin.co.jp/YzZmNG/agasalink_2152/XHXZouYJ.html
http://www.sc-guide.com/NzVkYW/agasalink_2152/rAkN_oTG.html
http://members2.jcom.home.ne.jp/beeslane/ZTQ0MT/agasalink_2152/rAkN_oTG.html
http://mr-land.jp/NDY5MW/agasalink_2152/rAkN_oTG.html
http://www.sc-cal.com/NTAzNz/agasalink_2152/XHXZouYJ.html
http://www.rwf.ac.jp/NGI1YW/agasalink_2152/XHXZouYJ.html

もちろんこれらのサイトもみんな親鸞会側のサイトにリンクされています。

この手のスパムサイトは調べれば何百個と出てきますので、これ以上は省略しますが、色々調査した結果、「検索順位を上げる」、いわゆるSEO(検索エンジン対策)業者も使っているようです。実は業者の名前まで分かってしまいましたが、ここではそれを書くことは控えます。

大量の人手と多額のお金を払ってまで検索順位を操作しようとしているのは一体誰なのか、それはこれを見ている皆さんが各自考えてみてください。

そういえば、「なぜ私は親鸞会をやめたのか 反響集」に、こんな投稿が掲載されていました。

真実の仏法をあきらかにしようとすると、非難の嵐が起こるものだと、親鸞会でそんなふうに言われているのを聞いたことがあります。

もちろん、いわれない中傷を受けることもあるでしょうが、世の中そんなに頭の悪い人たちばかりではありません。
「親鸞会に対する批判者は悪者だ!」
と短絡的に決め付けず、何故批判されるのか、批判されずに進める道はないのか、さらには好意的に認められるにはどうしたらよいのかを考えてもらえたらと思わずにはいれません。
そういう自己浄化能力が親鸞会にあるとわかれば、誰もアヤシイ団体だとは思わないはずです。

「自己浄化能力」が果たして親鸞会にあるのかどうか。これらの一連のスパムサイト群の存在自体が、ある意味その問いに答えていると言えるのではないでしょうか。

| | コメント (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »