« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

本願寺の陰謀と唯一無二の善知識

また、被害家族の会の掲示板から、ピグレット氏の書き込みの拝借なのですが、

親鸞会は本願寺を敵視していて、内部では戦争をしているかのごとき様子であったことからして、いくら説明しても会員にとっては親鸞会が流している「本願寺の陰謀」説に翻弄されるものです。
つまり「親鸞会 vs 本願寺」の構図で見てしまうわけです。

それは戦時中の大本営発表に国民が翻弄されて何が事実かを知ることができ難くなっているのと同様な面があるかと思います。
宗教団体ではありますが、絶対的指導者による帝国主義を採用している面があるのが親鸞会だという点は否めません。

た とえば、親鸞会では「絶対無二の善知識」と呼ばれる高森会長に対する批判的な言動は重罪と見なされますが、これはいわば、絶対君主制での「不敬罪」のよう なもので、仏教的な味付けがされて「謗法罪」と呼ばれているものと考えることもでき、信じる対象としての尊い客体は異なってはいても問題はやはりあると思 います。

軍部に批判的な言動をとる者が「鬼畜米英の手先」呼ばわりされたのと同様に、親鸞会に批判的な言動をとる者が「仏敵本願寺の手先」呼ばわりされることがあるのです。
どう説明してみたところで、「親鸞会 vs 本願寺」という構図を適用することで問題の本質を見る眼が失われていくことが会員にはありがちなことです。

なので、親鸞会の情報に翻弄され、「被害家族の会」のサイトにあることも「本願寺の陰謀による事実無根の捏造」という見方をする会員が後を立たないですね。
距離を置いて親鸞会を見ている人には理解できないことでしょうが、中に入ってある程度まで育成されると、「本願寺の陰謀だ」「捏造記事だ」という親鸞会の主張に翻弄されていきがちなものなのです。

親鸞会の現役会員の方に聞いてみると、ネットでの批判は全て「本願寺の陰謀」、という事になっているそうです。実際にネット上でも親鸞会の作った「本願寺批判コンテンツ」が溢れかえっていますね。

昔親鸞会の会員だった頃、寺のことを「お寺」と言うとしかられた記憶があります。「お寺」とは何だ、「寺」といいなさい、という事らしいです。私も無用な衝突を避けたかったので、素直に「寺」と言い換えましたが。そうでも言っていないと団結が保てない組織なのでしょうか。

私の友人は、「寺に参詣する人なんて芋虫みたいな老人ばかりだ」と親鸞会会員から言われたとか。仏法を聞きに集った人を芋虫呼ばわり。親鸞聖人は泣いておられます。

| | コメント (0)

親鸞会の家族問題

親鸞会被害 家族の会の掲示板に、元会員であるピグレット氏が投稿された文章を、参考までに、転載します。

着目すべき点は、親鸞会のことで家族問題が起きていることが報じられるようになってから、その後、ネット上で親子関係、家族の絆をテーマにした親鸞会のサイトが次々と作成、公開されてきた、ということです。

ジョーさんが紹介された親鸞会関係のサイトのリンク集には、ここのサイト、すなわち「被害家族の会」のサイトを批判するサイトが紹介されてありました。
そ のサイトの主張も併せて見てみると、親鸞会が主張していることは、親鸞会は親子関係、家族の絆を大切にしている教団であること、当初は不審に思うような親 はいてもそれは親鸞会をよく知らないからで、知ってもらえばその教えによって親子関係がかつてより以上に良好になっていること、それにも関わらず「被害家 族の会」のように親鸞会のことで家族問題が起きているかのように報知していることがあるのは、親鸞会をこころよく思っていない本願寺の陰謀で、記事はその 陰謀による事実無根の捏造であって、そういうことに騙されてはいけませんよ、ということのようです。

たとえばエールさんが「被害家族の会」サイトを「憶測と、妄想、針小棒大で出来上がっているサイト」「事実と違うことを捏造」と批判されていることは、こうした親鸞会の主張を踏襲したものなんでしょう。

何にしましても真っ向から主張していることが食い違っているわけです。
お そらく「被害家族の会」のようなサイトの存在がなければ、親鸞会も「親子の集い」のようなサイトを作成することはなかったでしょう。「親子関係や家族の絆 を大切にする」ということは社会的には至極当然のことであって、わざわざ宗教団体が強調しなければならないことではないですよね、本来は。

親鸞会の会員が思っている「本当の家族」とは親鸞会の機関紙で「仏法で結ばれた本当の家族となれて、幸せです」「家族三人、純会員を目指し、本当の家族になれるよう努力したい」と述べてあるように、親鸞会で説かれる仏法のみ純粋に中心として結ばれた家族をいうのでしょう。

「親 泣かせの宗教運動」として報じられたことがある宗教団体も「真の家庭運動推進委員会」「世界平和家庭連合」「世界平和統一家庭連合」「喜びの家庭再建委員 会」などと名乗って活動し、自分達の団体が如何に「真の家庭」「喜びの家庭」を目ざしているかを勧誘段階で強調しているようですが、「親泣かせの宗教運 動」という報道や教団がらみの家族問題が実際に起きていなければ、こうしたことを強調せざるを得ない方向には行かなかったのではないかとも思われます。

ピグレット氏の主張を要約すると、親鸞会が家族の絆云々を強調するのは、親鸞会に対して家族問題についての一定の批判が存在するからであり、いわばその裏返しである、という事なのでしょう。

以前拙宅にエホバの証人の布教が来たときに、「あなた方の教団は沢山の家族問題を抱えているがその点をどう考えているか?」と訪ねたところ、それはマスコミやネットが勝手に言っているだけで、本当はそんなことはない。家族仲良く真実を求めている人も沢山いる、という回答が帰ってきたことがあります。

親鸞会と同じだなぁと思ったものです。今は機関誌である顕正新聞にも「仏法聞いて家族問題が改善した」的な記事がよく掲載されています。

家族そろって親鸞会に入信すればそういうこともあるのかも知れませんが、問題は親鸞会の価値観を受け入れられない人が大部分であるという事です。ならば当然反対もあるでしょうし、それを「反対するのは教えが分からないから」「ネットの中傷を見て誤解した」「本願寺のねつ造に騙されている」と言った視点でしか見られないのなら、親鸞会の抱える家族問題はいつまで経ってもなくならないように思います。

しかし本当の話、親鸞会の人は自分たちの教団に多数の家族問題が存在する、という認識自体をもてない人が多いのではないでしょうか。反対している家族は当然親鸞会の集まりにはそんなに顔を出すわけはありませんし、顕正新聞には家族で仏法を求めている人の話が頻繁に掲載される訳ですから(同じ人の話題を繰り返し載せる事もあるようですし、掲載された家族がその後家族全員脱会した事もあるようですが)。

逆に私の元には親鸞会での家族問題に苦しむ人の相談が多数寄せられ、親鸞会で喜ぶ家族など来るわけはありません。どっちもどっちなんでしょうかね。

| | コメント (9)

親鸞会は今年も正体を隠して勧誘しています

まだ大学は始まっていませんが、合格発表や合格手続きなどで親鸞会の学友部は活発に勧誘をしており、各地からその様子が伝えられています。

彼らの使っているチラシには、「毎年好評、合格祝賀会!」「合格おめでとうセミナー」「大学生活応援ゼミ」といった文字が並び、履修の仕方をおしえちゃうだの下宿生に料理の仕方を教えるだのといった文言が並びます。

それを見て説明されたとしても、よもやこのサークルが宗教団体の下部組織とは思わないでしょう。ただ主催団体やサークル名称が一言も書かれていませんので、怪しさを感じる人はいるでしょうが。

さて。これって「ゴスペルサークル」「スポーツサークル」といって大学生を勧誘していたカルト宗教「摂理」と何が違うのでしょうか。

親鸞会の作った擁護サイト(http://homepage2.nifty.com/shinran/kokaraoya/kokaraoya-sub28.htm)を見ると、こんな事が書いてあります。

1年生の秋、ネットの影響で親鸞会をカルト宗教と誤解した両親が、訴えてきました。
「おまえは騙されているんだ。早くやめろ」
どれだけ違うと言っても、一向に分かってもらえない。

正体を隠した勧誘、高森会長への個人崇拝と絶対服従、高額な献金、情報統制。このご両親がしている「誤解」ってなんですか?

勧誘時に徹底的に自分たちの正体を誤魔化しておいて、しばらくしたら「我々は世界唯一の真実を説いている」と主張するような団体の言うことに、信用性など何一つありません。

「おまえは騙されているんだ。早くやめろ」

私もこう叫びたい気分です。

| | コメント (1)

平気でウソをつく人たち

子供が親鸞会に入っていたことが分かり、説得して「脱会する」という事になったが、実は脱会はウソで、ずっとその後も続けていた、という事があります。

昔からよく見受けられるケースで、親の反対を収めるために偽装脱会をするわけです。その後は海水浴に行くと言っては実は親鸞会の合宿に参加し、大学のゼミの勉強会と言って出て行くが実は行き先は富山の本部会館という訳です。教科書代が必要だと言われて与えたら、親鸞会への献金に化けていた、という事例もあります。

別に親鸞会に限らず統一協会や摂理でも同じ話を聞きます。どこも勧誘時にウソをつくことで有名な団体ですが、ウソをつくという感覚が麻痺してしまうのかも知れません。

親にしてみれば、やめたと思っていたのに相変わらず、その後もずっと時間やお金を親鸞会につぎ込んでいた訳で、大事な子供にウソをつかれていたという落胆と精神的なショックは大変なものです。

私も親鸞会にいたときは、「求道のため」「真実のため」という理由をつけていろいろとウソをついていました。それらがどれほど両親を苦しめていたかを知ったのは、脱会した後のことです。良心の呵責を感じなかったわけではありませんが、それを打ち消すほどの理由が幾らでもあったのです。

私だけでなく、少なくない脱会者が「どうしてあの時あんなに簡単にウソをつけたのか」と後悔し、心に深い傷を負う事になります。残念ながらこれはやめた人にしか分かりません。こうした被害者を出さないためにはどうしたらいいか、親鸞会には事実を見据えた上で真剣に考えて欲しいと思います。

それをせずに「求道の敗残者」「やめた人の自己弁護」と見下したり、「本願寺の誹謗中傷」と決めつけて会員に宣伝するようならば、親鸞会には未来はないでしょう。

| | コメント (0)

救出

問題のある宗教に入信してしまった人を説得して、そこから脱会させる事を「救出」と言うことがあります。そして私も、親鸞会からの「救出」に協力して欲しいと頼まれることが良くあります。

私はこの言い方が嫌いで、自分では絶対に使いません。

脱会させることが本当に本人を「救う」ことなのかどうか、それは究極のところ誰にも分からないからです。

ただ私の出来ることは、本人の知らない親鸞会の姿と、他のカルトとの類似性、また一般的なマインドコントロールの知識を伝えるだけです。あとはどうすることが自分にとって本当の幸せなのか、本人が真剣に悩んで判断することです。

私は親鸞会をやめることが自分の人生にとって幸せだと判断したので、そうしました。その判断は正しかったとの確信は深まるばかりですが、人に押し付けるつもりは全くありません。

| | コメント (0)

親鸞会が広大な土地を購入

顕正新聞3月1日号の報道によると、親鸞会は本部会館から約1kmの所にある青井谷に、四万坪以上の広大な土地を購入したそうです。

土地は「同朋の里」と名付けられ、「信味を深め合える最高の建物、環境をと、現在計画されている」とのこと。また何らかの建物が出来るのだと思われます。

2004年に完成した正本堂建立の募財があったときは、学生にまで「将来就職してから払えばいい」と100万円単位の予約が募られましたが、それで計100億以上の建設費は全部払い終わったのでしょうか。足りない足りないと言っては何度も募り直しがあり、絵を買うとか地下道を造るとかそのたびにさらなる募財が募られ、まだ予約した献金を払い続けている人も大勢いるはずですが。

信味を深め合いたいのなら、あの巨大な正本堂で幾らでもやればいいと思うのですが。アニメ解説や教学講義では後ろの方はガラガラ。普段の法話でも収容人数の半分程度の参詣数なのに、どうして新しい建物が必要なのでしょうか。

建物は不必要と主張すれば、「会長先生の御心が分かってない!!」と糾弾され、建物が建てば、「喜びにあふれる会員さんの声」が顕正新聞に載り、「会長先生がこのような素晴らしい建物を建ててくださったのですから、ご恩にお答えすべく一人でも多くの人をお誘いしましょう!!!!」と数集めの無理な勧誘が各地で行われるのでしょう。

ああ、もううんざりです。

| | コメント (4)

嫌がらせのメール

親鸞会の会員から久しぶりに嫌がらせのメールが来ました。
私ではなく、私の家族にです。なぜか私には来たことがありません。

親鸞会ではない普通の人がメールを見たら、送った人の人格を疑うような非常識な内容です。誤解をしないで頂きたいのですが、そうしたメールを送る人は、社会人としてはきわめて常識的な普通の人です。親鸞会に関することになると、こんな風になってしまうのです。

