« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

公認取り消し

長年多数の幹部を輩出し、拠点大学として知られた某大学の親鸞会サークルが大学の公認取り消しとなり、少なくない会員に衝撃を与えているようです。

学友部員の気持ちとしては、「自分たちは親鸞聖人の教えをまじめに学び、それを人にも伝えたいと思っているだけなのに、なぜ誤解されるのだろう」と思っているようです。しかしその理屈は全く通じません。

なぜなら、同時期に公認が取り消された摂理のサークルの人も、「自分たちは聖書の教えをまじめに学び、それを人にも伝えたいと思っているのに、どうして誤解されるのだろうか」と思っているからです。このあたりの心理は親鸞会と全く変わりません。

そもそも、「親鸞聖人の教えをまじめに学んでいる」だけなら、どうして自分たちの正体を隠して勧誘するのかが全く理解できません。正々堂々と「親鸞聖人の教えを学んでいる親鸞会です」といえばいいのです。それで人が集まらないのならば、親鸞会と言う団体が半世紀にわたって社会の信頼を失ってきたことが原因なのですから、自らの姿勢を正して、信頼回復に取り組めばいいだけの話です。

そうした努力を全くせずに、親鸞会と言う団体を明らかにすると聞く人がいないと勝手に決め付け、公認サークルと言う隠れ蓑を使ってダミーサークル勧誘を続けるのならば、それは単に甘えているとしか言いようがありません。

東京のある大学の親鸞会サークルでは、新入生に学校行事への参加を欠席するように促します。新入生には「行ってもお酒を飲むばかりで時間の無駄だから」といいますが、本当の理由は「そこで親鸞会についての悪い噂を聞くかも知れないから」という理由です。同じ理由で親鸞会以外の友人ができないように、昼休みや授業の空き時間まで部室に呼び、親には誤解を与えるから話さないほうがいいと教え、新入生同士が仲良くなろうとすると「引き離し対策」で離そうとします。

統一教会や摂理のやり方と一緒です。こんな事を続けてゆけば、ますます親鸞会は社会の信用を失い、自分たちの名前を出した勧誘ができなくなるでしょう。これを自因自果といい、惑業苦とも言います。本願寺の陰謀ではありませんよ。自分で自分の首を絞めているのです。

| | コメント (1)

裸の王様

「裸の王様」というアンデルセンの童話を知らない人はいないでしょう。二人の詐欺師が「馬鹿には見えない」という服を王様に着せ、王様はその服を見ることができなかったのですが、自分が馬鹿とは思われたくなかったので、見えもしない服を着たつもりになって町をパレードする話です。

王様の家来も沿道の市民も、王様の服を見ることができませんでしたが、自分が馬鹿とは思われたくないために、王様の服をみんなで褒めちぎります。そこに一人の少年がやってきて、「王様は裸だ」と言う話です。

私は現会員や元会員の方とお話したり、メールのやり取りをする機会がよくあります。中でも、こんな意見を聞くことが多いです。

高森会長の説法にほとんど感動できなかったし、親鸞聖人、蓮如上人以来の善知識とも思えなかったが、周りの人から「仏法をわかってない」「仏縁の浅い人」と思われたくなかったので、自分だけがわかってないのだと思い、無理やりすごい人だと思い込もうとしていた、というのです。

周り中が、高森先生は尊い、真の善知識だ、親鸞聖人の生まれ変わりだ、などといっているのを見ると、自分だけがわかっていないような気がして、一生懸命感動しようとしたり、疑念を払拭するために自分から高森会長のすばらしさを人に話したりします。

しかし自分の本心でないから、そこには何か無理が生ずるのです。学生時代、よく聴聞帰りのバスの中で説法を聞いた「感動」を各自が語るのですが、金太郎飴のように出てくる言葉はみんな同じで、奇妙な不自然さに満ちていました。

カルト宗教はどこも教祖を美化します。当然、教祖にとって都合のいい情報だけがフィルタリングされ、都合の悪い情報は隠されます。高森会長の「会報」が、伊藤康善氏や大沼法竜氏の過去の著作とそっくりだという指摘がネット上で明らかにされたとき、そのサイトは親鸞会からのクレームでつぶされ、現代仏教界の最高峰に位置する著作と宣伝されていた「会報」は、理由も明らかにされないまま絶版になりました。

王様のパレードを見た人は、「王様の服が見えてないのは自分が馬鹿だからだ」と思っていたのでしょうが、実際の王様は裸でした。親鸞会にいると、高森会長の説法に感動できないのは、自分の聞き方に原因があるからだと思ってしまいます。

しかし、実際はどうなのでしょうか。朝晩二回部下に自分への絶対忠誠を誓わたり、食堂に行くのに会員とは別の専用の渡り廊下を作らせたりするような人物を、私は善知識と思うことはできません。王様は裸なのです。

| | コメント (0)

本当に顕真学院でいいんですか?

親鸞会の顕真学院(講師部の養成機関)に行きたいという人を何人か聞いています。中には家族の反対を押し切って、自分ひとりの判断で無理やりにでも行こうとしている人も聞いています。

それを聞いてご両親は身をすり減らすような思いをしておられます。心中如何ばかりかと思います。

顕真学院に行く人たちがこのブログを読んでいるとは考えにくいのですが、もし読んでおられたら、どうか考え直して頂きたいです。

冷静に考えて、本当に親鸞会に生涯かけたいと思っているのか。回りの言葉や若さゆえの一時の感情に動かされているだけではないのか。考え直してほしいのです。

世にたくさんの宗教がありますが、正体を隠した勧誘をしている団体にろくなところはありません。当然でしょう。まともな宗教団体ならば自分たちの正体を隠したりしません。その必要がないからです。

オウム真理教、統一教会、摂理、正体を隠した勧誘をして問題になっているのはこうした団体です。親鸞会も、これらの団体と同じように見られています。

そんなことはない、自分たちだけは違うと主張したところで同じです。統一教会にいる人も、摂理にいる人も、親鸞会と同じように、世間の評価と私たちの本当の姿は違う、自分たちだけは違うと本気で思っているのですから。

朝晩二回、講師部員全員に自分への無条件服従を誓わせるような「世界唯一の善知識」が、果たしてまともな人間なのかどうか、よく考え直してください。どんな宗教団体でも、自分たちの教祖については悪い情報は伏せられ、よい情報のみ伝えられます。池田大作の一挙一動になぜ創価学会の人が熱狂するのか、自分の姿と照らし合わせて良く考えてください。

世間のことは空言であり、親鸞会だけが真実なのだと思っているなら、他の新宗教団体の人もまったく同じ事を自分たちの団体について思っているのだという事を、思い出してください。

顕真学院に行っても、やめる人はたくさんいます。中には、心に深い傷を負ってやめる人もいます。途中で気づいてやめたとしても、一生履歴書に残ります。そのときに後悔しても後の祭りです。

高森会長がいつまで存命かもわかりません。高森会長亡き後、親鸞会が今の規模を維持できるとは到底思えません。そこまで考えて顕真学院を志望していますか?

純粋に信仰を求めたいのなら、浄土真宗は在家仏教なのですから、仕事をしながらでも十分求める事ができます。早く救われたいから講師になりたいんだ、という人がいるかもしれませんが、講師部員で救われたという人を私は聴いた事がありません。

皆さんがあこがれている講師部員でも、内心辞めたいと思っている人は少なくないでしょう。しかし、それを口に出したら大変な事になりますから、出せないだけかもしれません。

自分の人生です。本当にこれでいいのか、よく考え直してください。

| | コメント (0)

根拠なき親鸞会への非難?

親鸞会の弘宣部が作ったウェブサイト「親鸞会批判の真実」にこんな記事がありました。

「根拠なき」親鸞会への非難
http://www.nurs.or.jp/~racoon/sji.htm

親鸞会の反社会的な勧誘や、他のカルト宗教との類似性については、月刊現代や新潮45、また別冊宝島といった雑誌で今までにも幾度か取り上げられています。

しかし、そういったところに親鸞会が抗議したという話は聞いたことがありません。しかし、こうした末寺については、容赦なく親鸞会の顧問弁護士を使って内容証明を送るようです。

親鸞会はカルトではないと主張したいのでしたら、今までにマスコミによって指摘された反社会的な勧誘方法などについて適切な反論なり弁明なりをするべきでしょう。弁護士を使って内容証明を送ってもいいと思います。

しかし親鸞会はそうした点にはまったく沈黙したままです。法廷の場で親鸞会の本当の姿が明らかになるのを恐れているのでしょうか。

こうしたネット上の記事を見るたびに、自分が生涯をささげようと思った団体はこんなところだったのだろうかと悲しい気分になります。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »