« 親鸞会は今年も正体を隠して勧誘しています | トップページ | 本願寺の陰謀と唯一無二の善知識 »

親鸞会の家族問題

親鸞会被害 家族の会の掲示板に、元会員であるピグレット氏が投稿された文章を、参考までに、転載します。

着目すべき点は、親鸞会のことで家族問題が起きていることが報じられるようになってから、その後、ネット上で親子関係、家族の絆をテーマにした親鸞会のサイトが次々と作成、公開されてきた、ということです。

ジョーさんが紹介された親鸞会関係のサイトのリンク集には、ここのサイト、すなわち「被害家族の会」のサイトを批判するサイトが紹介されてありました。
そ のサイトの主張も併せて見てみると、親鸞会が主張していることは、親鸞会は親子関係、家族の絆を大切にしている教団であること、当初は不審に思うような親 はいてもそれは親鸞会をよく知らないからで、知ってもらえばその教えによって親子関係がかつてより以上に良好になっていること、それにも関わらず「被害家 族の会」のように親鸞会のことで家族問題が起きているかのように報知していることがあるのは、親鸞会をこころよく思っていない本願寺の陰謀で、記事はその 陰謀による事実無根の捏造であって、そういうことに騙されてはいけませんよ、ということのようです。

たとえばエールさんが「被害家族の会」サイトを「憶測と、妄想、針小棒大で出来上がっているサイト」「事実と違うことを捏造」と批判されていることは、こうした親鸞会の主張を踏襲したものなんでしょう。

何にしましても真っ向から主張していることが食い違っているわけです。
お そらく「被害家族の会」のようなサイトの存在がなければ、親鸞会も「親子の集い」のようなサイトを作成することはなかったでしょう。「親子関係や家族の絆 を大切にする」ということは社会的には至極当然のことであって、わざわざ宗教団体が強調しなければならないことではないですよね、本来は。

親鸞会の会員が思っている「本当の家族」とは親鸞会の機関紙で「仏法で結ばれた本当の家族となれて、幸せです」「家族三人、純会員を目指し、本当の家族になれるよう努力したい」と述べてあるように、親鸞会で説かれる仏法のみ純粋に中心として結ばれた家族をいうのでしょう。

「親 泣かせの宗教運動」として報じられたことがある宗教団体も「真の家庭運動推進委員会」「世界平和家庭連合」「世界平和統一家庭連合」「喜びの家庭再建委員 会」などと名乗って活動し、自分達の団体が如何に「真の家庭」「喜びの家庭」を目ざしているかを勧誘段階で強調しているようですが、「親泣かせの宗教運 動」という報道や教団がらみの家族問題が実際に起きていなければ、こうしたことを強調せざるを得ない方向には行かなかったのではないかとも思われます。

ピグレット氏の主張を要約すると、親鸞会が家族の絆云々を強調するのは、親鸞会に対して家族問題についての一定の批判が存在するからであり、いわばその裏返しである、という事なのでしょう。

以前拙宅にエホバの証人の布教が来たときに、「あなた方の教団は沢山の家族問題を抱えているがその点をどう考えているか?」と訪ねたところ、それはマスコミやネットが勝手に言っているだけで、本当はそんなことはない。家族仲良く真実を求めている人も沢山いる、という回答が帰ってきたことがあります。

親鸞会と同じだなぁと思ったものです。今は機関誌である顕正新聞にも「仏法聞いて家族問題が改善した」的な記事がよく掲載されています。

家族そろって親鸞会に入信すればそういうこともあるのかも知れませんが、問題は親鸞会の価値観を受け入れられない人が大部分であるという事です。ならば当然反対もあるでしょうし、それを「反対するのは教えが分からないから」「ネットの中傷を見て誤解した」「本願寺のねつ造に騙されている」と言った視点でしか見られないのなら、親鸞会の抱える家族問題はいつまで経ってもなくならないように思います。

しかし本当の話、親鸞会の人は自分たちの教団に多数の家族問題が存在する、という認識自体をもてない人が多いのではないでしょうか。反対している家族は当然親鸞会の集まりにはそんなに顔を出すわけはありませんし、顕正新聞には家族で仏法を求めている人の話が頻繁に掲載される訳ですから(同じ人の話題を繰り返し載せる事もあるようですし、掲載された家族がその後家族全員脱会した事もあるようですが)。

逆に私の元には親鸞会での家族問題に苦しむ人の相談が多数寄せられ、親鸞会で喜ぶ家族など来るわけはありません。どっちもどっちなんでしょうかね。

|

« 親鸞会は今年も正体を隠して勧誘しています | トップページ | 本願寺の陰謀と唯一無二の善知識 »

コメント

管理人サマはじめまして。
わたしは友人から誘われたのを縁に会員になって半年ほどの者です。

ブログの内容を興味深く拝見させていただきました。
もと幹部の方ということで、親鸞会における仏教の教義にも相当お詳しいものだと思います。

「教義的な面で決定的な間違いがある」と知れば私も親鸞会から離れたいと思いますが、このブログで問題提起されていることは「手段」についてばかりで、「目的」の真偽を判断できる情報が載せられていません。

その親鸞会の目的が真実が偽りかを判断する前に、手段の善悪は判断できるものではないでしょう。私には親鸞会で学んでいる仏教は学べば学ぶほど深く尊い教えで、納得のいく内容ばかりだと考えています。

幹事までやっておられた方なら相当お詳しいのでしょうから、良かったら親鸞会の教義の決定的な間違いがあれば教えてくれませんか?

親鸞会の組織的な問題があるとしても、仏法が真実ならば親鸞会を利用する形で会員に残りたいし。反対に、仏法が明らかに間違いならば、たとえ親鸞会が社会的に大きく称賛されている組織でも私は辞めます。このブログの情報を読む限りではまだ私には判断がつきませんので、よろしくお願いします。

投稿: 大学2年 | 2007年3月25日 (日) 23時52分

大学2年さん

こんにちは。ぶるうのです。書き込みありがとうございます。

>その親鸞会の目的が真実が偽りかを判断する前に、手段の善悪は判断できるものではないでしょう。

私も会員であった頃はそう思っていました。しかしあまりにも沢山のトラブルや苦しむ人が増えるにつれ、そうは思わなくなりました。

宜しければ、なぜ目的が真実ならば手段の善悪は判断できるものではないと思われるのか、聞かせてくださいませんか?

>私には親鸞会で学んでいる仏教は学べば学ぶほど深く尊い教えで、納得のいく内容ばかりだと考えています。

他の宗教に入信した人の体験談を読まれれば分かると思いますが、どの宗教に入った人でもそこの教えが深くて尊い教えだと考えています。私の友人で摂理の元信者だった人がいるのですが、やはりその人も摂理にいたときは「深く尊い教えだ、真実だ」と思っていたそうです。

中にいる人がそう思っていれば、社会的に問題のある手段を使って布教したり、組織に問題があってもかまわないのでしょうか。

>良かったら親鸞会の教義の決定的な間違いがあれば教えてくれませんか?

お尋ねしたいのですが、宗教の教義を正しいとか間違っていると判断する基準は何でしょうか。それが分からなければ、お答えをすることは難しいと思います。

お返事お待ちしております。

投稿: ぶるうの | 2007年3月26日 (月) 12時47分

ぷるうのさん、返信ありがとうございます。

>宜しければ、なぜ目的が真実ならば手段の善悪は判断できるものではないと思われるのか、聞かせてくださいませんか?

話が長くなりますが・・・
「目的」と「手段」は同価値だからです。どんなに素晴らしい「目的」があっても、そこにたどり着く「手段」がなければ「目的」の価値はなくなります。逆に「手段」だけがあって「目的」がなければその「手段」は無価値ですよね。どちらか片方だけでは成り立ちません。目的に価値があれば、そこに至るための「手段」はその目的と同じ分の価値があるといえます。

そこで、仏の悟りの一歩手前である正定聚の身にこの世でなれて、絶対の幸福の身になれると主張する親鸞会の仏法が真実であるならば、多くの人にその真実を伝えようとする「手段」もまた善と見なせると考えます。


(手段だけを論じて、かつ社会的な善悪について述べるならば、親鸞会の勧誘の面においては「社会悪」であると思います。)

>私の友人で摂理の元信者だった人がいるのですが、やはりその人も摂理にいたときは「深く尊い教えだ、真実だ」と思っていたそうです。

少し境遇が似ていますが、私の友達にカルトの統一教会に今現在ハマっている子がいます。(ちなみに、統一教会と摂理とは教義がほとんど同じ)。統一教会の教義としては、昔は「血わけ」儀式という方法で、教祖の文鮮明と交わることでその信者の原罪(人としての一番重い罪)がなくなるとされていました。しかし、今では文鮮明が信者同士の霊心体の相性(?)を見抜いて、適切な相手と合同結婚式で祝福を受けることで原罪がなくなり、でも文鮮明は性的に潔癖な存在となっている矛盾があります。

また、教義的には神様が真の父親であるはずなのに、メシアの文鮮明を「真のお父さま」と読んだりと矛盾が多数ありますし、そもそも聖書に書かれていない教義内容が多すぎます。

統一教会に関する本は4冊ほど読みましたが、その教義が矛盾で間違いだらけなのは明らかでした。

(統一教会の信者は食事と睡眠が不十分な30日間の洗脳合宿で、合宿最後の日に「なぜ文鮮明がメシアなのか?」の理由が説明されることもなく、感情を揺さぶることで無理矢理に信じ込ませているようです。親鸞会ではありえません。)

今現在はわたしは親鸞会の会員ですが、ネットでの批判的な情報も浴びるように見ています。その関係で信仰はなかなか進みませんが、いまだに親鸞会を脱退しようと決心するにあたる教義の決定的な間違いを指摘する情報を見つけられていません。ゆえに、わたしが統一教会の教義の矛盾を指摘したように、親鸞会の教義の矛盾を指摘されない限り、やめようとは思いません。


>どの宗教に入った人でもそこの教えが深くて尊い教えだと考えています。

言いたいことはよく分かりますが、どの宗教の人もそう考えているからといって、親鸞会の教義が間違いだという理由にはなりませんし。。

>お尋ねしたいのですが、宗教の教義を正しいとか間違っていると判断する基準は何でしょうか。それが分からなければ、お答えをすることは難しいと思います。

教義が誤りだと判断する基準は「矛盾があるかどうか」じゃないでしょうか。

地獄があるという証拠を出せと言われても無理です。しかし、証拠がないからといって「地獄なんてのは100%ない」とも言えません。分からないのです。でも分からないから間違いではありません。

でも教義に矛盾があれば、それは間違いだといえる、ということです。

投稿: 大学2年生 | 2007年3月27日 (火) 01時51分

大学2年生さん

返信有難うございます。ぶるうのです。

> 話が長くなりますが・・・
> 「目的」と「手段」は同価値だからです。どんなに素晴らしい「目的」があっても、そこにたどり着く「手段」がなければ「目的」の価値はなくなります。逆に「手段」だけがあって「目的」がなければその「手段」は無価値ですよね。どちらか片方だけでは成り立ちません。目的に価値があれば、そこに至るための「手段」はその目的と同じ分の価値があるといえます。
>
> そこで、仏の悟りの一歩手前である正定聚の身にこの世でなれて、絶対の幸福の身になれると主張する親鸞会の仏法が真実であるならば、多くの人にその真実を伝えようとする「手段」もまた善と見なせると考えます。

有難うございます。仰りたいことはよく分かりました。

> (手段だけを論じて、かつ社会的な善悪について述べるならば、親鸞会の勧誘の面においては「社会悪」であると思います。)

会員さんではっきりと、親鸞会の勧誘面を「社会悪」と言われる方はなかなかおられないように思います。よろしければ、どういった面が「社会悪」と言えるのか、教えていただけませんか?また、そうした悪い面を改善する努力をするべきだと思いますか?


> >私の友人で摂理の元信者だった人がいるのですが、やはりその人も摂理にいたときは「深く尊い教えだ、真実だ」と思っていたそうです。
>
> 少し境遇が似ていますが、私の友達にカルトの統一教会に今現在ハマっている子がいます。(ちなみに、統一教会と摂理とは教義がほとんど同じ)。統一教会の教義としては、昔は「血わけ」儀式という方法で、教祖の文鮮明と交わることでその信者の原罪(人としての一番重い罪)がなくなるとされていました。しかし、今では文鮮明が信者同士の霊心体の相性(?)を見抜いて、適切な相手と合同結婚式で祝福を受けることで原罪がなくなり、でも文鮮明は性的に潔癖な存在となっている矛盾があります。

申し訳ありません。どこが矛盾なのでしょうか。よく分かりませんでした。また、血わけの儀式は教義として明確に定義されているものなのですか?

> また、教義的には神様が真の父親であるはずなのに、メシアの文鮮明を「真のお父さま」と読んだりと矛盾が多数ありますし、そもそも聖書に書かれていない教義内容が多すぎます。

親鸞会でも高森会長を「親鸞聖人のお生まれ変わり」「まさに親鸞聖人であり、阿弥陀さまであらせられます」と言われていますが、これは矛盾ではないのですか?
また、聖書に書かれていない教義内容というのはどのようなものでしょうか。

> 統一教会に関する本は4冊ほど読みましたが、その教義が矛盾で間違いだらけなのは明らかでした。

どのように矛盾で間違いだらけなのか、教えていただけませんでしょうか?

> (統一教会の信者は食事と睡眠が不十分な30日間の洗脳合宿で、

これはずいぶん昔の話ですね。今は統一教会の合宿では睡眠も十分に与え、みんなで食事を作ったり、スポーツなどのレクリエーションの時間もあるそうです。同様に親鸞会も今はそれなりにまともですが、昔はかなり無茶なこともやっていたようです。

>合宿最後の日に「なぜ文鮮明がメシアなのか?」の理由が説明されることもなく、感情を揺さぶることで無理矢理に信じ込ませているようです。親鸞会ではありえません。)

親鸞会でも合宿(夏合宿が多いように思います)で「高森先生は唯一無二の善知識」という案内がなされますが、理由は説明されますでしょうか。また、前向きな人を集め矢継ぎ早に体験発表をして、感情的に揺さぶったり、深夜まで入会説得をすることもありますが。

さらに顕真学院では30日どころではなく、精神的な圧迫を受けながら何年も毎日高森会長への絶対無条件服従を誓わされています。ある意味、統一教会よりも激しいと思いますが如何でしょうか。

> 今現在はわたしは親鸞会の会員ですが、ネットでの批判的な情報も浴びるように見ています。その関係で信仰はなかなか進みませんが、いまだに親鸞会を脱退しようと決心するにあたる教義の決定的な間違いを指摘する情報を見つけられていません。ゆえに、わたしが統一教会の教義の矛盾を指摘したように、親鸞会の教義の矛盾を指摘されない限り、やめようとは思いません。

阿弥陀仏の本願に救われるのに一切の善は必要ないと説きながら、一方で「何としても今生で信心決定するため、新本部財施に命をかけます」と顕正新聞に書いてあるのは矛盾ではないのでしょうか?

> >どの宗教に入った人でもそこの教えが深くて尊い教えだと考えています。
>
> 言いたいことはよく分かりますが、どの宗教の人もそう考えているからといって、親鸞会の教義が間違いだという理由にはなりませんし。。

そうですね。私の言いたいことが分かっていただければそれで良いです。
私は、入信している人がその教えを深くて尊い教えだと考えているからといって、その宗教の正当性を主張する根拠にはならない、と言うことです。

>
> >お尋ねしたいのですが、宗教の教義を正しいとか間違っていると判断する基準は何でしょうか。それが分からなければ、お答えをすることは難しいと思います。
>
> 教義が誤りだと判断する基準は「矛盾があるかどうか」じゃないでしょうか。
>
> 地獄があるという証拠を出せと言われても無理です。しかし、証拠がないからといって「地獄なんてのは100%ない」とも言えません。分からないのです。でも分からないから間違いではありません。
>
> でも教義に矛盾があれば、それは間違いだといえる、ということです。

それでは、ただいま私は「ぶるうの教」という宗教を作りました。この世界は全て30分前に私が作ったという教えです。この教えに矛盾はありますか?

投稿: ぶるうの | 2007年3月28日 (水) 00時26分

>会員さんではっきりと、親鸞会の勧誘面を「社会悪」と言われる方はなかなかおられないように思います。よろしければ、どういった面が「社会悪」と言えるのか、教えていただけませんか?また、そうした悪い面を改善する努力をするべきだと思いますか?

「宗教勧誘」ならどれでも社会悪だと思っています。宗教勧誘に対してネガティブなイメージを持っている日本人が社会の大半を占める以上、真実の教え関係なしに宗教勧誘は「社会的には悪」なんじゃないでしょうか。

親鸞会独特の勧誘に限れば、はじめの勧誘でその背後にある団体名を隠して勧誘している面が社会悪かもしれません。でも、ネットに書かれている負の面は2007年現在かなりなくなってきています。新入生に対して「なぜ生きる?」や「人生の目的」といきなり濃い内容の話を10分ほどして、ご縁の深い人を識別していますが、まったく興味のない人にしつこくアプローチすることは講師の方からやらないように指導されています。また、初回の勧誘から4月の新入生用の行事のすべてに「親鸞」「釈尊」のワードが盛りこめられています。これは、あとで親鸞会だとネタバレしたときに、はじめと言ってることが違うという不平があったから改善したらしいです。

「親鸞会は嘘勧誘だ!」と非難されてきたけど、けっこう改善されてきたかと思います。統一教会のように2年ほどかけて最後の30日間の洗脳合宿のあとにネタバレするようなところと比べれば、はるかにマシです。1ヶ月間で5~10回のゼミを受けただけでネタバレできるのも、理性で受け入れやすい内容だからでしょう。

社会悪な部分は改善する努力はすでにしてきたと思います。

>申し訳ありません。どこが矛盾なのでしょうか。よく分かりませんでした。また、血わけの儀式は教義として明確に定義されているものなのですか?

わたしの文章がおかしかったですスミマセン。
聖書にでてくるエバが性的に堕落したとするのが統一教会の教義で、それゆえ、文鮮明は唯一原罪のない性的に潔癖な存在と教えられているのに、昔は文鮮明とセックスした相手の信者が救われることになっていたという矛盾です。強姦として逮捕までされているというのに。

血わけの儀式は、人間にとって一番に重い罪である「原罪」から救われる方法です。教義的には最重要項目のはずですけど、教義に明確に定義されているかは分かりません。

>親鸞会でも高森会長を「親鸞聖人のお生まれ変わり」「まさに親鸞聖人であり、阿弥陀さまであらせられます」と言われていますが、これは矛盾ではないのですか?

これは確かに矛盾だ・・・。高森先生を尊敬するあまり出た言葉だと思いますが、「阿弥陀さま」とまでいうのはさすがに間違いでしょう。執筆した人は表現には気をつけてほしいです。

>聖書に書かれていない教義内容
統一教会の教義の一部が書かれた冊子を持っていますが、それによると「霊人体」や「神の二性性相」などが聖書に書かれていない教義内容です。

>親鸞会でも合宿(夏合宿が多いように思います)で「高森先生は唯一無二の善知識」という案内がなされますが、理由は説明されますでしょうか。また、前向きな人を集め矢継ぎ早に体験発表をして、感情的に揺さぶったり、深夜まで入会説得をすることもありますが。

夏合宿は自分はまだ行った事ないですが、そういわれてみると統一教会とにたりよったりかもしれません。

>さらに顕真学院では30日どころではなく、精神的な圧迫を受けながら何年も毎日高森会長への絶対無条件服従を誓わされています。ある意味、統一教会よりも激しいと思いますが如何でしょうか。

統一教会では少しでもメシア(文鮮明)を疑ったりすることすら罪というレベルで、統一教会より厳しいとは思えないかも。顕真学院ではすでに講師になるつもり、高森先生の親鸞会に生涯を捧げるつもりで、入学するわけですから比べる対象として少しおかしいと思います。統一教会の洗脳合宿は、ネタバレ前の事前準備に必要な期間としての30日間という意味ですから。

>阿弥陀仏の本願に救われるのに一切の善は必要ないと説きながら、一方で「何としても今生で信心決定するため、新本部財施に命をかけます」と顕正新聞に書いてあるのは矛盾ではないのでしょうか?

六度万行の一つである財施も宿善を厚くする方法の一つなので、矛盾ではありませんが、

>「何としても今生で信心決定するため、新本部財施に命をかけます」
このくだりはあざとい表現だなと思うし、この文をみて腹立つ人がいても無理はないと思います。
こういう表現は控えるように親鸞会は改善すべきです。

>それでは、ただいま私は「ぶるうの教」という宗教を作りました。この世界は全て30分前に私が作ったという教えです。この教えに矛盾はありますか?

矛盾は指摘できないので、間違いとは断定できません。教義が「誤り」だと判断する基準は「矛盾があるかどうか」と考えていますが、逆に教義が「正しい」と判断する基準はないようです。矛盾がある場合、その教義の説得力が著しく欠落するからいけないのですが、逆に矛盾がなくても信じるに値する「説得力」がないのもいけません。しかし、説得力と言っても限界がありますし、最終的には「信じる」しかないと思います。自分は親鸞聖人の教行信証に書かれている内容を信じています。

あと気になっているのですが、ぷるうのさんに質問です。この①~⑤のうちどれに当てはまりますか?

①仏法は真実だと信じている。
②親鸞会は嫌いだけど、親鸞聖人のみ教えは真実だと信じている。
③仏法自体信じていない。
④その他の宗教を信じている。
⑤宗教はなにも信じていない。

投稿: 大学2年生 | 2007年3月30日 (金) 02時31分

大学2年生さんへ

> 親鸞会独特の勧誘に限れば、はじめの勧誘でその背後にある団体名を隠して勧誘している面が社会悪かもしれません。でも、ネットに書かれている負の面は2007年現在かなりなくなってきています。新入生に対して「なぜ生きる?」や「人生の目的」といきなり濃い内容の話を10分ほどして、ご縁の深い人を識別していますが、まったく興味のない人にしつこくアプローチすることは講師の方からやらないように指導されています。また、初回の勧誘から4月の新入生用の行事のすべてに「親鸞」「釈尊」のワードが盛りこめられています。これは、あとで親鸞会だとネタバレしたときに、はじめと言ってることが違うという不平があったから改善したらしいです。
>
にわかに信じがたいのですが、これはどこの大学(地方)で実践されていることですか?

大学2年生さんは、夏合宿には参加したことがないと言われていましたが、
1年生のときには参加されなかったのですか?それとも、それ以降に勧誘されたの
でしょか?

投稿: かたつむり | 2007年3月31日 (土) 18時08分

言って良いのか分からないけど、東海地区です。
他の地方のことは分からないけど、東海でのやり方は上に書いた通りです。

私は去年の秋から友達の誘いで、部会に参加するようになりました。

もしここの管理人さんが、
>②親鸞会は嫌いだけど、親鸞聖人のみ教えは真実だと信じている。
という方でしたら
親鸞会の組織的な問題点を親鸞会に積極的に改善要求していくための活動、という方向で活動を頑張ってほしいです。

投稿: 大学2年 | 2007年3月31日 (土) 21時44分

大学2年生さん

>言って良いのか分からないけど、東海地区です。

言っていいですよ、別に。隠すことではないでしょ。
なぜ、言っていいのか分からない、と思うのですか?

>他の地方のことは分からないけど、東海でのやり方は上に書いた通りです。

東海といえば、名古屋大学なんかでは、サークルとさえ言わずに、
新入生に「先輩がお得な情報教えます」とかって、勧誘していたと
聞いていますよ。そこまでやるか、と思いましたが・・・。最悪ですね。

本当に東海の全大学で上記のような方法をとられているのでしょうか?
あなたは御縁が浅いので、知らないことが沢山あると思いますよ。

投稿: かたつむり | 2007年4月 1日 (日) 00時21分

その情報まで出せば特定されるのも可能だし、個人情報(?)っぽいのはネットでどこまでいって大丈夫なのかイマイチ分からないからです。

>「先輩がお得な情報教えます」
第一声はそのようなセリフで声かけはするかんじです。少なくとも「先輩がお得な情報教えます」という言葉に偽りはなく、大学生活で知っておくとよいポイントなども実際に紹介しています。それに、うちらのサークルの先輩たちの有志でやっているともいいます。

>そこまでやるか、と思いましたが・・・。最悪ですね。
少なくともあのセリフから「そこまでやるか」「最悪ですね」と感想を持たれるのはおかしくないですか。他の面で、そう批判さるべき点はあるかもしれないですけど・・・。

>本当に東海の全大学で上記のような方法をとられているのでしょうか?
東海といっても静岡とか遠い場所のことは、そもそも親鸞会で活動してるのかすら知らないけど、愛知や岐阜らへんの有名で規模の大きい大学の勧誘ではそうです。よく一緒に活動してるし、自分も勧誘の準備など手伝っているので分かります。

投稿: 大学2年生 | 2007年4月 1日 (日) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親鸞会は今年も正体を隠して勧誘しています | トップページ | 本願寺の陰謀と唯一無二の善知識 »