よく子供が親鸞会に入った親御さんからの相談を頂きますが、普段はいい子供なのに親鸞会のことになると突然感情的になり、目つきも態度も変わってしまう、という話をよく聞きます。おそらく、根は同じ事なのでしょう。

私の悪口を言いたいのなら、住所も電話番号もメールアドレスも変えてないのだから直接言いにくればいいのに、と思うのですが。

親鸞学徒は破邪顕正に命をかけるはずじゃなかったのでしょうか。私が邪ならば、正々堂々と正面から破りにくればいいのにね。

| | コメント (0)

大阪大学『古典を哲学する会』公認取り消し

学内学生団体の承認の取り消しについて    更新日:2007/02/20

 平成19年2月14日に開催された大阪大学学生生活委員会で審議した結果、大阪大学学内学生団体取扱規程第6条により下記団体について学内学生団体の承認の取り消しが決定いたしました。

          記

    『新聞会』
    『古典を哲学する会』
    『阪大ゴスペルサークル』

http://www.osaka-u.ac.jp/jp/whatsnew.html#article3

ここにあります『新聞会』とは統一協会のダミーサークル、『阪大ゴスペルサークル』とは摂理のダミーサークル、

そして『古典を哲学する会』は親鸞会のダミーサークルです。

言うまでもなく、すべて自分たちの正体を隠して勧誘する「嘘つき勧誘」をしていることで有名な団体です。

今年も各所で親鸞会は嘘つき勧誘をしているとの情報が入ってきています。関係各所には情報が入り次第注意を促していますが、いつまでこんな恥知らずなことを続けるのでしょうか。また、彼らがこうした行為を「恥知らず」と気付くのはいつのことなのでしょうか…

| | コメント (0)

ビデオ講師が除名

親鸞会のビデオ講師が2名、除名になりました。
現在情報は錯綜していますが、件のビデオ講師と交流のあった会員は、連絡を絶つよう親鸞会幹部の説得を受けていると言うこと。
それに伴い、不審を持った少なくない会員が退会、もしくは退会の意思を示しているようです。

親鸞会の会員は減少を続けているそうですが、この事件はそれに一層の拍車をかけるのではないかと思われます。

| | コメント (0)

やめた理由

ある脱会者が、自分が親鸞会にいたときに、退会した後輩からもらった「私がサークルを辞めるにいたった理由」を提供してくれました。今日はそれを紹介することにします。

先輩お世話になりました。

私がサークルを辞めるにいたった理由を、思いつくままにいくつかあげてみます。

・「後生の一大事の解決、後生の一大事の解決」と連呼されても全く空虚にか感じず、 選挙カーのように言われれば言われるほど、無意味に思えた。

・5月くらいまでで、「人生の目的を達成しているのですか?」と聞いたところ、一人の先輩を除いては、みんな「達成している」と答えた。しかし、実は誰も信心決定していないとのこと。全部嘘だったのですね。

・解決の方法は、ちょうもんにきわまる、みだのほんがん。しかし、よく分からない。いつも同じところで答はとぎれる。「続けて聞いてゆけば分かるから」の一点張り。

・毎日来いと言われるが、はじめの勧誘の時には週3回と言ったではないのか。方便と言われる。では、何でも方便ですまされるのか?

・戯論は禁止とのこと。都合の悪い質問には答えられないだけではないのか?

・高森先生の言うことは絶対らしい。リポDまで飲めというのか。

・全ておまかせしろと言うが、信用できるか。インチキ宗教じゃないか。

・「君は何しに来ているの?後生の一大事の解決のために来ているんじゃなかったら、来ても意味ないよ。」じゃあ、もう行かないでおこう。

資料を提供してくれた人は、こんな事を語ってくれました。

「なんか、妙に共感してしまう。やめた人って、やっぱり同じようなこと思うのかな。しかし、当時の自分はこれ読んでも、”全然、仏法分かってないやつめ”程度にしか、思ってなかったなぁ。」

私も同じように親鸞会にいたときは、やめた人の言う事を「全然仏法分かってない人」と決め付けるようなことが多かったと思います。

しかし今思うと、やめてゆく人の言葉の中には正鵠を得た指摘も少なくなく、「彼はわかってなかった」と理由もなく決め付けることで、親鸞会をやめる理由と向き合う事から逃げていただけだったのかもしれません。

| | コメント (0)

冨士大石寺顕正会

最近、冨士大石寺顕正会のビデオを見る機会がありました。

大きな講堂で幹部が登壇して、参加者と一緒に腕組みをして、気合いの入った歌を歌っていました。ちゃんと旗を振る人もいましたよ。

それを見て、ああ、親鸞会でも同じようなことをやったなぁと思い出しました。「同士の歌」という軍歌がベースの歌を、同じようにして歌ったわけです。

「お前と俺とは同期の桜。同じ親鸞会の庭に咲く。」なんて。

歌い終わって緞帳がしまるなかで、高森会長だけが前に出てきて手を振っていたりして。今思うとしょうもない演出でしたが、あのときは高森会長の一挙一動にいちいち感動していたものです。

もう少し古い方で、顕正会のメンバーが創価学会に乗り込むのを見て、「親鸞会時代、本願寺に乗り込んだことを思い出す」と言っていた方もありました。

今思うと恥ずかしい思い出ですが、当時はそれなりに真剣だったわけです。しかし心のどこかで「何やってんだ、おれ?」と自問自答する声があったのも確かですが。

統一協会の勧誘マニュアルを見て、「親鸞会と一緒だ」と気づいてやめた人もいます。こうして他の宗教団体の姿を見ることで、親鸞会を客観的に知ることも大事かも知れません。

| | コメント (1)

Wikipediaでの隠蔽活動

Wikipedia:高森顕徹の項目で、高森顕徹の著書のルーツ へのリンクをはずそうと必死になっている人たちがいます。

Wikipedia ノート:高森顕徹

Wikipediaというのは誰でも編集できるインターネット上の百科事典で、最近は検索結果の上位にWikipediaのページがランクすることも多く、数あるネットのコンテンツの中でも非常に多くのアクセスを集めています。

そのWikipediaから、高森顕徹会長の著作が伊藤康善氏や大沼法龍氏の著作からの盗用に満ちていた、という疑惑を指摘するネット上のコンテンツにリンクが張られているのですから、何が何でも消したいのでしょう。

「リンクは公式サイトに限られる」と主張したり、「存命中の人物に都合の悪い情報は除外されるべきだ」と主張したり、「匿名のコンテンツは信頼できる情報ではない」等…反論されるとそのたびに別の理由を持ち出してきて、何とか消そうと躍起になっているようです。

興味深いのは「匿名のコンテンツは信頼できる情報ではない(だから消せ)」と主張している人が、別の項目では匿名コンテンツ(中身は親鸞会の宣伝サイト)にリンクを貼ったり、「リンクは公式サイトに限られる(だから消せ)」と言っている人が、同じ項目で公式サイト以外のコンテンツ(これも中身は親鸞会の宣伝サイト)にリンクを貼りまくっている事です。

つまりは理由などどうでもよく、単に親鸞会と高森氏にとって都合が悪い情報を、消したいだけなのでしょう。

今は高森顕徹の著書のルーツは著作権侵害の疑いがあるからリンクするべきでないと主張しています。高森氏の盗用疑惑を指摘したコンテンツへのリンクを外すのに、「著作権侵害」を主張している自分たちの矛盾には気づかないのでしょうか。

Wikipediaで親鸞会に都合の悪い情報を消すことが、親鸞会弘宣部の任務として行われていたという確かな情報もあります。現在のWikipediaの編集活動が弘宣部によって行われているのかどうかは知りませんが、いったいどんな気持ちでこの活動を行っているんだろうかと、心配になります。

かつて「ハトの会」というホームページが「どちらが先か」というコンテンツで同様の事を指摘していましたが、親鸞会からのクレームで閉鎖されました。しかしまた別の形でさらに充実した情報がネット上に現れました。

どんなに隠しても、事実は事実として変わりません。そのとき隠せたとしても、いつかまた別の形で必ず現れます。

私が親鸞会にいたときは、ビデオや弁論大会や機関誌で常に「高森先生のすばらしさ」が強調され、表立って高森会長への批判をした人は除名になりました。眩いばかりの高森氏への賛美の裏に、いったいどんな真実が隠されているのでしょうか。

こんな事をしていたら、いつか親鸞会は消えてなくなるでしょう。

※他にも親鸞会関係のWikipedia項目で同様のことが行われています。

ノート:親鸞会
ノート:明橋大二

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »